日本を代表する企業の人事リーダーが最先端キャリア理論”プロティアン”とキャリア自律型組織について議論

「日本の人事リーダー会」第15回会合のファシリテーターを協会代表理事 田中研之輔が務めました 

一般社団法人プロティアン・キャリア協会 (本社:東京都新宿区、代表理事:田中研之輔・有山徹、以下、「当協会」)の代表理事 田中研之輔が、日本最大級のHRネットワーク、日本の人事部が主催する「日本の人事リーダー会」第15回会合(6月15日開催)をファシリテートしました。

当協会代表理事で法政大学 キャリアデザイン学部 教授の田中研之輔から、日本企業を代表する人事リーダー20名に、「キャリア自律型=プロティアン」を推進するキャリア開発支援や組織創りについて問題提起し、オンラインで議論をしました。

  • 「日本の人事リーダー会」第15回大テーマ
“キャリア自律型組織”をいかにして実現するのか
​人生100年時代に求められる人事戦略:従業員のキャリア・オーナーシップ支援
  • 個別ディスカッションテーマ
1.キャリア自律型組織の現状。今、何が問題なのか
2.これからのキャリア自律型組織はどうあるべきか
3.「キャリア自律型組織」の実現に向けて
  • 参加者所属企業
​NTTデータ、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、カルビー、ゲオホールディングス、湖池屋、コカ・コーラ ボトラーズジャパン、コニシ、Jストリーム、JCOM、スターバックス コーヒー ジャパン、積水ハウス、テルモ、日本M&Aセンター、日本マクドナルド、ノバルティスファーマ、Facebook Japan、ブリヂストン、三井情報、三井住友銀行、メルカリ、以上 ※50音順  
  • 当協会代表理事/法政大学 キャリアデザイン学部 教授 田中研之輔のコメント
「キャリア自律型組織をいかに実現するのか」この問いについて、日本を代表する企業の人事責任者の方々とダイアローグを重ねました。キャリア論を専門とする私からの答えは、プロティアン・キャリアを組織全体に浸透させていくことです。社員が主体的にキャリア形成をするようになると、企業の生産性も競争力も向上します。組織内キャリアから自律型キャリアへのCX(=キャリアトランスフォーメーション)が不可欠なのです。DXを駆動させるのは、人だからです。さらにもう一つのポイントは、点ではなく面でのダイナミックな変革が今求められているということです。eラーニング、研修、1 on 1、診断・評価・効果測定からなるプロティアン・キャリアドックも、実践していきます。 各企業でキャリア自律型組織の実現に向けて、さまざまな取り組みが行われています。それらの知見や実践をまとめ、共有知として編み上げながら、戦略人事を考え抜いていくフェーズなのです。
人事責任者として現場で実践されている方々との今回のダイアローグを通じて、私自身もさまざまな点を学ばせていただきました。また、キャリア自律型組織の実現に向けて、プロティアン・キャリアの最新知見がきわめて有効であることも再確認できました。私自身も、キャリア自律型組織の実現にむけて、日々取り組んでいきます。毎回、貴重な機会をつくってくださる株式会社HRビジョン様には、あらためて感謝を申し上げます。ご一緒した人事責任者の方々とは、それぞれご一緒させていただく機会も多くあると思います。楽しみにしています。
  • 当日の様子
第15回会合の当日レポートは、日本の人事部の以下のページからご覧いただけます。
https://jinjibu.jp/exe/report15.php?utm_medium=email&utm_source=mailmag_210720&fbclid=IwAR2FniRvaceXgoweyL68lmDlo6_C2adDmcaXuSz-_yRNL-4xqUDSur4fLs8
※株式会社HRビジョンでは、日本の人事部(https://jinjibu.jp/)の情報発信、「HRカンファレンス」をはじめとした各種イベント等を通し、全国の企業の人事・人材開発に関する変革の推進や活性化をサポートしています。
  • 【参考】最先端プロティアン理論、実践手法を拡げる取り組み
■当協会では、日本の人事リーダー会でも議論されましたキャリア最先端理論プロティアンをより多くの方に届けるべく、7月29日から「プロティアン・キャリア eラーニング(基礎編)」の正式販売が決定
【詳細】https://protean-career.or.jp/license/e-learning
■eラーニング販売記念セミナー開催(7/29):「キャリアトランスフォーメーションの未来は?~人・組織が成長し続ける、プロティアン・キャリア開発の最前線~」 
【お申込み】日本の人事部:https://jinjibu.jp/seminar/detl/85478/ peatix:https://protean-manpower.peatix.com /  ※いずれでも申込可能 
  • 協会概要
正式名称:一般社団法人プロティアン・キャリア協会
所在地:東京都新宿区西新宿3-2-9新宿ワシントンホテルビル本館2F
事業概要:プロティアン・キャリア理論に基づく個人の主体的なキャリア開発と組織と個人のより良き関係創出
代表理事:
田中 研之輔(法政大学キャリアデザイン学部 教授)
有山 徹 (4designs株式会社 代表取締役CEO)
設立年月:2020年3月
協会WEBサイト:https://protean-career.or.jp/
メディア「Protean」:https://protean-career.or.jp/column/
Facebook:https://www.facebook.com/protean.fb
Twitter:https://twitter.com/officialprotean
LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/72986319

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人プロティアン・キャリア協会
広報責任者:黄瀬真理
メールアドレス:mari.kinose@protean-career.or.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人プロティアン・キャリア協会 >
  3. 日本を代表する企業の人事リーダーが最先端キャリア理論”プロティアン”とキャリア自律型組織について議論