浦安市「災害コールセンター」を沖縄に開設、運営業務を受託、大規模災害発生にかかる正確な情報提供で市民の安全をサポート

緊急コンタクトセンターサービス/効率的な災害時通報体制を確保

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤雅己、以下 KDDIエボルバ)は、千葉県浦安市より、浦安市を対象とする「災害コールセンター設置及び管理運営業務」を受託し、2019年8月より、沖縄県のKDDIエボルバ 那覇旭橋センターに、災害コールセンターの常設を開始いたしました。
KDDIエボルバのコンタクトセンターにおける豊富な知見、ノウハウを活かした緊急コンタクトセンターの迅速な構築、体制・業務設計、有事の際の窓口応対について、浦安市様より評価いただき、本業務を受託いたしました。

浦安市では、市民の皆さまの安全・安心な暮らしに向けた環境の整備、提供に取組んでいます。大規模災害発生時には、発生直後の被害や避難、医療・救護にかかる情報だけではなく、数日後より、インフラや交通機関の復旧状況や、食糧・飲料、廃棄物処理方法など、さまざまな情報が必要になります。

KDDIエボルバは、浦安市の遠隔地にあたる沖縄県に災害コールセンターを常設し、浦安市民の皆さまが身の安全を守り、復旧に向けた行動に役立つ正確な情報をお届けし、安全・安心な暮らしを支援いたします。


■業務概要
常設開始日 2019年8月1日
履行場所 沖縄県那覇市(KDDIエボルバ 那覇旭橋センター)
受託内容①
常時
・浦安市専用ブース常設、緊急時用の電話回線の敷設
ž・災害発生時応対マニュアルの整備および、オペレータ研修・ミステリーコールによる業務品質維持
受託内容②
災害発生時
・災害コールセンター緊急体制配備(電話回線の即時増設、オペレータ配置)
・災害・緊急対策情報の能動的な取得および、正確性判定
ž・浦安市民からのお問合せ応対
1. 大規模災害発生直後(災害、被害、避難、医療・救護、二次災害防止、交通規制、応急対策活動等)の正確な情報提供
2. 応急・復旧時(生活必需品、電気・ガス・上下水道等のインフラ、交通機関・道路、仮設住宅、解体・廃棄物・ごみ処理等)の正確な情報提供
浦安市 防災の取組みについて
http://www.city.urayasu.lg.jp/todokede/anzen/bousai/torikumi/index.html

KDDIエボルバ 「緊急コンンタクトセンターサービス」について
https://www.k-evolva.com/services/callcenter/emergency-contact-center/

本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. 浦安市「災害コールセンター」を沖縄に開設、運営業務を受託、大規模災害発生にかかる正確な情報提供で市民の安全をサポート