PR TIMES TV

動画PR・動画マーケティングのPR TIMES TV

日本マイクロソフトがスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups Founders Hub」のリニューアル後、初の事例大全を公開

日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: アーメッド ジャミール マザーリ) は、9月末に、世界140カ国以上で展開しているスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups Founders Hub」が支援対象の拡大とサービス追加に伴うリニューアル後、初のスタートアップ事例大全を公開したことをお知らせいたします。本リニューアルは一社最大5000万円相当の予算を投資する一大プロジェクトであり、スタートアップ事例大全の公開を通じてこれまで以上に多くのスタートアップ企業を支援し、日本のスタートアップエコシステムに大きく貢献してまいります。

■Microsoft for Startups Founders Hubとは
マイクロソフトが世界140カ国以上で展開しているスタートアップ支援プログラムです。当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするさまざまな技術支援・テクニカルアドバイザーに加え、当社のパートナーネットワークを活用した拡販支援が提供されます。これまでに日本では600社以上が利用し、シリーズA以降の調達成功や、大企業連携、海外展開を果たしてきました。

■スタートアップ事例大全の公開への想い
今回のスタートアップ事例大全の公開を通じて、あらためてプログラムの成果や魅力のさらなる発信を目指しています。2021年3月のリニューアルより本プログラムは基本的に未上場の企業で、クラウドの需要があるすべてのスタートアップに適応可能となりました。その後もプログラムはアップデートを繰り返し、OpenAI やMiroなど提携するパートナーのスタートアップ企業向け特典が多数追加されました。この度、公開されたスタートアップ事例大全では、支援先スタートアップがプログラムを通じて、如何に成長を遂げたのかを明らかにしています。

事例大全のダウンロードはこちら
https://info.microsoft.com/JA-AzureAppInno-CNTNT-FY23-09Sep-15-Startups-Case-Studies-SRGCM7765_LP01-Registration---Form-in-Body.html

Microsoft for Startups Founders Hub概要はこちら
https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/