1食当たり糖質10g以下!「低糖質麺の鶏玉子うどん風・カレーうどん風」

糖質88%カット(※)の低糖質麺(うどん風こんにゃく麺)使用の新シリーズ

株式会社 永谷園(社長:飯塚 弦二朗、東京都港区)は、糖質を88%カット(※)した“うどん風こんにゃく麺”を使用した「低糖質麺の鶏玉子うどん風」「同 カレーうどん風」(税抜238円)を、2018年3月5日(月)より全国で新発売いたします。チルド麺市場において、これまでにない具材・汁も入った1食完結タイプに“低糖質”という付加価値を加え、更にレンジで温めるだけで食べられ、冷たいままでもおいしい“簡便”商品を発売することで、市場の更なる活性化を図ってまいります。


◆開発経緯

低糖質関連商品市場は、ダイエット等を意識した飲料アイテムを中心に年々拡大傾向にあります。普段の食事において糖質の量を気にしているか調査したところ、30代以上のどの年代においても半数以上が気にされており、特に女性においては50代以上で約70%の方が気にしているという結果が出ています。(*1)

また、糖質制限を行ったり関心がある理由を調査すると、「健康維持(肥満や病気を防ぐため)」が85%と高く、健康上の必要性というよりも、“健康維持のため”に糖質制限に関心があるという方が多いようです。(*2)最近ではストイックな糖質制限よりも、ゆるやかな糖質制限が支持されていることもあり、本商品は麺メニューとしての満足感はありながら1食当たりの糖質が10g以下になることにこだわり開発しました。
*1)2016年2月実施、当社インターネット調査より。n=15,000
*2)2017年10月実施、社外モニター調査より。n=80

◆商品特長

・糖質88%カット(※)の低糖質麺(うどん風こんにゃく麺)を使用した具入り麺メニューです。
・具とスープ入りのチルド麺なので、材料を準備せず、そのまま食べられます。
・冷たくても、温かくても、どちらでもおいしくお召し上がりいただけます。
・温める場合には、袋のまま、電子レンジで温めるだけで手早くお召し上がりいただけます。
(電子レンジ500Wで2分30秒、または、600Wで2分)
・糖質制限やダイエットなど健康に関心の高い方におすすめです。

 ≪低糖質麺について≫

・糖質88%カット(※)した“うどん風こんにゃく麺”を使用しています。
※)日本食品標準成分表2015年の「うどん(ゆで)」と比較して糖質88%カット
・こんにゃく特有の臭みがない麺を使用することで、“低糖質でもおいしい麺”をお楽しみいただけます。
・こんにゃくを主とした麺のため、時間が経っても伸びず、コシがある麺です。

【鶏玉子うどん風】

・鰹だしの効いた醤油ベースの“つゆ”に、鶏のうま味を加えました。
・かき玉子、人参、ほぐし鶏の具材入りです。
・1食当たり、糖質9.8g、カロリー67kcalです。

【カレーうどん風】

・おそば屋さんのカレーうどんをイメージし、鰹だしに醤油や豚の風味とうま味を効かせました。
・たけのこ、人参、ほぐし鶏の具材入りです。
・1食当たり、糖質9.7g、カロリー74kcalです。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社永谷園ホールディングス >
  3. 1食当たり糖質10g以下!「低糖質麺の鶏玉子うどん風・カレーうどん風」