国内最大級の社会人向け学習動画サービス「Schoo」自社調査 人事50名が回答、新卒採用企業の約7割が内定者研修を実施。最も人気の研修方法はオンライン講座

-約7割の企業が内定者向け研修を実施。研修方法は遠隔からも学べるオンライン講座・集合研修が人気-

国内最大級の社会人向け学習動画サービス『Schoo』を運営している株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 健志郎、以下スクー)は、法人向けオンライン学習サービス「スクービジネスプラン」(以下ビジネスプラン)を利用中の企業担当者を対象に、内定者向け研修についてのアンケートを実施いたしました。


■調査の背景
平成30年3月の大卒就職率は過去最高の98.0%となり、いわゆる「売り手市場」が続いています(文部科学省発表)。そのため、企業は内定辞退防止策や採用予定人数を減らし、入社した社員の育成にコストをかけるといった施策を求められています。

スクーでは、ビジネスマナーやOAスキル、プログラミングなど幅広い職種・業界に対応した約4,700本の授業を企業・団体向けに「ビジネスプラン」を提供していますが、上記のような背景により各企業様のビジネスプラン導入目的に『内定者・新入社員のスタートダッシュのため』を挙げていただく機会も増えてまいりました。

そこでこの度、ビジネスプランご利用企業様に対して、内定者向け研修の実態調査を実施いたしました。

■調査結果サマリー

1.新卒採用を実施している企業の約7割が内定者向け研修を実施、内定辞退の防止策にも

新卒採用を実施していると回答した企業のうち、68.7%が内定者向け研修を実施していると回答しました。主な実施理由は「スキル・知識の習得(41.7%)」「社会人の心構えを持ってほしい(37.5%)」といった成果を重視する声と、「内定者間の関係性を構築(31.3%)」「内定辞退を防ぐため(29.2%)」といった研修実施そのものに意義を見出す声が見られました。

2.人事・研修担当者が新卒新入社員に入社前に身につけてほしいこと第1位は「ビジネスマナー」
半数以上の企業が名刺の渡し方、敬語といった「一般的なビジネスマナー」を入社前に身につけてほしいと回答(53.2%)。「OAスキル(29.8%)」や「インターンなどの社会経験(21.3%)」と続き、「学業に注力してほしい」という回答も同数あった(21.3%)。

3.リモートで受講でき、交通費もかからない「オンライン講座」が人気
遠方在住や学業の関係で集合研修への参加が難しかった内定者でも、インターネット環境があればいつでもどこでも対応でき、交通費や宿泊費がかからないため比較的安価に受講できる「オンライン講座」での研修が人気となった(43.5%)。続いて「社内担当者による集合研修(30.4%)」、「会社指定書籍の配布(19.6%)」が挙げられた。

■調査詳細
※質問1,2は提示選択肢より最大2項目まで選択可、3は提示選択肢より複数回答可としている

1.どのような目的のために内定者研修を実施していますか
  • 入社前に身に付けてほしいスキル・知識があるから    41.7%
  • 社会人になる心構えを持ってほしいから        37.5%
  • 内定者間の関係性を構築したいから    31.3%
  • 内定辞退を防ぎたいから    29.2%
  • その他回答    8.2%

2.内定者に、入社までに最低限身に付けてほしいスキル・経験はなんですか
  • 一般的なビジネスマナー(名刺の渡し方、敬語など)    53.2%
  • OAスキル(エクセル、ワードなど)    29.8%
  • 社会経験(インターンなどの経済活動)    21.3%
  • 学業に注力    21.3%
  • 自社が属する業界の知識    19.1%
  • 社会経験(旅行やボランティアなど自己成長活動)    10.6%
  • プログラミングスキル    10.6%
  • その他回答    6.4%

3.入社前の内定者に実施している教育プログラムを教えてください
  • オンライン講座の受講(スクーを含む)    43.5%
  • 集合研修/社内教育担当が実施    30.4%
  • 会社指定書籍の配布    19.6%
  • 集合研修/外部講師が実施    13.0%
  • 内定者専用サイト・SNS    13.0%
  • 会社指定資格・検定への受講    10.9%
  • その他回答    8.7%

■調査概要
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2018年10月19日~2018年10月31日
  • 有効回答数:ビジネスプラン利用中の人事・研修担当者52名

■スクービジネスプラン(https://schoo.jp/biz/)について

 



「今学びたい学習コンテンツに出会える」をコアバリューとし、社会人向け学習動画を4,700本以上提供。ビジネスマナーやスキル、営業・プログラミング・デザインの実務スキルについてオンライン動画にて持続的な学習環境を提供することで600社以上の企業様にご導入いただきました。学習動画を元にした研修カリキュラムの提供やレポート提出、利用者の学習時間・学習傾向から興味のある分野を分析でき、社員一人ひとりの潜在した可能性に出逢い、成長の機会を自発学習にお役立ていただけます。

■Schoo(https://schoo.jp/)について
株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス。「未来にむけて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトに生放送授業を毎日無料提供しています。学習ジャンルは、働き方・お金・健康に関することをはじめ、すぐに使えるビジネススキル・ITスキル・経済・ニュース・思考法・文章術など幅広く提供。全4,700以上の録画授業見放題に加えて会員限定の生放送も視聴できる「新プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」を提供し、現在の会員数は35万人を突破(2018年8月末時点)。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Schoo >
  3. 国内最大級の社会人向け学習動画サービス「Schoo」自社調査 人事50名が回答、新卒採用企業の約7割が内定者研修を実施。最も人気の研修方法はオンライン講座