【岡山大学】令和4年度「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」(OUフェローシップ)研究成果報告会を開催しました

2022(令和4)年 9月 28日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/
 



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)は2022年9月20日、令和4年度「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」(通称:OUフェローシップ)の研究成果報告会を本学津島キャンパス(岡山市北区)にある創立五十周年記念館で行いました。

 報告会は、OUフェローシップ認定者が各自の研究をわかりやすく紹介したポスターを作成、掲示する「ポスターセッション」形式で開催。OUフェローシップ認定者37人のほか、若手研究者アカデミー会員、教員、博士前期課程学生ら約30人が参加しました。

 初めに、那須保友理事(研究担当)・副学長が「研究力の向上にはさまざまな人とのコミュニケーションが欠かせない。この機会を活用し、互いの交流を深めて欲しい」とあいさつしました。

 その後、OUフェローシップ認定者は二組に分かれ、ポスターについてプレゼンテーションし、若手研究者アカデミー会員ら来場者と、自らの研究を題材に熱い議論を交わしました。
 

報告会の模様報告会の模様

 

議論を交わす参加者たち議論を交わす参加者たち

 

(左から)那須理事、TIANさん、合原さん、宮本さん、大塚教授(左から)那須理事、TIANさん、合原さん、宮本さん、大塚教授


 報告会では、OUフェローシップ認定者らが、とくにユニークだと思った発表や工夫がなされていると思った発表に投票するコンテストも実施。大学院医歯薬学総合研究科の合原勇馬さん、大学院自然科学研究科のTIAN Weihangさん、大学院ヘルスシステム統合科学研究科の宮本 愛さんが同数で最優秀発表賞に選ばれました。

 閉会にあたっては、那須理事が最優秀発表賞を受賞した3人に表彰状と副賞を授与した後、本事業の統括支援を務める大塚愛二・研究推進機構教授(特任)があいさつ。「最優秀発表賞受賞者とその他の方の得票差はわずか。どの発表も熱意にあふれていてよかった」と総評し、「コロナ禍により、今までは交流会を開催できなかったが、今後はこのような機会を設けていきたい。みなさんからもぜひ、企画を提案して欲しい」と呼びかけました。
 

参加者と関係者の集合写真参加者と関係者の集合写真



〇「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」(通称:OUフェローシップ)
 岡山大学は、2021年2月に文部科学省「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」の採択を受け、同制度を創設。その後、2021年9月にJST「次世代研究者挑戦的研究プログラム」にも採択されました。
 OUフェローシップは、認定者に対し、フェローシップ(研究奨学金)として研究費(年間40万円~110万円)・生活費相当の支援金(年間180万円)を支給するとともに、さまざまな取り組みで研究力向上とキャリアパス確保を支援する制度です。
 令和5年度分については、9月26日で募集を終了していますが、令和6年度以降も継続して実施する予定です。
 制度の詳細については下記をご覧ください。
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/topics/oufellowship-r5call/
 


◆参 考
・「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ(OUフェローシップ)」を創設
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000072793.html
・「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」令和3年度認定証授与式を挙行しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000072793.html
・【岡山大学】令和3年度「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」(OUフェローシップ)タイプB認定証授与式を挙行しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000439.000072793.html
・【岡山大学】令和4年度「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」(OUフェローシップ)認定証授与式を挙行しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000654.000072793.html


◆参考情報
・国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「次世代研究者挑戦的研究プログラム」
 https://www.jst.go.jp/pr/info/info1519/index.html
・文部科学省「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」(文部科学省)
 https://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/fellowship/index.htm


◆岡山大学における大学院生・若手研究者等支援の取組
 2020年度から、45歳以下の若手研究者を対象とした新たな3つの制度を開始しています。
 ①「学術研究支援員事業」:研究専念環境の改善の一環として、研究活動に必要な業務を行う支援者を雇用するための経費を助成
 ②「研究奨励金助成事業」:若手研究者の自由な発想で挑戦的な取り組みを支援することを目的に、研究代表者として獲得した外部資金の額に応じて研究費を助成
 ③「若手科学者アカデミー」:優れた実績を有する若手研究者と次世代の担い手となる若手研究者の組織化によるネットワーク構築と人材育成を推進
 



◆本件問い合わせ先
 岡山大学 研究協力部 研究協力課(OUフェローシップ事務局)
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8462
 E-mail:ou-fellowship◎adm.okayama-u.ac.jp
     ※@を◎に置き換えています
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/kenkyusha/ou-fellowship/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学SDGs~地域社会の持続可能性を考える(YouTube):https://youtu.be/Qdqjy4mw4ik
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年10月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000905.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html

国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人岡山大学 >
  3. 【岡山大学】令和4年度「岡山大学科学技術イノベーション創出フェローシップ」(OUフェローシップ)研究成果報告会を開催しました