プロティアン・キャリア協会が経済産業省及び金融庁をオブザーバーとする「人的資本経営コンソーシアム」への参画決定

人的資本経営を最先端プロティアン・キャリア理論・実践手法で支援

組織と個人のより良き関係性構築と個人の主体的なキャリア開発を支援する一般社団法人プロティアン・キャリア協会 (東京都新宿区、代表理事:田中研之輔・有山徹、以下、「当協会」)は、経済産業省及び金融庁をオブザーバーとし、8月25日に設立された、人的資本経営の実践に関する先進事例の共有、企業間協力に向けた議論、効果的な情報開示の検討を行う「人的資本経営コンソーシアム」(https://www.meti.go.jp/press/2022/07/20220725003/20220725003.html)に参画いたします。

 人的資本経営は人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげるものです。2022年5月に経済産業省より発表された「人材版伊藤レポート2.0」をはじめとして、昨今、経営課題と紐づいた人材戦略の実行とその開示の重要性が高まっています。
当協会はこれまで、キャリア自律・キャリアオーナーシップの最先端の理論・実践手法として人的資本が注目される前から社員のキャリアを「キャリア資本」と捉える独自メソッドを2年間で10万人以上の方に届けて参りましたが、そのノウハウを日本経済の発展のために貢献すべく参画を決定いたしました。
【参考】本コンソーシアムの発起人
【発起人代表】一橋大学CFO教育研究センター長 伊藤 邦雄氏
キリンホールディングス株式会社 代表取締役社長 磯崎 功典氏
株式会社リクルート 代表取締役社長 北村 吉弘氏
SOMPOホールディングス株式会社 グループCEO 取締役代表執行役会長 櫻田 謙悟氏
株式会社日立製作所 取締役会長 代表執行役 東原 敏昭氏
ソニーグループ株式会社 代表執行役 会長 兼 社長 CEO 吉田 憲一郎氏
アセットマネジメントOne株式会社 取締役社長 菅野 暁氏
  • 田中研之輔(当協会代表理事/法政大学キャリアデザイン学部教授)のコメント
当協会は、これまで「人的資本の最大化」に取り組んできました。理論的支柱である現代版プロティアン・キャリア論は、「人への投資」の実践的効果を可視化させるために、キャリア資本論の認識枠組みを構築しています。これまでに200社以上の企業、10万人のビジネスパーソンに知見を伝達してきました。今回、人的資本経営コンソーシアムにも会員として参画させていただくことになりました。


伊藤邦雄会長との対談は、NIKKEI STYLEで既に公開されています(https://style.nikkei.com/article/DGXZQOLM109K40Q2A310C2000000/ )。※対談はプロティアン・キャリア協会の活動とは関係はございません。
参画企業の関係者の方々と「人への投資」を促進させるために、「人的資本の最大化」と「人的資本の情報開示」の双方を当協会でサポートしていきます。当協会で育成した公認ファシリテーターは200名をこえました。当協会も全員体制で人的資本経営コンソーシアムの活動を支えながら、より良き社会を創出していきます。
  • 一般社団法人プロティアン・キャリア協会(当協会)概要
所在地:東京都新宿区西新宿3-2-9新宿ワシントンホテルビル本館2F
事業概要:組織開発支援、企業研修、個人向けキャリア資格運営、ISO30414コンサルティング等
代表理事:田中 研之輔(法政大学キャリアデザイン学部 教授)/有山 徹 (4designs株式会社 代表取締役CEO)
設立年月:2020年3月
協会WEBサイト:https://protean-career.or.jp/
メディア「Protean」:https://protean-career.or.jp/column/
Facebook:https://www.facebook.com/protean.fb
Linkdln:https://www.linkedin.com/company/72986319/admin/
お問い合わせ先:info@protean-career.or.jp
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人プロティアン・キャリア協会 >
  3. プロティアン・キャリア協会が経済産業省及び金融庁をオブザーバーとする「人的資本経営コンソーシアム」への参画決定