2人に1人が「 2年以内にAI(人工知能)が仕事に不可欠なツールになる」と回答!   約半数がAI(人工知能)によって失職の危機感を抱いている!?

マーケター500名に聞く! AI(人工知能)と仕事に関する調査

 AI×コンサルティングを強みとし、デジタルマーケティング領域において様々な用途に合わせたサービス・プロダクトを広める株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区浜松町、代表取締役社長 桑畑治彦、以下アドフレックス)が「AI(人工知能)と仕事」について、全国の20~40代のマーケティング、広報・宣伝担当者503名を対象にアンケート調査を行いましたので、結果を発表いたします。
【調査背景】
 AI(人工知能)の発展は目覚ましくあらゆる業界・分野で活躍が期待されるようになりました。家電だけでなく、仕事のツールとして一般的になりつつあります。私たちの生活にとって、AI(人工知能)の存在が当たり前になる日は、そう遠くないかもしれません。
 そこでアドフレックスでは、全国のマーケター(※マーケティング、広報・宣伝担当者)503名を対象に、「AI(人工知能)と仕事」に関するアンケート調査を実施。AI(人工知能)の導入による失職の危機感や、AI(人工知能)によるタスクの効率化に対する期待等について、徹底調査いたしました。

【調査概要】
集計期間:2019年5月30日~6月4日
調査方法:インターネット集計
調査対象:20~40代のマーケティング、広報・宣伝担当者
調査人数:全国503名
 

 
  • AI(人工知能)が仕事のツールとして当たり前になるのはいつ?

 今回の調査ではマーケターの97.1%が「AI(人工知能)が仕事のツールとして当たり前になる時代が来る」と回答しました。気になる時期については、「2年以内」が最も多く、次いで「すでに来ている」、「3年以内」、「1年以内」と続き、53.6%が「2年以内にAI(人工知能)が仕事のツールとして当たり前になる」と考えていることが分かりました。
  • 45.3%が「10年後、AI(人工知能)によって自分の仕事がなくなる」と回答

 マーケターの45.3%が「10年後、AI(人工知能)によって自分の仕事がなくなる」と回答、反対に「自分の仕事がなくならない」と回答したのは41.3%でした。「自分の仕事がなくなる」理由としては、正確さやコストなどが多く挙げられていた一方で、「自分の仕事がなくならない」理由としては最終的な判断は人間がやることになる、部分的に置き換わっても全てAI(人工知能)が出来るわけではない、といった意見が挙げられました。
 
  • マーケターにとってもっとも効率化したいタスクは「分析・効果検証」

 マーケターに「面倒だと思うタスク」について聞いたところ、もっとも回答が多かったのは「分析・効果検証」でした。続く2位は「企画・立案」、3位と4位はそれぞれ「制作(画像・ビジュアル)」、「制作(テキスト・原稿作成)」という結果になりました。
 
  • 「AI(人工知能)が面倒な業務を解決・効率化してくれる」と思う人が80.0%

 「前問で回答された面倒なタスクは、AI(人工知能)を導入することで解決もしくは効率化がはかられると思いますか?」という質問には、「解決・効率化してくれると思う(31.9%)」、「部分的に解決・効率化してくれると思う(48.1%)」と、全体の80.0%がタスクの解決・効率化について肯定的な回答をする結果になりました。効率化に期待が高まる一方、実際にAI(人工知能)を導入しているという回答はわずか4.7%(※)に留まりました。現状では導入が進んでいないものの、今後、多くの業界でAI(人工知能)の導入が進んでいくのではないでしょうか。
※既に導入しており、解決・効率化された(2.8%)、既に導入しているが、解決・効率化されなかった(1.9%)
 
  • AI(人工知能)に関するイメージ調査

 ここ数年でAI(人工知能)を採り入れる企業も増えています。AI(人工知能)を導入することで、もっとも成長しそうな業界を全国のマーケターに聞いたところ、1位は「商社・メーカー(58票)」という結果になりました。続く2位は「販売・小売り(53票)」、3位は「サービス(46票)」です。特に4位の「医療・福祉(38票)」に対するAI(人工知能)の導入に期待している人も多いのでないでしょうか。
 また「 AI(人工知能)の開発・導入と聞いて浮かぶアメリカの企業」に関する質問では「Google(305票)、Amazon(242票)」、「IBM(173票)」といった企業が上位になりました。

 アンケートの結果にもある通り、近い将来、仕事のツールとしてAI(人工知能)が当たり前になる時代が来るでしょう。あなたが「面倒」と感じているタスクも、AI(人工知能)の導入によって解決・効率化がはかられる日もそう遠くないかもしれません。アドフレックスは、AI (人工知能)を扱う企業として、今後も、AIに関する調査・発表を続け、より未来に貢献してまいります。

今回の調査結果はこちらのURLからもご確認いただけます
https://www.ad-flex.com/news/other/2019061846301/


前回の調査結果はこちら
「あなたの認識は合っている? 今更聞けないAI(人工知能)の認識/イメージ調査」
https://www.ad-flex.com/news/other/2019041846083
 
  • イベント・セミナー情報
展示会名称: 第4回 広告宣伝 EXPO【夏】
日時:  2019年6月19日(水)~6月21日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00)
場所:  東京ビッグサイト 西ホール
https://www.sp-world.jp/ja-jp/about/ad.html

Google広告の効果を最大化! デジタルマーケティングAI活用セミナー
【グーグル社員登壇】 ~無料個別相談会あり~
日時:2019年6月28日(金)13:30~15:30 ※受付開始13:00
定員:50名
場所:虎ノ門ヒルズフォーラム
https://www.ad-flex.com/news/seminar/2019052746177/

FINANCE FORUM
日時:2019年7月17日(水)13:00~17:30 ※受付開始12:30 登壇予定16:10
定員:300名
場所:JA共済ビルカンファレンスホール
https://si-forum.jp/20190717
 
  • 企業情報

■アドフレックスについて
海外より最先端のAIソリューションを導入し、デジタルマーケティング領域において課題解決・事業拡大を実現します。サービス提供している代表的なAIソリューションとしては、検索連動型広告最適化AIプラットフォーム「AdScale(アドスケール)」、 DSP広告自動運用最適化AI「Scibids(サイビッツ)」など。

商号    : 株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ
代表者   : 代表取締役 桑畑 治彦
所在地 : 〒105-0013 東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル3F
設立  : 2008年3月25日
資本金 : 25,000,000円
URL  : https://www.ad-flex.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドフレックス・コミュニケーションズ >
  3. 2人に1人が「 2年以内にAI(人工知能)が仕事に不可欠なツールになる」と回答!   約半数がAI(人工知能)によって失職の危機感を抱いている!?