プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社YE DIGITAL
会社概要

東京都内初!「スマートバス停」を活用した「デジタルを使いこなす『元気』高齢者育成事業」の環境づくり

板橋区と国際興業が共同で高島平駅バス停にて運用開始

YEデジタル

株式会社YE DIGITALが提供する「スマートバス停」を、東京都板橋区と国際興業株式会社が導入し、同区北部に位置する高島平地域の中心となる高島平駅バス停2番のりばにおいて、2023年12月13日に設置いたしました。本件が、「スマートバス停」の東京都内への初めての導入になります。

  • 板橋区が取り組む「デジタルを使いこなす『元気』高齢者育成事業」

東京都は、2021年3月に策定した「『未来の東京』戦略」で核に据えた「子供、長寿、居場所」において、区市町村と連携して推進し、子供が笑顔で子育てが楽しいと思える社会、誰もが心豊かに自分らしく暮らせる長寿社会、誰もが求める居場所につながることができる社会の実現を目指しています。
その中で板橋区は「長寿」にフォーカスを当て、「デジタルを使いこなす『元気』高齢者育成事業」に取り組んでいます。

同区は、今後ますます進展するデジタル化の波に高齢者が取り残されないよう、実際に体験することでデジタル化への抵抗感をなくすことが重要と考え、デジタルを使いこなす元気な高齢者を育成するために、地域拠点でのデジタル体験環境を整備しています。

今回、この取り組みの一環として、地域のバス運行事業者である国際興業と連携して、「スマートバス停」を導入いただきました。


  • 「スマートバス停」を活用することでデジタル社会の実装を体感


高島平駅バス停2番のりば「スマートバス停」高島平駅バス停2番のりば「スマートバス停」

今回、「スマートバス停」を設置する高島平駅バス停は、板橋区北部に位置し地域でも中心となる東京都交通局(都営三田線)高島平駅の駅前のバス停です。
都営三田線と国際興業が運営する路線バスの交通結節点となっており、中でも2番のりばは4方面行きのバスが運行しているため、多くの地域住民が利用しています。

「スマートバス停」は、時刻表やバス運行情報に加え、お知らせをまとめて確認することができるため、行政情報やイベント案内など、さまざまな情報を発信することで、外出のきっかけづくりへの活用が可能となります。

YEデジタルは「スマートバス停」を活用することで高齢者をはじめ、誰もが身近にデジタル社会の実装を体感でき、公共交通での移動の利便性向上や地域の魅力再発見などを通して、豊かな「まちづくり」の実現に貢献してまいります。



※ 株式会社YE DIGITAL:本社 北九州市小倉北区 代表取締役社長:玉井裕治
※ 国際興業株式会社:本社 東京都中央区 代表取締役社長:南正人

※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。



(詳細)

  • 板橋区高島平駅バス停における「スマートバス停」の運用概要

【設置日】

2023年12月13日


設置場所】
●高島平駅バス停(2番のりば)東京都板橋区高島平8丁目3番地先

「スマートバス停」市街地モデルType-B 1基

●導入主体者
・板橋区(都市整備部)

・国際興業株式会社(運輸事業部) 


●バス運行事業者

・国際興業株式会社(運輸事業部)

●「スマートバス停」表示内容
・接近情報
・時刻表(当該曜日の現在時刻帯を拡大表示)、路線図、乗り場案内 
・お知らせ(行政情報、イベント案内)など

【各社の役割】
・国際興業株式会社:スマートバス停の設置、運用(運輸事業部)スマートバス停の機器販売(商事部)
・株式会社YEデジタル:スマートバス停の開発、導入支援


  • 【スマートバス停とは】

従来、紙でバス停に掲示していた時刻表や路線図、お知らせなどをクラウドから一括配信し、デジタルサイネージや電子ペーパー等に表示します。

IoTや省電力技術を駆使し電子化した「スマートバス停」は、バス利用者にもバス事業者にも便利で使いやすい次世代のバス停です。

様々な人にとって分かりやすい「スマートバス停」はまちづくりを支援いたします。

さらに設置環境やニーズに応じ、Type-A~Type-Dまで4機種のラインアップをご準備しております。



(会社概要)
<商号> 株式会社YE DIGITAL (YE DIGITAL Corporation)
<設立> 
1978年2月1日
<代表者> 代表取締役社長 玉井裕治
<本社所在地>福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号
<事業内容>
ビジネスソリューション

  ‐ ERPグローバル展開支援
  ‐ 顧客業務システム導入
  ‐ 健康保険システムの構築
  ‐ システムコンサルティング
・  IoTソリューション
  ‐ ソーシャルIoT
  ‐ AI・ビッグデータ分析
・  サービスビジネス
  ‐ 運用支援
  ‐ アフターコンサル
<沿革>
・1978 安川情報システム(株)創立
・2003 東証2部上場
・2019 社名を(株)YE DIGITALに変更
・2020 本社を北九州市小倉北区に移転
<企業ホームページ>
https://www.ye-digital.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
東京都港区本社・支社東京都板橋区販売・提供エリア神奈川県麻生区本社・支社大阪府大阪市本社・支社福岡県北九州市本社・支社
関連リンク
https://www.ye-digital.com/jp/product/mmsmartbusstop/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社YE DIGITAL

19フォロワー

RSS
URL
https://www.ye-digital.com
業種
情報通信
本社所在地
福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 APエルテージ米町ビル
電話番号
093-552-1010
代表者名
玉井 裕治
上場
東証スタンダード
資本金
7億500万円
設立
1978年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード