「KARTE」がカスタマーサポート特化型AIチャットボット「Karakuri」と連携を開始

ユーザー毎の属性や状況に合わせて、チャット運用の効率化を実現。第一弾案件として、SBI証券にサービス提供開始

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役 倉橋健太)は、同社が提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」において、カラクリ株式会社(東京都渋谷区:代表取締役CEO 小田志門)が提供するカスタマーサポート特化型AIチャットボット「Karakuri」との連携を開始します。第一弾案件として、株式会社SBI証券(東京都港区:代表取締役社長 髙村正人)でチャットボットを活用したサービス提供を開始しています。


「KARTE Talk」で「Karakuri」のAIチャットボットの活用が可能に
「KARTE」のチャット機能は、サイトに訪れたユーザーの状態に合わせてチャットの出現を制御できることが特徴です。
今回の連携により「KARTE Talk」のチャット機能でユーザーの質問への回答を自動化することが可能になりました。ユーザーの属性や状況によって、自動回答かオペレーターによる人的対応かをあらかじめ選択・制御したり、チャットボットの回答文を複数用意し、ユーザーに合わせて出し分けたりすることができます。
「Karakuri」はカスタマーサポートに特化したAIチャットボットで、回答精度の高さに大きな強みを持っています。ユーザー毎にチャットボットか人的対応かを事前のルール設定にて判断できる「KARTE」との連携で、効率的なチャット運用と正確な自動回答を両立することができます。自動回答で返答可能な質問は「Karakuri」に任せ、チャットボットでは対応しきれない質問への回答にオペレーターのリソースを集約させれば、一人ひとりのユーザーと向き合う時間が増え、より深くコミュニケーションをとることが可能になります。

第一弾案件としてSBI証券が導入、チャットボットとオペレーター対応の使い分けを実現
SBI証券は「KARTE Talk」のチャット機能を使用してチャットサポートサービスを展開しています。当初はオペレーターがお客様一人ひとりとコミュニケーションを図っていましたが、顧客のフェーズやニーズによってはチャットボットの定型回答でも対応できる質問が多いということがわかりました。

 

「KARTE」と「Karakuri」の連携により、ユーザー毎に合わせてチャットボットが対応するか、オペレーター対応が必要かをリアルタイムに判断(SBI証券の展開イメージ)

そこで、より多くの顧客対応を迅速に行うためにも、SBI証券は「KARTE Talk」で「Karakuri」を導入し、チャットサポート運用の効率化を実現しています。「KARTE」によって顧客毎にオペレーター対応を必要としているかをリアルタイムに判断し、自動回答でも十分に期待に沿う対応ができる場合にはチャットボットが返答します。夜間など営業時間外でもチャットボットが一次回答を行います。有人対応とチャットボットの使い分けによって、本当にコミュニケーションを必要とするお客様に対してオペレーターのリソースを集中できる体制を構築しています。

Karakuriについて
「Karakuri」は、カスタマーサポート特化型のAIチャットボットです。導入から運用を通してプログラミングスキル不要で扱いやすく、ユーザーからのお問い合わせに対して24時間365日自動対応する機能を提供しています。また、導入までの総合的な支援を行い、正答率95%(※)を保証した状態でご利用開始いただくことができます。
※業界や業種、FAQの数の多さや複雑度によって、保証正答率が変更となる場合があります。

KARTEについて https://karte.io/
「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プレイド >
  3. 「KARTE」がカスタマーサポート特化型AIチャットボット「Karakuri」と連携を開始