東洋英和女学院大学 AI面接サービス「 SHaiN 」を就職支援に導入

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明)は、AI面接サービス「 SHaiN (シャイン)」を、東洋英和女学院大学(本部:神奈川県横浜市、学長:池田明史)キャリアセンターに就職支援を目的として試験導入いたします。
 

 「 SHaiN 」は科学的根拠に基づく戦略採用メソッドをもとに、企業が求める人物像や採用基準に沿って、AIが人間の代わりに採用面接を行うサービスです。今回、東洋英和女学院大学の学生50名を限定としたAI面接体験を実施いたします。本サービスを導入することによって、学生の資質を見抜き、就職支援・キャリア教育をサポートいたします。


大学への導入背景】
 東洋英和女学院大学では、就職活動でAI面接を経験する学生が増えていることから「 SHaiN 」を試験導入することになりました。科学的根拠に基づくAI面接サービスの導入により、次の3点における効果を検証します。
   ・評価レポートによる自己分析
   ・面接対応力の向上
   ・論理的思考力の育成


AI面接体験概要】
日程  :2019年6月1日(土)~6月9日(日)
会場  :スマートフォン保持者は任意の場所
対象者 :東洋英和女学院大学3年生50名(事前にキャリアセンターに応募した学生に限ります)
 

■AI面接サービス「SHaiN」 
 タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、AIが対話しながら採用面接を実施し、専門スタッフにより応募者の資質を分析して面接評価レポートを提供するサービスです。応募者は企業が定めた期間内で、自身のスマートフォンを使い、専用のアプリケーションをダウンロードすることで、24時間365日いつでもどこでも面接が可能となり、他社と選考がバッティングするなどの機会損失を減らせるようになります。また、人間による採用面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一化が図れるようになります。

■東洋英和女学院大学について
 www.toyoeiwa.ac.jp/daigaku/index.html

 東洋英和女学院大学は1989年に、神奈川県横浜市に開設されました。1884年カナダ・メソジスト教会派遣の婦人宣教師マーサ・J・カートメルによって東京・麻布鳥居坂に設立された「東洋英和女学校」を起源としており、建学の精神「敬神奉仕」の理念に基づき、キリスト教教育による人間形成を目指して、時代にふさわしい社会性と国際性あふれる女性の育成を目的とし、深い専門性と幅広い教養、豊かな人間性を育むことを重要視しています。

■会社概要
会社名   株式会社タレントアンドアセスメント
所在地   東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル5F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   1億2,020万円(資本準備金を含む)
事業内容  AI面接サービス「SHaiN」を主軸とした採用コンサルティング事業
URL            www.taleasse.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タレントアンドアセスメント >
  3. 東洋英和女学院大学 AI面接サービス「 SHaiN 」を就職支援に導入