日本最大級のゴルフ用品ECサイト「GDOゴルフショップ」が 「KARTE for App」を導入

ウェブとアプリ横断でユーザー毎の行動を深く理解し「ついつい訪れたくなってしまうアプリ」へ

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役 倉橋健太)の提供するネイティブアプリ向け・CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」が、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(東京都品川区:代表取締役社長 石坂信也)の運営する日本最大級のゴルフ用品ECサイト「GDOゴルフショップ」のアプリに導入されました。


「GDOゴルフショップ」における「KARTE for App」導入背景やマーケティングの課題
「GDOゴルフショップ」アプリのユーザーは、ウェブサイト版との併用も多いという特徴があります。GDOはこれまで、ウェブとアプリで、ユーザーとのコミュニケーションに別個のサービスを使用していたため、同じ人に同じアクションを行ってしまうというケースがありました。ウェブとアプリで同様の接客シナリオを設定することも多く、運用効率にも課題がありました。
「KARTE for App」と、すでにウェブで導入いただいている「KARTE」を併せて活用することで、ウェブかアプリかを問わず、ユーザーを一人の人として把握することが可能になること、また設定も一元的に管理できることから導入を決定いただきました。インターフェースの使いやすさや、KARTEを活用いただいている企業間で接客シナリオの成功事例が積極的に共有されていることも導入の決め手となりました。

「GDOゴルフショップ」における今後の「KARTE for App」活用について
「GDOゴルフショップ」は、ユーザーが「ほしいものがなくてもついつい訪れ、ついつい買ってしまう」ようなECアプリになることを目指しています。ゴルフ用品が好きな方には、ほしいものが特になくても空き時間に店舗に訪れるという人が多くいます。そのようなゴルフ用品好きの行動にオンラインでも応えられるアプリとなるよう、機能やサービス、UI/UXの改善に取り組んでいます。
「GDOゴルフショップ」では、「KARTE for App」でユーザー毎に応じて接客シナリオの質と量の最適化を図り、一人ひとりの行動を深く理解することでアプリ改善に活かしていく、とのことです。また現状では出荷情報のプッシュ配信のみ実施していますが、出荷後のステータスや到着予定日時のお知らせを配信するなど、より商品を受け取りやすくするサポート情報の提供も検討しています。
今後は「KARTE for App」の拡張性の高さも活かし、「GDOゴルフショップ」とGDOの他のアプリおよびサービスとの連携によってコンテンツを充実させ、ユーザーがついつい訪れたくなってしまうアプリになることを目指していくという展望もいただいています。

 
「GDOゴルフショップ」とは https://shop.golfdigest.co.jp/
「GDOゴルフショップ」は、ゴルフ場予約、ニュース、スコアアップ、コミュニティなどゴルフに関わるサービスを総合的に展開するゴルフポータルサイト「GDO」のなかでゴルフ用品の販売を行うECサイトです。取り扱い商品数は14万点を超え、日本最大級の規模を誇ります。

KARTEについて https://karte.io/
「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。
高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プレイド >
  3. 日本最大級のゴルフ用品ECサイト「GDOゴルフショップ」が 「KARTE for App」を導入