株式会社シンカ、NTTコミュニケーションズ株式会社が販売する「通話録音サービス」と「カイクラ携帯通録サービス」の連携販売を開始

〜お客様との対応履歴の一元管理を実現し、より一層のソリューション提供拡大へ〜

顧客接点クラウド「カイクラ」の開発・販売を行う株式会社シンカ(本社:東京都千代田区、代表取締役社⻑ 江尻高宏、以下シンカ)は、シンカが2022年7月よりプレ提供開始した「カイクラ携帯通録サービス」と、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社⻑ 社長執行役員:丸岡 亨、以下NTT Com)が販売する「通話録音サービス」との連携販売を開始いたします。
NTT Comが販売する「通話録音サービス※」は携帯電話で行われる通話を、すべて自動で録音するサービスです。録音された通話はファイル化して受信サーバーに送信され、お客様にて受信サーバーにアクセスすることで、通話内容を事後確認することが可能となります。

シンカが提供する「カイクラ携帯通録サービス」はNTT Comの「通話録音サービス」で取得した通話録音データを、カイクラ上にて、簡単に表示、検索、再生、テキスト化が出来る機能を提供することで、更なるシナジーを発揮します。

このたび、シンカは両サービスのさらなる連携性、利便性向上を目的に、NTT Comと連携販売を開始しました。
これにより、テレワーク時や外出時など、オフィス外での携帯電話によるお客様との対応内容が可視化され、働き方の多様性や電話対応の効率化を実現します。また、「カイクラ」の基本機能であるCTIや通話録音と合わせてご利用を頂くことで、固定電話と携帯電話それぞれのお客様との対応履歴が全て可視化され、会社としてお客様との対応履歴の一元管理の実現が可能となります。

シンカは、本連携販売の開始により、両社のサービスをより効果的にご利用頂くことで、お客様との電話をさらに「おもしろく」し、より一層の販売拡大へつなげてまいります。

※「通話録音サービス」の提供元は株式会社NTTドコモとなります。


■ 顧客接点クラウド「カイクラ」とは


「カイクラ」は、クラウド型のコミュニケーション管理ツールです。
CTIやSMS (ショートメッセージ) 、ビデオ通話、はがきDMなど、顧客コミュニケーションを⼀元管理する機能を有しています。異なるコミュニケーション⼿段を⽤いても顧客ごとにコミュニケーション履歴情報を⼀元管理できるので、担当者以外でもこれまでの経緯を把握した上で、顧客対応することが可能になります。「カイクラ」を利⽤すれば、⾃宅からオフィス電話にチーム対応することも可能。テレワーク時の顧客コミュニケーションもサポートします。

「カイクラ」は2014年8⽉のサービス開始以来、導⼊100業種・業態以上、1,900社、2,900拠点以上で利⽤されています。2015年12⽉にNTT東⽇本正式受託商品として認定され、2016年2⽉第8回千代⽥ビジネス⼤賞特別賞、2018年11⽉世界発信コンペティション2018においてサービス部⾨特別賞、2020年11⽉ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020 のASP・SaaS部⾨⽀援業務系分野にてベストイノベーション賞を受賞。
「企業のあらゆる会話をおもしろくする。」を掲げ、さらなる進化を続けてまいります。


【株式会社シンカについて】
設 ⽴:      2014年1⽉8⽇
本 社:      〒101-0054 東京都千代⽥区神⽥錦町3丁⽬3番地 ⽵橋3-3ビル6階
資本⾦:      887,986千円(資本準備⾦を含む)
従業員数:   50名
事業内容:   ITを活⽤したシステム企画・開発及び運⽤、クラウドサービス商品の企画・開発及び販売、運⽤
      ITサービス利⽤のコンサルティング

【関連サイト】
コーポレートサイト: https://www.thinca.co.jp/
顧客接点クラウド「カイクラ」公式サイト: https://kaiwa.cloud/
会話に関わるお役⽴ち情報メディア「カイクラ.mag」::  https://kaiwa.cloud/media/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンカ >
  3. 株式会社シンカ、NTTコミュニケーションズ株式会社が販売する「通話録音サービス」と「カイクラ携帯通録サービス」の連携販売を開始