食べチョクと群馬県が連携。食材PRと生産者の販路開拓を支援。購買データの分析や賞品・梱包への個別フィードバックを通してリピーター獲得をサポート。

認知度・利用率など6つのNo.1を持つ日本最大の産直通販サイト「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋元里奈)は、群馬県と連携します。群馬県の生産者を対象に、食べチョクへの出店から実際に売れるまでを伴走型で支援する取り組みです。
今回はこれまで行ってきたような特設ページの開設や出品研修会に加え、送料無料キャンペーンの実施・購買データの収集と分析・商品と梱包に対する個別フィードバックを実施します。今回の取り組みを通して生産者の出店・運用スキルの向上を図り、リピーターを創出して登録生産者の継続的な売り上げを作ります。

 
  • 群馬県との連携について

■具体的な支援内容
(1)食べチョク運営事務局による出品・運用支援研修会を2回実施
食べチョクを使ってファンを獲得する方法を説明する研修会を実施します。
・第1回研修
日時:11月19日(金)14:00開始
場所:利根沼田振興局101会議室(沼田市薄根町4412)
・第2回研修
日時:11月26日(金)14:30開始
場所:県庁舎32階NETSUGEN(前橋市大手町1-1-1)
・第3回研修
日時:1月13日(木) 17:00開始
場所:オンライン開催
・第4回研修
日時:1月20日(木) 17:00開始
場所:オンライン開催

※第1回、第2回への申込はこちら
https://www.pref.gunma.jp/06/bg01_00113.html
※第3回、第4回への申込はこちら
https://forms.gle/Vd3UmHATNkYwmy8WA

(2)購買データの収集と分析サポート
購買データの収集と分析を行い、定量と定性面での分析結果を各生産者にフィードバックします。

(3)送料無料キャンペーンの実施
12月下旬頃から数量限定で群馬県の対象商品が送料無料で購入できるキャンペーンを実施します。

(4)商品と梱包に対する個別フィードバック
食べチョクスタッフが商品内容、同梱物、梱包の観点で改善点を生産者さんごとにフィードバックを行います。


(5)群馬県特設ページの開設
食べチョク内に群馬県の特設ページを設置します。合わせてSNSを用いた広報活動も実施します。

■群馬県知事 山本一太様のコメント

群馬県は、豊かな自然環境の中、標高差を活かし、キャベツやなすなどの多彩な野菜のほか、りんごやいちご(やよいひめ)、豚肉などの高品質な農畜産物を生産しています。 これらの農畜産物は、群馬県の魅力を県内外に伝える非常に重要なコンテンツです。群馬県は、そうした農畜産物の健康やおいしさに関する成分を分析するG-アナライズ&PRチームを立ち上げ、その魅力や強みを見出し、積極的にPRを行っているところです。 この度、コロナ禍で急成長している産直ECサイトの「食べチョク」((株)ビビッドガーデン)様と連携した取組みを行うこととなりました。この取組を通じて全国のみなさまに群馬のおいしい農畜産物を味わっていただくとともに、県内生産者の方々の販路拡大に繋がることを大いに期待しております。
 

  • これまでの自治体連携との相違点

食べチョクはこれまで40以上の自治体と連携を行ってきましたが、今回の群馬県との取り組みでは、新たに3つのサポート内容を追加しました。この追加により支援体制を強化し、リピーターを創出して登録生産者の継続的な売上を作っていきます。

■相違点
・送料無料キャンペーンの実施
全国各地の消費者の方に、送料を気にせず群馬県産食材を楽しんでいただくために、送料無料キャンペーンを2021年12月下旬ごろから期間限定で実施します。


・購買データの収集と分析
ECサイトの運用スキル向上のために、購買データの収集と分析を行います。定量と定性面での分析結果を各生産者にフィードバックします。購買データ数は販売力のある食べチョクならではの有効な数が収集可能です。

・商品と梱包に対する個別フィードバック
新たな販路として継続して利用してもらうために、商品と梱包に対する個別フィードバックを行います。30商品限定で弊社が商品を購入し、価格を含んだ商品内容や同梱物、梱包の観点で改善点を個別にフィードバックします。

 

  • 連携背景

■インターネット販売に踏み切れない生産者を支援
農業従事者の平均年齢は68歳。こだわった食材を作っていても、日常的にインターネットを利用していない方も多く、多くの方に魅力が伝わりきらないことがあります。そのような生産者でもインターネット販売に踏み切れるよう、支援実施を決定しました。


■新型コロナウイルスの影響を受け、新たな販路を探す生産者の販路拡大を支援
食べチョクには、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売上の低迷に悩む生産者から多くの問い合わせがあり、2020年2月時点で750軒だった登録生産者は2021年11月時点で5,800軒を突破しました。多くの方が新たな販路を探しているため、支援実施を決定しました。
 

