「行動開発トリガー」発売

~ リーダーに必要な経験をはじめる勘所 ~

「やってみたら次が観えてきた」

自分で経験してはじめて理解できる。
経験から得られる理解が構想を促す。
理解の程度・レベルは教えられない。

自分が経験し理解した内容と、
人から聞いて理解した内容の
解像度を比べればわかること。
 


人から聞いた内容では構想できない。
構想できないリーダーは機能しない。
にもかかわらず、過去の経験を使い、
もしくは誰かから聞いたことを使い、
頭でわかったつもりになってしまう。

実際は行動が変わらないため、
考え・思考も変わっていない。

知識を増やす、人から教えてもらうだけでは
「できるようになった」錯覚が増え害になる。
この「なった」は、知識を増やす報酬になる。
さらに錯覚が強化され、組織の中で害になる。

過去の経験を使うことで効率は上がる。
過去と今が変わらない場合これで良い。
しかし、過去と今が変わっている場合、
この効率は、実は非効率を生んでいる。

特に知識と一般論が蓄積されれば
される程、自ら経験をしなくなる。

知識など形式知は誰でも再現できるが、
経験は再現できない独自の蓄積になる。

独自の蓄積を増やしていく、つまり
経験を増やしていくことが他との違い
他には無い必要とされる優位性を生む。

では、どうすれば良いのか?
「経験するハードルを下げる」
頑張っても経験をしないため。


人それぞれ、価値観、
生活パターン、思考パターン
行動パターンは、異なります。
それぞれにあったトリガーを
つくるやり方を身に付けます。

ポイントは誘発刺激(トリガー)を設計すること。


詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000068315.html

 

【会社概要】
社名:リクエスト株式会社
URL:https://requestgroup.jp

代表者:代表取締役 甲畑智康
URL:https://requestgroup.jp/profile
スマートクリエイティブマネジメント総合研究所とABA(応用行動分析学)オペレーションズ研究センターを構え、芸術と応用行動分析に基づいた開発: 需要創造の科学® “ smart creative management® ” を22年間をかけて開発。社員30,000人の企業から年商3億円の地域密着型企業へ提供実績を有しています。 実績は840社以上。

東京芸術大学卒。
日本行動分析学会会員。

著書:「教える技術 外国人と働く編(かんき出版)」
「現場を上手にまとめる介護リーダーの8つの技術(中央法規出版)」など

【研究機関】
ABA(応用行動分析学)オペレーションズ研究センター
(ABA Operations Research®)
スマートクリエイティブマネジメント総合研究所
(smart creative management®)
公共行動研究室
(Behavior Based Public Policy)

【担当】:末光
e-mail: request@requestgroup.jp
問合フォーム: https://requestgroup.jp/request


https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000068315.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000068315.html


https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000068315.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000068315.html

https://schoo.jp/class/8616

https://schoo.jp/class/8616
  1. プレスリリース >
  2. smart creative management®︎ >
  3. 「行動開発トリガー」発売