【Reproがカンファレンスを開催】消費体験の変革期に企業がどう振舞っていくべきかを考える「Customer Engagement Conference TOKYO」を1/22に開催

~「次世代ユニコーン」米・アンプリチュード、カンヌ・ライオンズ2冠の米・バーガーキングによるKeynote Sessionも~

世界59か国6,500以上の導入実績を持つCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro(リプロ)」を提供するRepro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介)は、2020年1月22日(水)に渋谷ヒカリエで自社初となるカンファレンス「Customer Engagement Conference TOKYO(カスタマエンゲージメントカンファレンストーキョー)」(以下、CEC)を開催いたします。
特設ページ:https://cec-tokyo.com/

カスタマーエンゲージメント(Customer Engagement , 以下CE)とは、企業が顧客と継続的な関係を築いていくという概念です。
モノやサービスを通じて顧客が得る体験的価値である「顧客体験(CX)」という“点”を提供し続けていくことでできる“線”がCEです。

サブスクリプション、OMO、IoTと、顧客を囲い込むためのビジネス戦略や仕組みが近年世界中で広がりをみせ、従来からの手法では顧客の獲得、維持が困難な消費体験の変革期に突入しています。
良いモノを作れば売れるという時代は終わり、今や顧客はモノやサービスを通じて得る「一連の体験」により投資をするか否かを判断する時代です。

今回、私たちReproは今後の世の中がより顧客視点のモノ、サービスで溢れ、企業からの不要なコミュニケーションがない、快適な生活を送ることのできる未来を皆さまと考え、議論し、創造する契機にしたいという想いでCEをテーマとした「Customer Engagement Conference(CEC)」を開催することといたしました。

企業はどのように対応していくべきであるのか、そもそも顧客との関係性はどこからはじまるのか、良好な関係とはどのような状態なのか、お集りの皆さまとともにカンファレンスを創り上げていきたいと思っています。
場所は渋谷ヒカリエ、入場無料です。(※要事前登録)


Keynote Session
「世界の“Customer Engagement”の潮流」をコンセプトに、グロースハック向けユーザー行動分析ツールを提供する、「次世代ユニコーン企業」の呼び声高いAmplitude(アンプリチュード・米国サンフランシスコ)と、世界の広告賞で数々の受賞歴を持つ、世界最大規模のファーストフードハンバーガーチェーン、BurgerKing(バーガーキング・米国フロリダ)からゲストを迎えます。(同時通訳つき)

“顧客との長期的な関係性の築き方”が求められる時代背景、マーケティングの本場アメリカで起きているトレンド、事例を当社代表取締役の平田祐介を交え講演いたします。
 

 

そのほかセッションでは業界著名人をスピーカーに迎え、「2020年のリテールビジネスの最新予測」、「変革の時を迎えたCRM」、「熱狂的なファンはどのように生まれ、育つのか」など、顧客を自分ごととして捉え、カスタマーエンゲージメントについて考えるきっかけとなりうるテーマとなっています。

ご参加いただく皆さまに必ずや学びのある良い体験をCECでご提供いたします。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 
  • 「Customer Engagement Conference TOKYO」概要
イベント名 :Customer Engagement Conference TOKYO(カスタマエンゲージメントカンファレンストーキョー)
開催⽇時  :2020年1⽉22⽇(⽔) 11:00~18:30
会場    :渋谷ヒカリエホール(東京都渋谷区渋谷2-21-1 9F)
参加費   :無料(要事前登録)
想定来場者数:1,000名
申し込み  :https://cec-tokyo.com/
主催    :Repro株式会社
ハッシュタグ:#cectokyo
お問い合わせ :CEC TOKYO 事務局  cectokyo@event-web.net

 
  • Reproについて
「Repro」は2015年にリリースした事業成長につながるカスタマーエンゲージメントを生み出すマーケティングプラットフォームです。現在世界59か国6,500以上(2019年4月時点)のサービスで利用されています。
web・アプリユーザーの行動・属性情報を分析し、ユーザーが動く最適な「体験」と「今」を見える化。分析結果からプッシュ通知・アプリ内メッセージ・webメッセージ・広告配信などのマーケティング施策を一気通貫して実行することができます。
また、よりエンゲージメントを生み出すため、AI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」では、マーケティングの自動化に向けた実証実験と開発を進めており、AIがアプリから離脱する可能性が高いユーザーを約90%の精度で予測することに成功。商用化も実現しています。
Reproは「企業とユーザーのコミュニケーションを最適化する」というミッションのもと、web・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させ、世の中のサービスとユーザーが結びつき、共創し合う最適な体験を実現できる世界を創ってまいります。

社名  :Repro株式会社
所在地 :東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル4F
代表者 :平田 祐介
設立  :2014年4月
事業内容:モバイルアプリ・web向けのCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro」の開発・提供
Twitter :https://twitter.com/reproio
Facebook:https://www.facebook.com/reproio

アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」:https://growthhackjournal.com/
Twitter:https://twitter.com/GrowthHackJnl
Facebook:https://www.facebook.com/growthhackjournal/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Repro >
  3. 【Reproがカンファレンスを開催】消費体験の変革期に企業がどう振舞っていくべきかを考える「Customer Engagement Conference TOKYO」を1/22に開催