1億ダウンロード突破の大ヒット漫画『鬼畜島』はどう作られたのか?『クソコンテンツを爆売れさせた ハリウッド流マーケティング術』8月27日発売!

~あの大ヒット漫画が、ビジネス書になって登場!?~

1億ダウンロード突破の大ヒット漫画『鬼畜島』のプロデューサーの外薗史明氏と漫画家の外薗昌也氏が、ハリウッドのノウハウを活かした独自のマーケティング手法を解説する『クソコンテンツを爆売れさせた ハリウッド流マーケティング術』を8月27日にクロスメディア・パブリッシングより発売します。

 

  • 手法はたくさん。なのに「ヒット」を生み出しにくい時代?

映画・ドラマ・音楽・アニメ・漫画・動画・SNS…ありとあらゆるコンテンツに溢れた現代。

「コンテンツをどう広げ、売っていくか? 」
「いかにしてヒットを生み出すか?」


今、その方法が問われています。

デジタルを活用したマーケティングが広がってきた一方で、従来の販売方法ではモノが売れなくなっています。
そんな中で、「漫画」はグローバルな展開で売れる商材のひとつ。

しかし、そんな華やかなイメージではあるものの、実際の漫画業界を見てみると、「ほとんどが売れていない」のが現実です。

本書では、「売れないコンテンツ」さえも、ヒットさせる方法を、わかりやすく解説します。
 
  • クソコンテンツを爆売れさせた秘訣は「ハリウッド流マーケティング術」にあった!


本書の著者は、漫画プロデューサーと漫画家の親子です。

ふたりは、「クソコンテンツ」と呼ばれた、超B級のホラー漫画『鬼畜島』を、年間1億ダウンロードを突破する大ヒットコンテンツに成長させました。

実は、その秘訣は「ハリウッド流マーケティング術」にありました。

「ハリウッド流マーケティング術」とは、映画の都であるハリウッドのノウハウを活かした独自のマーケティング手法のこと。

かつては、売れっ子だった漫画家の再生物語を中心に、DXが進む世の中で、どうそれを利用し、大ヒットに至ったのか?

本書では、その過程をつぶさに見ていくことによって、「ハリウッド流マーケティング術」が理解できます。
 
  • 師匠直伝「ハリウッド流マーケティング術 7つの教え」

本書の内容は、漫画プロデューサーと漫画家の親子の「僕と親父の物語」と、謎の師匠との対話「ハリウッド流マーケティング術 師匠の教え」で構成されます。

師匠直伝「ハリウッド流マーケティング術 7つの教え」の一部をご紹介!!

❶ 新しい物を生み出すクリエイター(職人)と、それを導くプロデューサーの二人三脚がビジネスを加速させる
❷ 「企画・宣伝・販売」どの力が不足しても物は売れない
❸ まずは小さい市場でナンバー・ワンになれ …などなど

漫画『鬼畜島』のファンやコンテンツビジネスに携わる方はもちろん、マーケティングや商品開発、企画に興味のある方にとっても学びの大きな一冊です。
 
  • 巻頭は本書オリジナルの書き下ろし漫画付き!

巻頭では、本作のために書き下ろしたオリジナル漫画が読めます!ファン必読です。
 
  • 巻末の【「漫画」「コンテンツ」「マーケテイング」を深く知るための資料集】も充実!!
 


巻末では、「漫画」「コンテンツ」「マーケテイング」を深く知るための資料集が付いています。「アメリカンホラーとJホラーの違い」や「既存の試し読みと新しい試し読み戦略」などの内容で、これだけでも充分な読み応えがあります。
 
  • 本書の構成(一部抜粋)

序章 クソ漫画を1000万部まで導いてくれた師匠との出会い
第1章 ハリウッド流、コンテンツの作り方
第2章 無理にテンプレにはめると失敗へ一直線――
第3章 ハリウッド流、最初の突破口を開く鍵
第4章 戦略としてホラーに的を絞る
第5章 クソ漫画が年間1億DL売り上げ続ける理由
第6章 市場をコントロールせよ
第7章 売りたければ自分の商品だけが目立つ仕組みを用意しろ
第8章 人のふんどしで相撲を取るな
第9章 コンテンツ価値が最大になる環境を整えろ
第10章 ナンバー・ツーの人材を探せ
第11章 ハリウッド流、コンテンツの寿命を延ばすコツ

【「漫画」「コンテンツ」「マーケティング」を深く知るための資料】
エピローグ 師匠からの最後の試練
 
  • 著者のプロフィール

外園史明(ほかぞの・ふみあき)
漫画プロデューサー
1987年宮崎生まれ。2010年大学卒業後、漫画家である父(外薗昌也)のプロデューサーとして作品作りを支える。ハリウッドのノウハウを活かした作品作りを行い「鬼畜島」をヒットさせると、立て続けにヒット作品を連発。父とタッグを組んだ10年間で売った漫画の発行部数は1000万部を超え、現在では父以外の新規作家の発掘やプロデュースにも力を注いでいる。

外薗昌也(ほかぞの・まさや)
漫画家
1961年鹿児島生まれ。1980年、19歳の時に『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて「鏡四郎! 鏡四郎!」で漫画家デビューを果たす。1994年からは講談社を中心に執筆を続け『アフタヌーン』で描いた「犬神」が140万部を超えるヒットを遂げる。その後「エマージング」や「ガールフレンド」など立て続けにヒットを飛ばすが10年間のブランクに陥る。息子とタッグを組んだ「鬼畜島」で10年振りのヒットを飛ばし、現在ではLINEマンガで「パンプキンナイト」「蟲姫」など9作品の同時連載をこなし、年間1億ビュー以上のアクセスを誇る。
 
  • 書誌情報

書名 : クソコンテンツを爆売れさせた ハリウッド流マーケティング術
体裁 : 四六判/256ページ
定価 : 1,518円(本体1,380円+税)
ISBN : 978-4-295-40590-0
発行 : 株式会社クロスメディア・パブリッシング (クロスメディアグループ株式会社)
発売日: 2021年8月27日
 
  • 書籍のご購入はこちら

Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4295405906/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16810603/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クロスメディアグループ株式会社 >
  3. 1億ダウンロード突破の大ヒット漫画『鬼畜島』はどう作られたのか?『クソコンテンツを爆売れさせた ハリウッド流マーケティング術』8月27日発売!