建設現場改善を目指す「匠アワード」を初開催

20,000社からのアイデアを省力化や働き方改革につなげる

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)の施工協力会社から成る会員制組織、大東建託協力会(本部:東京都港区)は、本年度から、建設現場の作業員から改善アイデアを公募・表彰する「匠アワード」を初めて開催します。4月から9月にかけて募集したアイデアを審査し、2022年1月に表彰します。
本アワードは、大東建託協力会に所属する施工協力会社(20,049社)から生産性向上につながる事例や提案を公募し、優秀事例を表彰するものです。本年度以降毎年の開催を予定しており、現場から挙がった事例を共有することで、建設現場の安全・品質向上や省力化・現場環境向上を図ります。
■ 建設現場の人手不足の解決に貢献
厚生労働省の「労働経済動向調査」(2021年2月)によると、産業別の正社員等労働者の過不足について、建設業では労働者が「不足」しているという回答の割合が「過剰」(3%)を47ポイント上回っています。これは医療・福祉業に次ぐ数字で、深刻化する業界の人手不足の現状を示しています。

効率化による人手不足解消のため、当社はこれまでも、現場の優秀事例を募集・社内展開する取り組みを進めてきましたが、募集対象は社員に限定されていました。この度「匠アワード」を新設したことにより、約20,000社の施工協力会社から、より多くのアイデアを募ることができます。20,000社の多様なアイデアを取り入れ、施工協力会社と共にさらなる現場環境の改善を目指します。

■ 「匠アワード2021」開催概要
【名称】       「匠アワード2021」
【主催】   大東建託協力会
【応募資格】 大東建託協力会に所属する全作業員
【応募基準】
〇 安全・品質・CSにおいて省力化や工程短縮、現場環境向上が見込める事例
〇 当社の商品・工事現場において、効果が確認できる事例・提案
【審査基準】
生産性向上=作業時間短縮(省力化・工程短縮)に対する効果を評価
現場環境向上や働き方改革に対する効果を評価
【審査基準】
生産性向上=作業時間短縮(省力化・工程短縮)に対する効果を評価
現場環境向上や働き方改革に対する効果を評価
【日程】
募集期間:2021年4月22日~9月10日
1次審査:2021年10月         2次審査:2021年11月
3次審査(全国大会):2021年12月   最終審査:2022年1月
【表彰】
入賞者には、工具や機器、グルメや雑貨などと引き換えられるポイント最大500,000円相当を進呈します。
〇表彰等級
金賞(1提案):500,000円相当
銀賞(1提案):300,000円相当
銅賞(3提案):200,000円相当
優秀賞(1提案):100,000円相当

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大東建託株式会社 >
  3. 建設現場改善を目指す「匠アワード」を初開催