【ウィズコロナ×覆面調査】「新型コロナウイルス対策覆面調査」サービス開始

~安心・安全なサービス提供に向けてニューノーマルの接客様式を開発~

 流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067、以下「当社」)の子会社で、総合マーケティングリサーチ事業を展開する株式会社RJCリサーチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 守住邦明、以下 「当社」)は、ウィズコロナ時代におけるニューノーマルに対応すべく、コロナ禍での顧客満足度向上、ならびに更なる安心・安全なサービス提供に向けて、企業様の独自のガイドラインや内閣官房ホームページ内の 「新型コロナウイルス感染症対策」 のガイドライン(https://corona.go.jp)を参考にした 「新型コロナウイルス対策覆面調査(以下、「コロナ対策覆面調査」)」 サービスを開始いたしました。

◆「コロナ対策覆面調査」 とは

 新型コロナウイルスの影響による様々な自粛要請や制限が解除され、経済活動は再開に向けて動き出しておりましたが、再度新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあります。それに伴い、お客様も店舗のコロナ対策に対して敏感になっており、飲食店をはじめとした流通小売店舗に対して、「お店を利用したいが、コロナ対策がされているか不安を感じる」 等、店舗でのコロナ対策の実施有無が来店動機の大きな要素となっております。また、お客様の意識やそれに基づく生活様式は、以前と同じ状態に戻るわけではなく、ウィズコロナ時代に合わせて変化していくものと考えられています。

 このような背景もあり、現在飲食店をはじめとした流通小売店舗では、コロナ対策を導入されている企業様が増えており、危機管理やコロナ対策への取り組みが注目されております。このような状況下で、コロナ対策に取り組む企業様より 「コロナ対策について、オペレーション通りに店舗で実施できているか確認したい」 、 「お客様の視点から店舗で取り組むコロナ対策をどのように感じたかナマの声を知りたい」 等のご相談をいただく機会が増えているため、この度 「コロナ対策覆面調査」 サービスを開始いたしました。
 


 「コロナ対策覆面調査」 を実施することにより、店舗でのコロナ対策の徹底度、ならびに従業員の意識を高めるとともに、それらの対策がお客様に伝わっているかどうかを検証することができます。ウィズコロナ時代における顧客満足度向上、ならびにコロナ対策覆面調査を実施していることを打ち出すことで、お客様に対して 「コロナ対策に取り組む企業」 として、企業のイメージアップに繋げることも可能です。


◆「コロナ対策覆面調査」 導入メリット

【来店の後押し】
店舗でのコロナ対策の実施有無は、お客様が店舗選定をする際の大きなポイントになります。

【店舗でのコロナ対策への意識強化、徹底率向上】
覆面調査を通じて、第三者の目線からコロナ対策が出来ているかをチェック・フィードバックすることにより、店舗スタッフのコロナ対策への意識を強化出来るとともに、徹底率向上へ繋げることができます。

【企業イメージアップ】
コロナ対策を実施していることを打ち出すことで、企業のイメージアップへ繋げることができます。


◆ 導入事例

■ 商業施設様 (150店舗)
・ 入店時にアルコール消毒の設置やアルコール消毒の声掛けがあったか。
・ スタッフはマスクを着用していたか。
・ レジにビニールシート等、飛沫防止策を施していたか。
・ ソーシャルディスタンスを保つ工夫をしていたか。

■ 居酒屋チェーン様 (130店舗)
・ 入店時に検温の依頼があったか。
・ スタッフはマスクを着用していたか。
・ 調理スタッフは手袋を着用していたか。

※ 上記調査はクライアント企業様のガイドラインに基づいた調査項目となります。


◆ お客様視点での 「コロナ対策の印象チェック」 も可能

・ 店舗の外からコロナ対策を実施している様子が確認できたか。
・ メニューやテーブルをスタッフが除菌している様子を見かけましたか。
・ 店内の混雑状況、席の配置についてどのように感じたか。
・ 店舗衛生面で不快に感じた部分はあったか。

 当社は、今後も様々なシーンにおいて企業様のサポートを行い、各業界・業種の発展に寄与出来るよう、サービス向上に努めて参ります。

※ 調査対象者の属性、人数、拘束時間、その他調査に関わる調査条件等により費用が異なります。お見積のご相談はお気軽にお問い合わせください。


◆ 株式会社RJCリサーチ 会社概要

社名 : 株式会社RJCリサーチ(インパクトホールディングス株式会社100%子会社)
事業内容 : 市場調査、世論調査、社会調査の企画設計、実施、集計分析、報告書作成、リサーチ・コンサルティング(最適な企画設計・分析手法のご提案)、 各種統計資料、一般資料の収集と分析などを提供。
所属団体 : 財団法人 日本世論調査協会、一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会、ESOMAR(ヨーロッパ世論・市場調査協会)
設立 : 1967年 ※2017 年12 月に分社化により新会社として設立
資本金 : 12百万円 ※2019年12月末時点
代表者 : 代表取締役社長 守住 邦明
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 30名(電話調査員・パート15名含む) ※2019年12月末時点
WebURL : https://www.rjc.co.jp/


◆ インパクトホールディングス株式会社 会社概要

社名 : インパクトホールディングス株式会社 (東証マザーズ・証券コード:6067)
事業内容 : 流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28万人を超える。
設立 : 2004年2月
資本金 : 1,325百万円 ※2020年3月末時点
代表者 : 代表取締役社長 福井 康夫
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 1,372名(うち正社員 445名) ※2020年1月末時点
コーポレートサイト : https://impact-h.co.jp/
サービスサイト : https://impact-h.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インパクトホールディングス株式会社 >
  3. 【ウィズコロナ×覆面調査】「新型コロナウイルス対策覆面調査」サービス開始