アートストレージ×ホテルの複合施設「KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTELS-」館内に設置するアート作品を1月20日(月)募集開始

東京藝術大学大学美術館長 秋元雄史氏、アーティスト 舘鼻則孝氏が審査員として参加

株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川島純一)は、2020年3月31日に東京浅草エリアに開業を予定している、アートストレージとホテルの複合施設「KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTELS-(ローマ字表記、読み:カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズ)」で、「アートストレージ」のコンセプトを形づくる取り組みとして、館内に設置するアート作品の募集を2020年1月20日(月)に開始いたします。審査により選ばれた作品は、国内外のゲストやメディアが多数訪れる本施設に約2年間展示されます。

KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTELS- 公式WEBサイト https://www.thesharehotels.com/kaika/
アート作品 申込フォーム https://bit.ly/2QqG7U6

 

KAIKA TOKYOについて

「KAIKA TOKYO –THE SHARE HOTELS-」(※1)は、コンテンポラリーアートを公開保管するアートストレージを併設したリノベーションホテルです。1階、地下1階は、現代アートギャラリー(※2)の「見せる収蔵庫」があり、また地下1階から6階の共用部は、アーティストの作品設置スペースとしても機能。いずれも国内外からのゲストが日本の現代アートシーンを体験できる場所となります。

※1:KAIKA(カイカ)という施設名称は、見せる収蔵庫を意味する「開架」という意味に加え、日本のアート文化を広め「開化」させたい、さらに将来的にはアーティストの才能「開花」をサポートしたい、という思いが込められています。
※2:CLEAR GALLERY TOKYO、KOSAKU KANECHIKA、NANZUKA、VOILLD、Yoshimi Arts、YUMIKO CHIBA ASSOCIATES

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000008644.html

応募要項
館内共用部(地下1階から地上6階)に設置するアート作品の募集
本施設を訪れる国内外のゲストに作品を見てもらいたい、又は、作品の保管スペースを探している等、
アートストレージのコンセプトに沿った作品設置プランをお待ちしております。

応募にあたって
・応募作品:作品ジャンルや制作年は問いません。
・作品サイズ:指定なし。但しエレベーターに積載できるサイズ(2m×1.3m×1.3m未満)を超える作品は分割できるものとしてください。
・設置作品数:15点程度 ※審査員による審査によって設置する作品を決定いたします。

審査員


秋元 雄史
Yuji Akimoto
キュレーター、美術評論家。
1955年東京生まれ。
東京藝術大学大学美術館長・教授、
および練馬区立美術館館長。





 


舘鼻 則孝
Noritaka Tatehana
アーティスト。
1985年東京生まれ。
歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。
レディー・ガガの履くヒールレスシューズの作者として知られる。
東京藝術大学卒業。​






応募頂いた提案のなかでアートストレージのコンセプトに沿った優れた作品に賞を授与します。
・KAIKA TOKYO大賞 30万円
・KAIKA TOKYO審査員特別賞(秋元雄史賞) 10万円
・KAIKA TOKYO審査員特別賞(舘鼻則孝賞) 10万円

審査・設置フロー
1)応募期間:2020/1/20(月)~2/21(金)18:00
・応募方法:応募者情報の登録と作品設置プランのオンライン提出

2)下見:2/15(土)受入時間10:30~、13:30~、15:00~
・下見を希望する方は氏名・連絡先・希望時間を2/12(水)20:00までにinfo@noetica.co.jpまでご予約ください。(下見は必須ではありません。)
・現地は工事中ですので、汚れても良い服装でご参加ください。また現場での怪我等は自己の責任でご対応ください。

3)一次審査:2月下旬
・作品設置プランによる審査を行います。審査を通過した方には直接メールまたは電話で通知します。

4)作品設置:3/18(水)~3/21(土)※4日間(一般公開はしておりません)
・搬入・設置はアーティスト自らが行っていただきます。
・搬入・設置にかかる費用として1作品一律5万円(税込)を支給します。

5)最終審査・授賞式・講評会:3/26(木)19:00~
・実物審査により優れた作品に賞を授与します。
・審査員による授賞式を行います。(事前予約制による一般公開を予定。後日HP上にて予約ページを公開予定。)

6)設置・公開:3/31(火)~2年程度
・館内で商談を行うことも可能です。(要事前予約)
・外部での展示や出品等で作品を持出すことが可能です。(要事前相談)

注意事項
・設置や展示方法は施設運営上、調整が必要な場合があります。
・温湿度管理を必要とする作品、電源を多用する作品、監視または人の介助が必要な作品、生物や腐敗する作品は対象外です。
・作品の取り扱いには最善の注意を払いますが、作品が施設内で何らかの損傷を被ったとしても、一切の責任を負いません。
・2年間が過ぎたあと、応募者の負担で現状復旧し作品を撤去搬出して頂きます。
・作品設置期間中は、施設を訪れるゲストにより作品がSNS、Blog等に投稿される可能性があることを予めご了承ください。
・作品設置期間中は、作品がメディアに掲載される可能性があることを予めご了承ください。

