10周年記念となった、アジア最大級のマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2018」が開幕。キーノートにスイス ネスレの副社長、フランス Criteoの創業者など登壇

初日の来場者は4,990人。キーノート、公式カンファレンス、展示会場に国内外から多くのマーケターが集結。

マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武富正人)は、2018年10月4日(木)、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて、今年10回目を迎えるアジア最大級のマーケティングの国際カンファレンス「ad:tech tokyo2018(以後 アドテック東京2018)」が開幕し、公式カンファレンスと展示会場に、初日4,990人の来場があったことを発表します。

 



 

 

初日のキーノートには、スイスのネスレ本社より、Nescafe, Kit Katなど、数々のブランドのデジタル革新を手がけた、バイスプレジデントのPete Blackshaw(ピート・ブラックショウ)氏とドイツのデジタルマーケティングイベント「DMEXCO」を立ち上げたChristian Muche(クリスチャン・マシュー)氏が登壇。「インビテーショナルマーケティング」という、同氏が提唱する新たな生活者との関わり方のコンセプトについて語りました。また、フランス パリに本社を持つアドテクノロジーカンパニーCRITEOの創業者 Jean-Baptiste Rudelle(JB リュデル)氏も来日、登壇。さらに、今年6月に代表取締役社長 CEOに就任したばかりの、ヤフー 川邊 健太郎氏も登壇。両氏とも、データが中心となる中で、今後のビジネスがどう変化していくのか、またそれに合わせて企業・人がどうあるべきかを語りました。
 
公式セッションでは、オンライン動画活用、AI、アドフラウド対策など多彩なテーマについて活発な議論が交わされました。展示会場でも、会場内の「プレゼンテーションステージ」や、各社の出展ブースなどで、マーケティングに関する最新サービスや最新事例についてたくさんのセミナーが行われました。
 最終日となる2日目(10月5日)は、今年9月にサービス統合の発表があったAmazon Advertisingのグローバル責任者 Seth Dallaire(セス・デレイヤ)氏、俳優 山田孝之氏と新たな会社ミーアンドスターズを立ち上げた、トランスコスモス取締役 上席常務執行役員兼CMO 佐藤俊介氏とオリンピックにおいて2大会連続金メダルを獲得し、現在はミーアンドスターズの最高スポーツ責任者を務める北島康介氏、さらに民間のロケット打ち上げプロジェクトに挑む堀江貴文氏などが登壇します。アドテック終了後には、フェノックス・ベンチャー・キャピタルが主催する世界的なスタートアップコンペティション「STARTUP WORLDCUP」の日本地区大会決勝が今年も行われます。

 


■アドテック東京2018 開催概要
日 時:2018年10月4日(木)~5日(金)
会 場:東京国際フォーラム  〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5−1
カンファレンスプログラム:6キーノート、60カンファレンスセッション
カンファレンス登壇者:237名
公式スピーカー:花王/ライオン/資生堂ジャパン/セブン&アイ ホールディングス/プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン/アサヒビール/キリン/イオン/アウディ ジャパン/Facebook/カルビー/エステー/日本コカ・コーラ/イトーヨーカ堂/ファミリーマート/日本航空/トヨタ自動車/Jリーグ/コーセー/九州旅客鉄道/メルセデス・ベンツ/ネスレ日本/アダストリア/日産自動車 をはじめ237名(順不同)

<スポンサー>
ダイヤモンドスポンサー: トランスコスモス
プラチナスポンサー:電通、電通デジタル、博報堂DYホールディングス、博報堂、大広、読売広告社、博報堂DYメディアパートナーズ、KPIソリューションズ、ヤフー
ゴールドスポンサー: Criteo,Twitter
シルバースポンサー:セールスフォース・ドットコム
ブロンズスポンサー:デルフィス、デジタルガレージ、イー・エージェンシー、日本たばこ産業、ニューススイート、ワンメディア、ソネット・メディア・ネットワークス

■ad:tech tokyo について
アドテックは世界の主要都市で開催される国際マーケティングカンファレンス。広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まる。日本では2009年に初開催し、2018年で10回目を迎える。アドテクノロジーにとどまらず、あらゆるテクノロジーが企業のマーケティングマネジメントにかかわるようになる中で、常に最先端の情報を届けている。

■Comexposiumについて
Comexposiumは、世界で170を超えるB2C/B2Bイベントをプロデュースしています。食品、農業、ファッション、建設、ハイテクなど様々な分野をカバーしており、世界30か国で300万人以上の来場者を記録しています。
ウェブサイト:https://www.comexposium.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コムエクスポジアム・ジャパン株式会社 >
  3. 10周年記念となった、アジア最大級のマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2018」が開幕。キーノートにスイス ネスレの副社長、フランス Criteoの創業者など登壇