台風15号による被害を受け、ポケットマルシェが被災生産者を金銭面で支援可能な「応援商品」の販売を開始

被災生産者と応援したい消費者とのマッチングを強化

生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ(ポケマル)」を運営する株式会社雨風太陽(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下「当社」)は、2022年9月に静岡県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号の影響で、当面の生産活動や生鮮品の出品が困難になった生産者を金銭面で支援可能な「応援商品」の販売を開始しました。本商品の販売を通して、自然災害による被災生産者と、応援したい消費者とのマッチングを強化します。


1)台風15号による被災生産者支援の取り組みについて
◆ 背景

2022年9月に発生した台風15号では静岡県の生産現場を中心に被害を受けました。当社にも、ビニールハウスの浸水や苗の水没、資材の廃棄や設備の故障といった被害情報が生産者より寄せられています。このような状況を受け、当社では、この度の台風の被害を受けた生産者の支援を実施します。

◆ 取り組み概要
被災生産者を金銭面で応援可能な「応援商品」の販売を開始

被災したことにより、当面の生産活動や生鮮品の出品が困難になった生産者がいることを受け、被災生産者を金銭面で応援可能な「応援商品」の出品を可能にしました。「応援商品」は、生産物の販売がない金銭支援のみ可能な商品と、生産物がついた商品の2種類を用意しています。

本商品の販売を通して自然災害により被災した生産者と、商品を買って応援したいと考える消費者とのマッチングを促進します。なお、金銭支援のみが可能な「応援商品」の売上は、全額が生産者に支払われます。

2)各地の被害状況について
◆ 静岡県浜松市 大城成之さん(たまねぎ)

https://poke-m.com/producers/23200
2022年9月2日の大雨に加えて、台風15号による大雨により、畑が水没。畝が崩れ、玉葱苗も流されてしまいました。畝も高くしたり、畑の周囲に溝を掘ったりと大雨対策を取っていましたが、それ以上の大雨でした。栽培面積も予定の25%程度を減らさざるを得ない状況になってしまいました。

【応援型商品】令和4年9月台風15号被害
商品ページ:https://poke-m.com/products/290375
※生産物の販売がない金銭支援のみが可能な商品です。

◆ 静岡県磐田市 鈴木幸夫さん(いちご・すいかなど)
https://poke-m.com/producers/18147
静岡県に大雨をもたらした台風15号の影響により最寄りの河川が氾濫しました。地面から60cm以上高くしていたイチゴの苗が水没するほどの水位まで浸水し、資材類の一部は流され、電気設備の一部も故障し廃棄することになりました。今回の被害によりイチゴの枯れや生育遅延が発生し、収穫量の減少は確実となってしまいました。

【応援商品】【台風15号被災】【11月だけ体験出来る特別なイチゴの味】
商品ページ:https://poke-m.com/products/291434
※生産物がついた、11月に配送予定の商品です。

3)当社の支援事例
◆ 自然災害
2020年7月(令和2年7月豪雨)
「#豪雨被害で困っています」タグの設置
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000046526.html

2020年9月(台風9号・10号)
記事およびSNSでの情報発信、「#台風被害で困っています」タグの設置
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000046526.html

2021年8月(令和3年8月豪雨)
まごころ商品の販売、「#令和3年8月豪雨被害で困っています」タグの設置
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000046526.html

2022年8月(令和4年8月豪雨・台風8号)
応援商品の販売、「#豪雨被害のご支援をお願いします」タグの設置
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000046526.html

◆ 新型コロナウイルス感染拡大
2020年3月
「フードレスキュー特集」記事の公開、「#新型コロナで困っています」タグの設置、「食材5%OFFクーポン」の発行
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000046526.html

「#新型コロナを吹き飛ばせ」タグの設置、特集記事の公開
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000046526.html

2020年4月
生産者の審査体制強化
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000046526.html

初回送料無料クーポンの提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000046526.html

初回送料無料クーポンの提供期間延長
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000046526.html

2020年12月
「#フードレスキュー特集」タグの設置、「フードレスキュー特集」記事の公開
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000046526.html

2021年3月
一部商品の送料無料化、150箇所のこども食堂への食材提供
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000046526.html

◆ 東日本大震災
2021年2月
「3.11応援商品」の販売・特設サイトの公開、オンラインイベントの開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000046526.html

【ポケットマルシェについて】
ポケットマルシェ( https://poke-m.com/ )は、全国の農家・漁師から、直接やりとりをしながら旬の食べ物を買うことができるプラットフォーム。提供は2016年9月。現在、約7,100名(2022年9月時点)の農家・漁師が登録し、約15,000品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されている。新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに食への関心が高まり、ユーザ数は約11.3倍、注文数はピーク時に約20倍となり、約59万人の消費者が「生産者とつながる食」を楽しむ。

【会社概要】
会社名: 株式会社雨風太陽
代表者名: 高橋博之
所在地: 岩手県花巻市大通一丁目1番43-2 花巻駅構内
東京オフィス: 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F
事業内容:
・生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営
・寄附者と生産者が繋がるふるさと納税サイト「ポケマルふるさと納税」の企画・開発・運営
・食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営
・親子向け地方留学プログラムの企画・実施
・生産者の販路拡大・地産品の認知向上・関係人口創出を目的とした自治体支援施策の企画・実施
・産直食材を活用したキャンペーンや福利厚生プラン等の企業向けプログラムの企画・実施
URL:https://ame-kaze-taiyo.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社雨風太陽 >
  3. 台風15号による被害を受け、ポケットマルシェが被災生産者を金銭面で支援可能な「応援商品」の販売を開始