市場からのご提案!出荷を待つ間に養殖イケスで大きく育ってしまった「本マグロ」と行き場を失った「ツマ物」を一緒にお届けします!豊洲市場ドットコム

自宅で飲食店で出てくるような刺身盛り合わせを食べて欲しい!豊洲市場の“魚河岸”と“やっちゃ場”仲卸との共同企画が実現。「京都 伊根の養殖本マグロ×鮮度の良いツマ物」を年末の食卓へ届けます。

フードロス削減を合言葉にECビジネスを展開する株式会社食文化(東京都中央区)は、インターネット通販サイト豊洲市場ドットコムで、飲食店の営業自粛等の影響で出荷を待つ間に養殖イケスで大きく育ってしまった「本マグロ たっぷり700g」と同じく市場で行き場を失った「ツマ物 彩り4種」を一緒に届ける年末特別企画をご提案します。詳しくはHPへ https://www.tsukijiichiba.com/user/product/24162
「うまいもんドットコム」などを運営し、こだわり食品のインターネット販売を主としてビジネスを展開する株式会社食文化(東京都中央区築地、代表:萩原 章史)は「豊洲市場ドットコム」にて、コロナ禍の需要減により出荷が減ってしまった養殖魚と、同じく飲食店で使われず市場で行き場を失っているツマ物を併せ、一般家庭の年末の食卓へ届けます。


豊洲市場の“魚河岸”と“やっちゃ場”仲卸との共同企画
「京都 伊根の養殖本マグロ 700g×ツマ物 彩り4種」詳しくはHPへ

https://www.tsukijiichiba.com/user/product/24162

コロナ禍の現在、市場などで買い手が付かないことを見越した各地では養殖魚の水揚げが進みません。
生け簀の中で通常の出荷規格より大きく育ってしまう事態が起きています。

京都府伊根産の本マグロは、養殖業界でもトップクラスの評価を受ける品質
本来は70~80kg中心で出荷されているのですが、現在は100kgを超えた魚体となっています。
大きく育った分、脂乗りも風味も更によくなります。
その伊根の養殖本マグロを豊洲市場で競り落とし、隣接する加工パッケージ棟でサクに加工します。
一度も冷凍していない生マグロたっぷり700gは、年末の御馳走にぴったりです。

脂乗り抜群の本マグロを引き立てる、鮮度の良いツマ物を各種
一緒に届けるツマ物は愛知県の生鮮者限定大葉や、静岡県の真妻本わさび、花穂、紅蓼などを青果市場(通称やっちゃ場)で厳選。
一般のスーパーには並ばない、プロ向けの品なのでお店で食べるような刺身の大皿が再現できます。

水産仲卸「米彦」と青果仲卸「定松」、そして豊洲市場ドットコムのコラボ企画
日本トップクラスの食材が集まる豊洲市場ならではのご提案です。



豊洲市場の“魚河岸”と“やっちゃ場”仲卸との共同企画
12/21 販売開始「京都 伊根の養殖本マグロ 700g×ツマ物 彩り4種」詳しくはHPへ

https://www.tsukijiichiba.com/user/product/24162

問い合わせは、株式会社食文化へ
豊洲市場ドットコム https://www.tsukijiichiba.com


■株式会社食文化とフードロス削減 
#元気いただきますプロジェクト https://www.tsukijiichiba.com/user/collection/100

株式会社 食文化は、参加する国産農林水産物等販売促進緊急対策事業「品目横断的販売促進対策事業におけるインターネット販売推進事業」により、コロナ禍で出荷が停滞した対象品を「送料無料」でお届けします。


■「学校給食休止にともなう 食べて応援!学校給食キャンペーン《第2弾》」開催中!
https://www.umai-mon.com/user/collection/1100

学校給食は再開していますが、多くの給食食材を提供する食品事業者は、上半期に実施された学校給食中止の影響をまだ解消できずにいます。
うまいもんドットコムでは、「学校給食休止にともなう 食べて応援!学校給食キャンペーン《第2弾》」にて、新型コロナ禍でお困りの食品事業者様を支援するため、未利用食材の購入支援キャンペーンを開催しています。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 食文化 >
  3. 市場からのご提案!出荷を待つ間に養殖イケスで大きく育ってしまった「本マグロ」と行き場を失った「ツマ物」を一緒にお届けします!豊洲市場ドットコム