日本初!廃棄プラスチック素材を使用したエポスカードが誕生 ~環境への配慮を強化し、共創サステナビリティ経営を推進~

丸井グループのクレジットカード事業会社である株式会社エポスカード(東京都中野区、代表取締役社長:斎藤 義則、以下エポスカード)は、2021年4月15日(木)より、自社で発行するクレジットカード「エポスカード」の素材を、国際ブランド付きクレジットカードとして日本初となる「廃棄プラスチックのリサイクル素材」へ切り替えを始めます。このたびの切り替えを通じ、よりサステナブルなカードへと進化し、共創サステナビリティ経営をさらに推進してまいります。

 

■ よりサステナブルなカードへと進化
 このたびエポスカードで新たに使用する素材は、産廃工場から出た廃棄プラスチックを回収したリサイクル素材を使用しております。
 リサイクル素材への切り替えにより、従来のカードと比べ、1枚あたり最大約9.8グラム※1のCO₂削減につながります。今後、自社で発行するすべてのエポスカードをリサイクル素材へ切り替えた場合、5年間で最大約90トン※2のCO₂削減効果が見込まれ、同じ量のCO₂を吸収するために必要な森林面積は東京ドーム約2個分に相当します※3。

※1 カード製造会社の取引先からのデータを元に自社で策定
※2 エポスカードの年間発行枚数×5年間で試算
※3 林野庁HP参照

■ 取り組みの背景
 丸井グループでは、環境への配慮、社会的課題の解決、ガバナンスへの取り組みとビジネスが一体となった未来志向の「共創サステナビリティ経営」を進めています。
 当社グループの長期ビジョン・長期目標を宣言した「丸井グループ ビジョン2050」では、地球と共存するサステナブルな選択肢を提供する「グリーン・ビジネス」への注力を宣言しており、グループの店舗・事業所への再生可能エネルギーの導入や、店舗でお渡しするショッピングバッグをプラスチック製から環境負荷の低い紙製へ変更するなど、CO₂削減に向けてさまざまな取り組みを進めています。そしてエポスカードでは、この取り組みの一環として「クレジットカードへの廃棄プラスチックのリサイクル活用」について、カード発行のパートナー企業さま(大日本印刷株式会社さま・凸版印刷株式会社さま)と検討を進めてまいりました。そしてこのたび、パートナー企業さまのご協力により、日本初となる「廃棄プラスチックのリサイクル素材を使用した国際ブランド付きのクレジットカード」の実現にいたりました。
 

※当社グループのめざす「共創サステナビリティ経営」「丸井グループ ビジョン2050」についてはこちら
「共創経営レポート2020(日本語版)」
https://www.0101maruigroup.co.jp/ir/lib/i-report.html
「VISION BOOK 2050(日本語版)」
https://www.0101maruigroup.co.jp/sustainability/lib/s-report.html

■ エポスカードの概要

 


商号     :株式会社エポスカード
本社所在地  :〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話   :03(4574)0101
URL    :https://www.eposcard.co.jp
代表取締役社長:斎藤 義則
事業内容   :クレジットカード業務、クレジット・ローン業務

■ 丸井グループの概要
商号     :株式会社丸井グループ
本社所在地  :〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話   :03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
URL    :https://www.0101maruigroup.co.jp
代表取締役社長:青井 浩
おもな関連会社:㈱丸井、㈱エポスカード、㈱エイムクリエイツ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸井グループ >
  3. 日本初!廃棄プラスチック素材を使用したエポスカードが誕生 ~環境への配慮を強化し、共創サステナビリティ経営を推進~