この1年、スイーツを食べるなら「外」よりも「家」で スイーツを食べると「幸せな気持ちに」

-スイーツに関する調査(2021年)-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「スイーツに関する調査(2021年)」を実施しました。
春になり、様々な場所で春らしいスイーツを見る機会も増えてきたように思います。今回は、この1年の家/外でのスイーツ喫食機会の変化やスイーツを食べることに対する気持ち、この春に食べたい/買いたいスイーツなどについて聴取しています。
◆自主調査リリースの続きはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/report/life/20210407sweets/ 


■調査結果
  • この1年で、家でスイーツを食べる機会が増えたのは3割程度。一方、約半数は、外でスイーツを食べる機会が減少。
昨年同時期(2020年4月)から、スイーツを食べる機会の変化を聴取したところ、家で食べる機会が増えたと回答したのは32.8%。 一方、外でスイーツを食べる機会については、50.2%が減ったと回答した。新型コロナウイルスの流行により、外でスイーツを食べる機会が大きく減少し、家で食べる機会が一定数増えていることがうかがえる。<図1>

 
  • スイーツを食べると「幸せな気持ちになる」「気分転換になる」という回答が約半数にのぼる。 2割程度は、「体重が気になるけどつい食べてしまう」という回答も。
スイーツを食べることに対する気持ちでは、「幸せな気持ちになる」「気分転換になる」が5割程度を占めたが、3番手には「体重が気になるけどつい食べてしまう」という回答も挙がった。<図2>
  • この春に食べたいスイーツは、家でも食べられるコンビニスイーツが最多。 春といえば、いちごや桜モチーフのスイーツがイメージとして多く挙がる。
この春に食べたい/買いたいスイーツでは、「コンビニスイーツ」が52.5%と最も多く挙がり、特に、スイーツを家で食べる機会が増えた層では、 7割近くを占める。家でも気軽に食べられるコンビニスイーツの人気が高まっていると考えられる。<図3>


「この春、スイーツといえば」で思い浮かべるスイーツでは、旬のいちごや桜モチーフを挙げる人が多くみられた。<図4>


◆クロス集計表のダウンロードはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/report/life/20210407sweets/ 

■調査項目
□属性設問
□昨今の状況下で、現在、あなたが 「してもいい」と思う外出を伴う行動
□2020年4月からの家/外でのスイーツ喫食機会の変化
□スイーツを食べることに対する気持ち
□この春に食べたい/買いたいスイーツ
□「この春、スイーツといえば」で思い浮かべるスイーツ

■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域:全国47都道府県
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:4月2日(金)~ 4月4日(日)
有効回答数:本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

■会社概要
会社名 : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クロス・マーケティング >
  3. この1年、スイーツを食べるなら「外」よりも「家」で スイーツを食べると「幸せな気持ちに」