クックパッド、京急電鉄、横浜銀行が三浦半島地産品の販路拡大支援を開始

駅構内・店舗内合計8カ所にクックパッドマートの受取拠点を設置

クックパッド株式会社、京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)、株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループの子会社である株式会社横浜銀行(以下、横浜銀行)は、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を京急線駅構内、横浜銀行店舗内に設置し、2022年4月6日(水)から商品受け取りサービスを開始します。

これは、みなとみらい地区に本社を置く3社が、三浦半島の地産品の販路拡大の支援に共同で取り組むものです。既に設置済の京急川崎駅に加えて、新たに「マートステーション」を設置する京急線の3駅(青物横丁駅、京急富岡駅、金沢文庫駅)、横浜銀行の4店舗(上大岡支店、弘明寺支店、磯子支店、たまプラーザ支店)の合計8カ所で、帰宅時や銀行立ち寄り時などに食材の受け取りが可能となります。

また、3社は共同で、三浦半島の生産者支援や販売サポートにも取り組むことで、「川上」(生産者開拓)から「川下」(販路拡大)まで、トータルで三浦半島や京急沿線の地産地消を進めます。さらに、「クックパッドマート」アプリ内では「三浦半島地産品特集」を展開し、生産者やレシピ等の紹介を行うとともに、食材の定期便販売などについても検討します。

今後は、京急電鉄と横浜銀行がパートナーシップを締結し、取り組むエリアマネジメント活動と連携し、観光型MaaS「三浦COCOON」との連携、地産品マルシェの開催、商品価値の磨き上げなどについても検討し、三浦半島の生産者・食品関連事業者の支援に取り組みます。


■「クックパッドマート」を活用した三浦半島地産品の販路拡大支援について
三浦半島の地産品の販路拡大の支援を目的に、クックパッドが運営する生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を京急線駅構内、横浜銀行店舗内に設置します。また、共同で三浦半島の「生産者」や「食品関連事業者」を開拓するとともに、「クックパッドマート」アプリ内では三浦半島の地産品特集の実施などで「食」を通じた地域活性化を行います。



■「マートステーション」の設置について
「クックパッドマート」は、地域の生産者や販売店から新鮮な食材を直接購入できるサービスです。購入商品は「マートステーション」で受け取ります。野菜や鮮魚、精肉などの生鮮食品を事前注文して、新鮮な状態で受け取ることができます。受け取り場所・時間も選択可能で仕事帰りなどに店舗へ寄らずすぐ受け取ることができます。

【マートステーション設置場所(2022年3月23日(水)時点】

設置場所 営業開始日
青物横丁駅 2022年4月27日(水)
京急富岡駅 2022年4月27日(水)
金沢文庫駅 2022年5月開始予定
京急川崎駅 ※設置済 2021年6月設置
横浜銀行上大岡支店 2022年4月6日(水)
横浜銀行弘明寺支店 2022年4月6日(水)
横浜銀行磯子支店 2022年4月6日(水)
横浜銀行たまプラーザ支店 2022年4月6日(水)

 


■メディア掲載、取材に関するお問い合わせ
以下の問い合わせフォームより具体的な内容(ご企画のテーマ、質問項目、取材希望日など)を記載してお送りください。広報担当より直接お返事いたします。
広報へのお問い合わせフォーム:https://info.cookpad.com/contact/pr


■参考情報

【「三浦半島でのエリアマネジメントに関するパートナーシップ」について】
「都市近郊リゾートみうらの創生」実現に向けエリアマネジメント組織「COCOONファミリー」を組織し三浦半島の活性化に取り組む京急電鉄と、神奈川県内において地域課題の解決に取り組む横浜銀行が連携し、三浦半島でのエリアマネジメント活動において両社のリソースやネットワークを活用し、共同で三浦半島のエリア価値向上を目指すことを目的に、2022年3月23日(水)に本パートナーシップを締結した。

今後エリアマネジメント組織「COCOONファミリー」および観光型MaaS「三浦COCOON」を基盤とし、地域の事業者など124団体(2022年3月23日時点)が参画する「COCOONファミリー」に加え、三浦半島での事業を検討する事業者に対し、両者リソースを活用した事業化支援を実施する。


【生鮮食品EC「クックパッドマート」について】
生産者と生活者をつなげる生鮮食品ECプラットフォームとして2018年9月よりサービス開始。地域の生産者、卸売市場の仲卸、商店街の専門店、飲食店や惣菜店など、700店を超える出店者が販売する約1万3千種類の商品を、1品から送料無料で購入できます。商品は店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」に届けられ、好きな時間に受け取れます。「マートステーション」は現在、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のコンビニエンスストアやドラッグストア、駅構内、商業施設、マンションなど約700ヵ所から選べます。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/


【クックパッドについて】
クックパッド株式会社は「毎日の料理を楽しみにする」をミッションに掲げる、料理とテクノロジーの会社です。国内で月間約5,600万人が利用し日本を含む世界74カ国・地域、32言語で展開する料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」、買い物をもっと自由にする生鮮食品EC「クックパッドマート」、健康な心身をつくる幼児向け食育絵本「おりょうりえほん by Cookpad」などを運営しています。私たちは料理を通じて、人、社会、地球の豊かな未来を目指します。

社名 : クックパッド株式会社 https://info.cookpad.com
本社所在地 : 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 WeWorkオーシャンゲートみなとみらい 7F/9F
代表者 : 代表執行役 岩田 林平(いわた りんぺい)
資本金 : 5,286,015千円(2021年12月末)
設立年月日 : 1997年10月1日
従業員数 : 487人(2021年12月末 連結ベース)
主要事業 : 毎日の料理を楽しみにする事業

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クックパッド >
  3. クックパッド、京急電鉄、横浜銀行が三浦半島地産品の販路拡大支援を開始