テクノスジャパンが提供するクラウドサービス「CBP注文決済サービス」が経済産業省が推進する「IT導入補助金2021」に認定

~経営と業務のデジタル化を支援し、社会に貢献します~

DXでつながる未来を切り拓く株式会社テクノスジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉岡 隆、以下「テクノスジャパン」、証券コード3666)は、経済産業省が推進する「IT導入補助金2021(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)」のIT導入支援事業者に認定されました。この認定により、当社が提供するクラウドサービス「CBP注文決済サービス」が補助金の対象であるITツールとして登録されました。これにより、補助対象の中小企業・小規模事業者が「CBP注文決済サービス」を導入する場合、IT導入補助金の申請が可能となります。

IT導入補助金2021とは
「IT導入補助金2021」は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する費用の一部を補助することで業務効率化・売上アップをサポートするものです。
詳細につきましては、下記URLをご参照ください。

IT導入補助金2021 URL:https://www.it-hojo.jp/

なお、CBP注文決済サービスにつきましての詳細は以下のサイトをご確認ください。

◆テクノスジャパン、DX協創プラットフォームCBP上に「注文決済サービス(SaaS)」を提供開始 ―企業競争力の強化、ESG経営、持続可能な社会の実現へ貢献―
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000011506.html

◆CBP注文決済サービス 紹介ページ
https://www.tecnos.co.jp/lp/cbp/

■株式会社テクノスジャパン
1994年に創業し、ERPビジネスを中心に事業を拡大。2018年、20年のM&Aにより、もう一つの柱としてCRMビジネスを確立。取り扱いソリューションはERPのグローバルスタンダードであるSAP、CRMのグローバルスタンダードであるSalesforceが中心で、現在はこれらに加えてテクノスジャパン独自のDX協創プラットフォーム「CBP」上にクラウドサービスを展開。「企業・人・データをつなぎ社会の発展に貢献する」をグループミッションに掲げ、企業向けの経営・業務領域のデジタルトランスフォーメーションを推進するサービスを提供しています。

所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー14階
代表取締役:吉岡 隆
設立:1994年4月27日
資本金:5億6,252万円
https://www.tecnos.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テクノスジャパン >
  3. テクノスジャパンが提供するクラウドサービス「CBP注文決済サービス」が経済産業省が推進する「IT導入補助金2021」に認定