廃校の小学校の灯りを再び灯すイベント「森とめぐろ」を10月2日に愛媛県で一番小さな町 松野町で開催します。

地元住民と水際のロッジが1日限定先生と生徒にタイムスリップ!?

四万十川源流、森の国「水際のロッジ」(所在地:愛媛県北宇和郡松野町目黒 滑床渓谷、マネージャー:湯之上美紀、以下 水際のロッジ)は、2022年10月2日(10:00-16:00)に旧松野南小学校(所在地:愛媛県北宇和郡松野町目黒1460)にて水際のロッジと地元住民で廃校に再び明かりを灯す、町民とホテルのコラボイベント「森とめぐろ」第二弾を開催します。

愛媛県で最も人口の少ない3800人の町である松野町の中には、通称「森の国」と呼ばれる目黒集落があります。目黒集落は、四万十川の源流である目黒川が流れ、多種多様な植物と野生動物が棲みつく滑床渓谷など、自然豊かで美しい場所です。一方、目黒集落は深刻な限界集落という問題を抱えており、目黒集落の高齢化率は60%以上、このままだといずれ消滅集落となってしまうかもしれません。

私たちは、2020年より「森の国再生プロジェクト」として、3月に 「水際のロッジ」、9月には「森とパン」をオープンしました。また、この町で53年間続いた「English Camp」の復活や、夏休みの子どもたちの野外教育キャンプ「NAME CAMP」を開催するなど、この約2年半で様々な活動に取り組んでいます。
 

今年4月には地元住民と水際のロッジが身近な存在になることを願い「縁日 森とめぐろ」第一弾を開催しました。初回開催にもかかわらず、多くの方々が足を運び訪れ、第2回を望む声もあり、今回2度目の開催に踏み切りました。
 

「森とめぐろ」は目黒で働く水際のロッジスタッフと、目黒に暮らす地元住民、目黒を訪れる旅人の三者が交流する機会となり、目黒の持続可能なまちおこしに寄与したいと願い、以下3点を目的に企画しています。
(1)  多世代交流の場であった旧松野南小学校で懐かしの再会と新しいつながりを生むこと。
(2)  目黒で働く人と暮らす人、訪れる人がつながる機会になること。
(3)  2018年3月に廃校になった旧松野南小学校を活用し、遊び、学び、集いながらこれからの目黒を考える   機会になること。

 
  • 企画概要
開催日程:2022年10月2日(日)10:00〜16:00
開催場所:愛媛県松野町目黒1460 旧松野南小学校 校内、体育館
入場料:小学生以上 2,000円(給食代込み)(幼児 500円 / 給食から参加の方 1,000円)
授業内容:
【理科】みかん博士になろう!(柑橘ソムリエから美味しいみかんの見分けやみかんの種類を教えてもらいます)
【図工】竹とんぼ名人になろう!(地元のおじいちゃんから高く遠くまで飛ぶ竹とんぼの作り方を教えてもらいます)
【家庭科】おばあちゃんとおやつ(地元のおばあちゃんとおはぎを一緒に作ります)
【音楽】音楽を楽しもう!(お兄さんたちにギターを教わったり、一緒に演奏を楽しみます)
【体育】謎解きゲーム(高校生のお兄さんお姉さんと一緒に行内の謎解きゲームにチャレンジします)
※授業の間は10分休憩となります。

常時開催内容:
藍染め体験、懐かし写真展、目黒なんでもマップ
放課後企画:
歌うま選手権

主催:株式会社サン・クレア
共催:アイブラック 松野町目黒集落の有志のみなさま
後援・協力:松野町


  • 企画担当者の想い

【画像左】森とパン店長:岸本有希
【画像右】水際のロッジフロントスタッフ:前川真生子

4月に第1回を開催した際、コロナ禍で久しぶりのイベントだったこともあり、“久しぶりに集まれて元気をもらえた”“家で1人いてもつまらないから、楽しいイベントがないとね”と地元の方から嬉しいお言葉をいただきました。またロッジスタッフも“いつも以上に目黒の方と交流できた”“自分たちから外に出ていくのも色々学べる良い機会だ”という声があり、開催してよかったと思いました。何より子どもから大人までみんなが笑っている顔を見られたのがとても印象的でした。イベントの最後には、目黒住民のみなさんから2回目はいつする?というお話まで飛び出し、2人でこれはやるしかない!と…。

初回はテーマを「縁日」にしていたのですが、思い出深い南小学校で開催するなら、校舎の中や体育館、中庭など小学校全体を使って交流できるイベントがしたいと思い、今回は「学校」というテーマで大人の方は昔懐かしく、子どもたちはいつもとはひと味もふた味も違う授業を体験できる企画にしました。

森とめぐろというイベントのテーマは今後も様々な形があっても面白いのではないかと思います。多世代が気軽に集まり、遊んで、喋って、笑い合う。その中で、これからの目黒をみんなで考える場になってほしいなと思っています。

 
  • 四万十川源流、森の国「水際のロッジ」について
水際のロッジは、日本最後の清流と呼ばれる四万十川源流、目黒川のほとりにあります。この水のように、気ままに生きてみたくなる。そんな新鮮な気持ちにさせてくれるロッジ型の宿泊施設(客室数10室)です。水際のロッジ併設レストラン「SELVAGGIO」は2021年四国の飲食店として初めて、一般社団法人 日本サステイナブル・レストラン協会による国際的なサステナビリティ格付けである「FOOD MADE GOOD」で二つ星を獲得。
所在地:愛媛県北宇和郡松野町目黒 滑床渓谷
電話番号:0895-43-0331
公式サイト:https://morino-kuni.com/riverside-lodge/


  • 株式会社サン・クレアについて
四万十川源流、森の国「水際のロッジ」など、瀬戸内を中心に地域とつながるホテルを7棟展開。単なるハコのホテル創りではなく、訪れた宿泊者を地域の歴史、文化、食、ヒトの営みとつなげる事で地域の蘇生 (Re-generate)を進めています。ニッポンを真の観光立国へと導くための先駆者となるべく、挑戦を続けています。
本社所在地:広島県福山市城見町1-1-6
代表取締役CEO:細羽 雅之
公式HP: https://sun-crea.biz/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サン・クレア >
  3. 廃校の小学校の灯りを再び灯すイベント「森とめぐろ」を10月2日に愛媛県で一番小さな町 松野町で開催します。