群馬の老舗酒蔵が取り組む「尾瀬の水芭蕉再生プロジェクト」とは

#プロジェクトの裏側  #永井酒造  #水芭蕉

2021年6月30日 17時43分 永井酒造株式会社

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
永井則吉
永井酒造株式会社
代表取締役社長
昭和47年、川場村生まれ。東海大学工 学部卒。平成7年に永井酒造入社。
平成25年に社長就任。
伝統的な日本酒製法に瓶内二次発酵を取り入れた発泡性清酒の先駆け [MIZUBASHO PURE 」を開発し、 28 年に「awa酒協会」を設立し、理事長に就任。料理のコースに合わせて日本酒 スパークリング、純米大吟醸、熟成酒、デザート酒 のペアリングを提案するNagai Style, そして地元川場村の世界に誇る幻の米「雪ほたか」を使用した酒造りなど、米の可能性を最大限に引き出した日本酒の奥深さと新たな魅力を世界に発信し続けている。
永井松美
永井酒造株式会社
マダム&ディレクター
東京都出身。上智大学比較文化学部国際関係論専攻。在学中、国連団体にてボランティア活動に励む。大学卒業後、米国インディアナ州政府商務部、シアトル・ワシントン州観光事務所、フォーシーズンズホテル椿山荘などに勤務。その傍、ラジオのメイン・パーソナリティやライターとしてエッセイの連載やインタビュー記事を手がけた。
その後、13年間米国へ移住。2006年から会社を立ち上げ、アメリカの超富裕層向けに日本のプライベート・ラグジャアリー・ツアーを手掛け、また日本の中小企業経営者向けにナパやニューヨークを中心にVIPワイナリー・ツアー、企業視察を企画、コーディネート。ワシントン・ワイン協会、カリフォルニア・ワイン協会のプロジェクトにも携わる。また、シアトルにてFood & Wineツアーを企画運営するシアトル・フード・ツアーズを設立。現在、135年継承している老舗酒蔵「永井酒造」のマダム、取締役として、海外統括、マーケティング&PRに従事。
商品・サービス情報
MIZUBASHO Artist Series
コンセプトは、気軽に、お洒落に、楽しむ日本酒。
創業135年、群馬県の老舗酒蔵「永井酒造」は本商品を通じてSDGs尾瀬の環境保全と女性のエンパワーメントを支援いたします。
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。