JCB、カードやサービスのお問合せにAIを活用した「チャットボット」を開始、「ウェブで解決」ニーズに応え、自動応答「AIChat」でセルフサービスを強化

AIチャットボット「AIChat for touching」

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤雅己、以下KDDIエボルバ)は、株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川一郎、以下JCB)が運営するJCBカードサイト(https://www.jcb.co.jp)にAIを活用したチャットボット「AIChat」を導入し、お問合せ自動応答サービス「チャットボット」を開始いたしました。
サービスは、JCBカードサイトに表示する「チャットでお問い合わせ」アイコンから利用いただけます。「カードの締め日、支払い日を調べたい」「セキュリティコードとは何ですか?」「JCBギフトカードの購入方法を知りたい」など、JCBのカードやサービスに関する質問に最適な回答をチャットオペレータ ”しおりさん” が自動応答いたします。

◎スマートフォンからのご利用イメージ

(簡単なフレーズから回答候補を提示して、素早い自己解決へ)(簡単なフレーズから回答候補を提示して、素早い自己解決へ)

(画像を取り入れた回答)(画像を取り入れた回答)

本サービスは、継続的な育成をする教師あり学習と自動学習の併用により、お客さまの利用が増えるほど正答率が高まります。「ウェブサイトで自己解決したい」というJCBの多くのお客さまの声に応えた本サービスにより、スマートフォン、パソコンから、24時間365日、簡単に問合せができるセルフサービスとして、お客さまの利便性向上に寄与するものと考えております。

KDDIエボルバは、今後も真のCXを高めるオムニチャネルソリューションをいち早く提供し、従来のコールセンターサービスに加え、クライアント企業様とお客さまのスマートフォンを中心とした次世代のリレーションシップを実現してまいります。

■関連ニュース
株式会社ジェーシービー 2019年6月13日発表「JCBがAI自動チャットサービスをリリース」
URL:https://www.global.jcb/ja/press/00000000162822.html

■AIChat for touchingについて
KDDIエボルバのAIChatは、豊富なFAQ・会話シナリオ構築やAI、教師あり学習のノウハウにより、高い正答率を実現しています。企業とお客さまのコミュニケーション強化、CX向上、効率化を目的としたAIチャットボット導入サポートから、デジタルチャネル領域のあらゆるお客さま接続を実現するSMSやVisualMenu、自動応答で解決しきれない問合せを有人チャットでサポートするHumanChatなど、コミュニケーション全体をデザインするソリューションを提供いたします。(詳細:https://www.k-evolva.com/services/omnichannel/aichat/

 なお、このたびJCBに導入した「AIChat」には、株式会社BEDORE(本社:東京都文京区、代表取締役社長:下村勇介、親会社:株式会社PKSHA Technology)が提供する対話エンジン「BEDORE(べドア)Conversation」を採用しています。(詳細:https://www.bedore.jp/service/detail/
 
  • 「for touching」「VisualMenu」は、KDDIエボルバが商標出願しており、今後登録予定です。
  • その他本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
 
  • プレスリリース(企業サイト)https://www.k-evolva.com/news/detail20190613_02.html
  • 報道関係者さまからのお問合せ先  広報窓口 03-5326-6462 / adv@k-evolva.com
  • 法人のお客さまからのお問合せ先  法人窓口  0120-926-736(平日9:00-17:30)
◎動画で見るAIチャットボット「AIChat」 

 

 

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. JCB、カードやサービスのお問合せにAIを活用した「チャットボット」を開始、「ウェブで解決」ニーズに応え、自動応答「AIChat」でセルフサービスを強化