  • 群馬県内の生産者の皆様へ

■応募条件
・群馬県内の生産者であること
・国内で自らが生産した商品であること
・生産者が責任をもって販売すること
・食品表示法等を遵守していること
・その他の食べチョク基準を満たすこと
※食べチョク基準:https://www.tabechoku.com/tabechoku_standard

■応募方法
以下のリンク内に記載してある応募フォームよりご応募ください。
https://www.pref.gunma.jp/06/bg01_00113.html
 

■支援期間 
2021年11月19日(金)〜2022年3月18日(金)
 

  • 群馬県について

■群馬県について
群馬県は標高2,000m級の山々が連なり、そこから流れ出る清らかな利根川水系に育まれた肥沃な平野が広がっています。こうした地形を利用して、標高10mの平坦地から1,400mの高冷地まで耕地が広がっており、豊富な水源と全国トップクラスの日照時間に支えられ、年間を通して新鮮で、おいしく、多彩な野菜や果実、米麦、きのこ、淡水魚などが生産されています。また、全国でも生産量が上位の養豚、酪農輸出により海外でも評価の高い牛肉など、畜産も盛んです。
 

群馬県産食材群馬県産食材

 

  • 自治体担当者の皆様へ

食べチョクは持続的な第一次産業を目指し、自治体の皆様との連携を積極的に検討しています。ぜひ以下よりお気軽にお問い合わせください。

https://forms.gle/EEDoVUHzZsF8B3GeA

 

  • 食べチョクが行う自治体連携について

食べチョクは、生産者の販路拡大のサポートをすることを目的として40以上の自治体との連携を行ってきました。
特設ページURL:https://www.tabechoku.com/slp/government


■食べチョクと連携することでできること
・ECサイトを利用した農林水産物の販路拡大
・特産品のブランディング
・食や一次産業の体験を通じた根強いファンの獲得

 

■自治体との取り組み事例
・2021.10:「大阪府」と連携し、大阪産(もん)の販売促進や若手生産者を中心とした出品サポートを実施。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000143.000025043.html

・2021.7:「新潟県」と連携し、販促施策の実施や出品サポートを実施。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000025043.html


・2021.7:「愛媛県」と連携し、出品サポートを強化。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000025043.html


・2020.8:「佐賀県」と連携し、佐賀県生産者の出品から売れるまでをサポート。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000025043.html


・2020.12 :「兵庫県姫路市」と協働し、店頭で品定め・買うのはネットの「売らない店」を出店。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000025043.html


・2020.1:「熊本県球磨郡錦町」と連携し、出品サポートを強化。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000025043.html
 

  • 食べチョクが行う生産者サポートについて

食べチョクは登録している全生産者に対して、サポートを実施しています。

■LINEやメールでの常時サポート
生産者が食べチョクを利用する上でお困りのことがあった際にはLINEやメールで随時サポートを実施しています。トラブルが発生した際には食べチョク運営事務局と生産者の協働で解決します。

■食べチョクの運用方法に関する相談会
売れ行きや運用方法についての相談会を毎週実施しています。また、お客様に満足いただける梱包や配送についての勉強会や喜んでもらえるコミュニケーションなどの勉強会も随時開催しています。
 

  • 食べチョクについて

⾷べチョクは、こだわり⽣産者から直接⾷材や花きを購⼊できる産直通販サイトです。日本の産直通販サイト(※1)の中で認知度や利用率などの6つのNo.1(※2)を獲得しています。
野菜・果物をはじめ、米・⾁・⿂・飲料といった⾷材全般と、花き類を取り扱っています。また好みに合う⽣産者を選んでくれる野菜定期便「⾷べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「⾷べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せができるのが特徴です。また、友達と分けあえる「共同購⼊」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い⽅を提供しています。
2021年7⽉にはユーザー数は50万人、登録⽣産者数は5,800軒を突破し、30,000点を超えるこだわりの逸品が出品されています。


・URL:https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079
・Android版アプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tabechoku.android
・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/

 

(※1)産直通販サイト:生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型の通販サイト
(※2)国内産直通販サイトの中で、「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数「SNSフォロワー数」「生産者認知度」の6つでNo.1を獲得。
プレスリリースURL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000025043.html

 

  • ビビッドガーデンについて

代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル4F
設立日:2016年11月29日
事業内容:全国の生産者から食材や花などを直接購入できるオンライン直売所『食べチョク』の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ビビッドガーデン/食べチョク >
  3. 食べチョクと群馬県が連携。食材PRと生産者の販路開拓を支援。購買データの分析や賞品・梱包への個別フィードバックを通してリピーター獲得をサポート。