新AIチャットボットサービス「minarai QUICK BOT」をリリース

株式会社Nextremer(本社:東京都板橋区、代表取締役CEO:向井永浩、以下「Nextremer」)は、CEATEC2019やデジタルコンテンツEXPOなどの展示会にて先行でご案内していた新たなAIチャットボットサービス「minarai QUICK BOT」(以下「QUICK BOT」)を2019年11月19日より正式に提供を開始します。「QUICK BOT」は、お客様がシナリオ構築作業をせずに、完全自動でチャットボットを導入することが可能で、さらなる顧客満足度向上をサポートします。
■サービス概要
「QUICK BOT」は、お申し込みをいただいてから2週間で利用を開始することができるチャットボットサービスです。お客様でのシナリオ構築は不要で、お気軽にスタートすることができます。また費用についても初期費用はかからず、月額5万円のみでご利用いただけます。
これにより、シナリオ構築の負担や、契約から利用開始までのリードタイムの長さ、初期費用などの費用面等々で利用をお見送りしていた方々や企業に対して、より身近なサービスとしてチャットボットをご利用いただくことが可能になります。
※初期シナリオ組み込み数が多い場合には、構築期間や費用の相談をさせていただく場合がございます。
 



■QUICK BOT紹介資料
https://www.minarai.io/intro/pdf/QuickBot.pdf

■リリースキャンペーン/特典内容
2019年内にご契約のお客様、1年間契約で20%off

■お問合せ先
株式会社Nextremer(担当:三條)
info@nextremer.com
03-6915-6447 

■株式会社Nextremerについて(http://www.nextremer.com/
東京と高知、金沢に開発拠点を置くITベンチャー企業です。AIの社会実装を推進し多くの人がその恩恵を受けられる世の中の実現を目指して、自然言語処理活用の対話システム構築事業、画像認識・解析技術を用いたアルゴリズム構築事業を推進しています。さらに量子コンピュータやイジングマシン等の先進技術におけるアルゴリズムの研究開発、他企業との共同研究などを推進し、人とテクノロジーの協働により人間の可能性/能力を広げる仕組みを作っています。


■研究/開発実績
・テキスト情報からの知識獲得を自動化する抽出型読解AI技術を開発
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000017379.html

・AIを活用した農作物の生産予測モデルを構築
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000017379.html

・イジングマシン:早稲田大学との共同研究結果及び東芝の組合せ最適化技術の適用結果を発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000017379.html

*プレスリリースの内容・お問い合わせ先・その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合がありますので、ご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Nextremer >
  3. 新AIチャットボットサービス「minarai QUICK BOT」をリリース