申込方法
以下のURLから、応募者情報の登録と作品プランをオンラインでご提出ください。
https://bit.ly/2QqG7U6

企画・運営:株式会社ノエチカ
問合先:info@noetica.co.jp
担当者:高山

概要
・施設名:KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTELS-(カイカ トウキョウ ザ シェア ホテルズ)
・開業日:2020年3月31日予定
・URL:https://www.thesharehotels.com/kaika/
・所在地 :東京都墨田区本所2-16-5
・交通:都営浅草線「浅草駅」徒歩8分 「本所吾妻橋駅」徒歩9分
            都営大江戸線「蔵前駅」徒歩9分
・構造:鉄筋コンクリート造地上6階 地下1階建
・建築年月:1966年
・延床面積:3,764.50㎡
・建築面積:507.89㎡
・客室数:73室
・定員:254名

プロジェクトメンバー
・トータルプロデュース:株式会社リビタ
・アートコーディネーション:株式会社ノエチカ
・統括設計:株式会社アルコデザインスタジオ
・インテリアデザイン:株式会社POINT
・グラフィックデザイン:田中義久
・MD監修/プロモーション運営サポート:株式会社メソッド
・FF&E設計監理 :株式会社セブンスコード
・施工:石黒建設株式会社

【THE SHARE HOTELSについて】

You in Local, New in Local

ザ シェア ホテルズは、その場所にしかない新しい出会いと体験に溢れた場です。

各地に展開する私たちのホテルには、開かれた固有のシェアスペースがあり、
そこには、まちの人々や様々な活動が集まります。

ここを訪れると、まちの今の空気を感じることができたり、
まちの人と出会うことができたり、
個性豊かな活動に参加できたり。
ゲストは様々なスタンスでまちと関わることができます。

私たちは、この場の運営を通じて、まちの人々と国内外のゲストとともに
まちを楽しみ、まちを盛り上げていけたらと考えています。

URL:https://www.thesharehotels.com/

【THE SHARE HOTELS計画の背景】
2005年の創業以来、様々な遊休不動産の活用を手がけてきた当社は、既存ストックを再生するためには、建物(ハード)の魅力向上だけではなく、そこにしかない価値を持続的に生み出すための仕掛け(ソフト)の構築が必要不可欠と考えてまいりました。また、観光の視点で日本の地域のこれからを捉えると、その地域特有のコンテンツや体験機会が求められています。一方で、地方の中心市街地には活用されていない遊休化した不動産が点在し、人通りの寂しくなってしまったエリアも珍しくはありません。そこで、これまで培ってきたリノベーションのノウハウ、様々なコミュニティづくりの経験を活かし、地域の方と旅行者がつながる場と宿泊機能を併せ持つリノベーションホテルを立ち上げました。これからも既存建物を再生したホテルを舞台に、地域に根差した体験・コンテンツ・人との関わりを提供し、地域内外の繋がりが構築され、地域の魅力が持続的に拡散していく場をつくりたいと考えています。

◆物件の有効活用のご相談・ご依頼はこちら
ホテルとしての活用案件を募集しております。お気軽にお問合せ下さい。
株式会社リビタ ホテル事業部:担当 小林 ke-kobayashi@rebita.co.jp
強化エリア:札幌市、松本市、高山市、大阪市、神戸市、福岡市、長崎市、熊本市、鹿児島市
規模:延べ床面積800~1,300坪
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
築年数:築20年~築50年程度
その他:旧耐震物件可能

【株式会社リビタについて】

 

「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物の改修・再生を手がける会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設の企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業を手がけています。
現在、一棟まるごとリノベーション分譲事業の企画・供給実績は48棟1,500戸、また「シェアプレイス」シリーズをはじめとするシェア型賃貸住宅は、都内近郊に19棟1,229室を運営中(2019年3月末時点)。リノベーション分譲事業では、100平米超の面積を有し、立地と資産価値にこだわったマンションを紹介する「R100 TOKYO」や、戸建てリノベーション「HOWS Renovation」も展開。その他、東京内神田のシェア型複合施設「the C」、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」など、暮らしの概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』などにも領域を広げたプロジェクトの企画・プロデュース・運営も多く手がけています。2016年3月にはホテル事業を開始、全国で「THE SHARE HOTELS」を展開。第一号店「HATCHi 金沢」に続き、2017年に「LYURO 東京清澄」、「HakoBA 函館」「KUMU 金沢」、2018年に「RAKURO京都」、2019年に「TSUGU 京都三条」「KIRO 広島」を開業。

名称:株式会社リビタ
設立:2005年(2012年より京王グループ)
代表取締役社長:川島純一
住所:東京都目黒区三田1‐12‐23MT2ビル  
URL:https://www.rebita.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リビタ >
  3. アートストレージ×ホテルの複合施設「KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTELS-」館内に設置するアート作品を1月20日(月)募集開始