温泉道場と埼玉県内蔵元が異業種コラボ。コロナ禍で消費量減の日本酒お助けイベントを開催!

「コロナ禍において、冠婚葬祭やイベントが減少し、日本酒の消費が落ち込んでいる。酒粕が大量に余っている」そんな代表同士のSNS上での情報交換がコラボレーションのきっかけ。

株式会社温泉道場(本社:埼玉県比企郡ときがわ町、代表取締役社長:山﨑寿樹)が運営する埼玉県内の温浴施設5店舗では、県内の若手蔵元2蔵と協力して、3月22日〜4月4日の期間中、日本酒を活用したイベントを実施します。

写真左より松岡醸造 次期蔵主 松岡奨氏、O Park OGOSE料理長 長瀨哲大、石井酒造 八代目蔵主 石井誠氏写真左より松岡醸造 次期蔵主 松岡奨氏、O Park OGOSE料理長 長瀨哲大、石井酒造 八代目蔵主 石井誠氏

このイベントでは、石井酒造(本社:埼玉県幸手市、代表取締役社長:石井誠)と松岡醸造(本社:埼玉県幸手市、代表取締役社長:松岡良治)の日本酒や酒粕を使用した日本酒風呂や甘酒風呂、甘酒パックなどを各店で実施します。また、4店舗のレストランにて、今回のイベントのために開発した酒粕を使用した特別メニューを提供します。
 


■今回のイベントの背景
「コロナ禍において、冠婚葬祭やイベントが減少し、日本酒の消費が落ち込んでいる。酒粕が大量に余っている」そんな温泉道場と石井酒造の代表同士のSNS上での情報交換がコラボレーションのきっかけ。フードロスを少しでも減らしたい、温浴施設で酒粕や日本酒を活用できないかという思いから、今回のイベントへの準備が進められました。3月上旬には、O Park OGOSEに両蔵元を招き、酒粕を活用した料理の試食会を実施しました。

今回のイベントを皮切りに、今後も「飲むこと」以外での日本酒の活用方法を発信し、地元埼玉の日本酒やローカルの事業を盛り上げていきたいと考えます。

イベント期間:3月22日(月)~4月4日(日)

イベント内容:
1)日本酒風呂・甘酒風呂・甘酒パックの提供
対象店舗にて実施。店舗によって実施内容や期間は異なります。
 
2)酒粕を使用した特別メニューの提供
酒粕を使用したパスタ、パンサラダ、手羽先の粕漬け焼きなど、酒粕がふわっと香るお料理を、おふろcafé utataneを除く店舗のレストランにて提供。

対象店舗:
昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(埼玉県比企郡ときがわ町) https://tamagawa-onsen.com/
おふろcafe 白寿の湯(埼玉県児玉郡神川町) https://ofurocafe-hakujyu.com/
おふろcafe utatane(埼玉県さいたま市)https://ofurocafe-utatane.com/
おふろcafe bivouac(埼玉県熊谷市) https://ofurocafe-bivouac.com/
BIO-RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE(埼玉県入間郡越生町) https://opark.jp/

■株式会社温泉道場
2011年3月創業。埼玉県を中心に「おふろcafe(R)」ブランドをはじめとする温浴施設や、リゾート施設の運営やコンサルティング、地域事業投資再生支援を行う。「おふろから文化を発信する」の企業理念の下、業界での新たな価値創造、地域活性化への貢献、人材の育成を目指して活動しています。
http://onsendojo.com/

■石井酒造株式会社
天保11年(1840年)に初代石井欣兵衛(きんべえ)が埼玉県幸手市にて創業。代表銘柄は「豊明」。八代目蔵主の石井誠氏は「並行複発酵」というユニットでYouTuberとしても活躍中。
埼玉県幸手市南2-6-11
https://www.ishii-syuzo.jp/home.html

■松岡醸造株式会社
江戸末期の嘉永4年(1851年)創業。埼玉県最多連続記録8年連続金賞受賞酒蔵(通算17度)。代表銘柄は「帝松」。庭園内で営む酒蔵レストラン「松風庵」も人気。
埼玉県比企郡小川町大字下古寺7-2
https://www.mikadomatsu.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社温泉道場 >
  3. 温泉道場と埼玉県内蔵元が異業種コラボ。コロナ禍で消費量減の日本酒お助けイベントを開催!