アドビ、ガートナーのマルチチャネル マーケティング ハブ分野のマジッククアドラント2020年版において「リーダー」に選ばれる

「実行能力」と「ビジョンの完全性」で最高点を獲得

※当資料は、2020年5月18日に米国本社から発表されたメディアアラート(https://news.adobe.com/news/news-details/2020/Media-Alert-Adobe-Named-a-Leader-in-2020-Gartner-Magic-Quadrant-for-Multichannel-Marketing-Hubs/default.aspx)の抄訳です。

Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs(マルチチャネル マーケティング ハブ分野のマジッククアドラント)2020年版」において「リーダー」に選ばれたことを発表しました。アドビが本分野で「リーダー」に選出されるのはこれで3年連続となり、評価対象となった19社のベンダーの中から「実行能力」と「ビジョンの完全性」において最高点を獲得しました。
アドビのAdobe Experience Cloud(https://www.adobe.com/jp/experience-cloud.html)プロダクトマーケティング担当シニアディレクターであるスニル メノン(Sunil Menon)は次のように述べています。「消費者は、いつ、どこで、どのように企業と関わりたいかを決め、それぞれのインタラクションに関連性と説得力を期待しています。Adobe Campaign(https://www.adobe.com/jp/marketing/campaign.html)を使用すれば、企業は複数のタッチポイントをまたいで発生した顧客エンゲージメントをインテリジェントに結び付けて、ニーズを予測することができます。その結果、よりコンテキストに沿った、パーソナルな顧客体験を提供できるようになります。」

ガートナーは、「マルチチャネル マーケティング ハブ」を、webサイトやモバイル、ソーシャル、ダイレクトメール、コールセンター、デジタル広告、電子メールといった複数チャネルを横断して、顧客セグメントごとに最適化された販売提案を提示することで、企業のコミュニケーションを統合的に実施するテクノロジーと定義しています。

Adobe Campaignは、アドビが提供するマルチチャネル キャンペーン管理サービスであり、Adobe Experience Platform(https://www.adobe.com/jp/experience-platform.html)や他のAdobe Experience Cloudアプリケーション、各種データソースから収集したリアルタイムの顧客データから、企業による顧客プロファイルの管理や拡張を支援します。このようにして得られた顧客プロファイルを用いることで、企業は、電子メール、web、モバイルなどのオンラインチャネルだけでなく、ダイレクトメールのようなオフラインチャネルを含めてキャンペーンを統合することができます。さらに、Journey Orchestration機能(https://www.adobe.com/jp/experience-platform/journey-orchestration.html)を使用すれば、複数の顧客接点を連動させて、真にパーソナライズされた体験を提供することが可能になります。これにより、ロイヤルティを高め、最終的には収益の増加を促進することができます。

出典:ガートナー「Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs」、Noah Elkin, Benjamin Bloom, Mike McGuire, Colin Reid, Joseph Enever、2020年5月12日

関連リンク ガートナー社免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の選定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Adobe Experience Cloudについて
すべてのビジネスがデジタルであることが求められるエクスペリエンスエコノミーにおいてAdobe Experience Cloudはデジタルビジネス推進におけるグローバルリーダーとして、データとインサイト、コンテンツとパーソナライゼーション、カスタマー ジャーニーの管理コマースと広告のためのソリューションを提供し、あらゆる規模の企業によるB2BとB2Cの両方の顧客体験管理(CXM)を推進します。Adobe Experience Cloudの基盤となっているAdobe Experience Platformは、顧客体験のリアルタイムで大規模なパーソナライゼーション専用に設計された業界初のCXMプラットフォームです。

アドビについて
アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイト(https://www.adobe.com/jp/)に掲載されています。

© 2020 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドビ株式会社 >
  3. アドビ、ガートナーのマルチチャネル マーケティング ハブ分野のマジッククアドラント2020年版において「リーダー」に選ばれる