【コロナに立ち向かう!】デニム産地ものづくり企業と地元百貨店が協業し、最新3D技術を使ったバーチャルショールーム&ネットショップ「3D MONO SHOP」を3月15日オープン!

福山市の地元ものづくりセレクトショップ「FUKUYAMA MONO SHOP」と地元百貨店「天満屋」が協業

「ものづくりの街」・「デニム生地の産地」として有名な広島県福山市で地元オリジナルブランドを集めるセレクトショップ「FUKUYAMA MONO SHOP」(運営:山陽染工株式会社 本社:広島県福山市、代表取締役 松本壮一郎)は、出店している地元百貨店「天満屋」と協業し、来店できないお客様に実際の店舗をネット上で見て回れる3Dバーチャルショールーム「3D MONO SHOP]を開設しました。

◆「FUKUYAMA MONO SHOP」とは
「FUKUYAMA MONO SHOP」とは、地域のものづくり企業の協力により生まれた、オリジナリティあふれる商品を集めブランディングした地元セレクトショップです。昨年10月8日に地元百貨店の「天満屋福山店」の5階にオープンしました。

ショップでは国内シェアNO1を誇る福山デニムを使った衣料品・雑貨をはじめ、金属製品、革製品、木製品など、幅広い分野のオリジナルブランドを販売しています。

FUKUYAMA MONO SHOPFUKUYAMA MONO SHOP

オープン以来大変ご好評をいただいておりますが、昨今は大都市圏で緊急事態宣言が再発令される中、地元広島県でも不要不急の外出自粛要請が出されており、お客様に来店していただくことが難しくなっています。

それでもなんとかしてすばらしい技術が詰まった商品を見ていただきたい!という想いを持ち続けていたところ、実際の店舗を特殊な技術で撮影し3Dで映像化した「バーチャルショールーム」を提供するパートナー企業と出会い、画期的なネット店舗をオープンできることになりました!

パソコンなどで3Dバーチャルショールームを体験できるパソコンなどで3Dバーチャルショールームを体験できる

ショールーム:https://my.matterport.com/show/?m=xVxvyysV6zW

◆実際に回遊できる楽しさを提供

気になったところへ近づくことが可能気になったところへ近づくことが可能


この技術は実際の店舗をありのまま3D化して、ネット上で閲覧することができます。また、実際に店舗を見て回るように自分で店舗内を移動したり、興味ある商品に近づき拡大して見ることもできます。


◆上下左右から立体的に店舗を見ることも可能

立体的に俯瞰することも可能立体的に俯瞰することも可能

店舗を立体的に俯瞰してみることも可能であり、実際の店舗の様子を画面上で詳細に見ることが可能です。

◆画面上で商品の説明動画を閲覧することも可能

商品の紹介動画を見ることも可能商品の紹介動画を見ることも可能

更には設置されたピンをクリックすることで各商品の紹介動画を見ることも可能になっています。


​◆商品紹介動画


◆天満屋ネットショップで実際に買い物をすることも可能
それぞれの商品にはピンが設定されており、そこをクリックすることにより天満屋ネットショップ内の該当商品ページにリンクします。百貨店のオフィシャルサイトを使って安心してお買い物をお楽しみいただけます。まずは主力ブランドである「BASSEN WORKS」の販売からスタートし、随時取り扱いブランドを拡大していきます。
 
◆国内初の試み
地元企業と百貨店が協業して、実際の百貨店の店舗を使ってバーチャルショールームを開設するのは国内初の取り組み。コロナ禍による自粛ムードにより苦戦が続く衣料品業界。この苦境に対し新しい技術とアイデアで、地元ものづくり企業を応援すべく百貨店とタッグを組んで立ち向かいます!

本来であれば実際に見て、触って、モノづくり企業の熱意を感じながらお買い物を楽しんでいただきたい!
ですが、新しい生活様式や超高齢化社会への対応もとても重要な課題です。
安心してすべての方にお買い物を楽しんでいただるようリアルとネットを融合して商品をお届けしていきます。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 山陽染工株式会社 >
  3. 【コロナに立ち向かう!】デニム産地ものづくり企業と地元百貨店が協業し、最新3D技術を使ったバーチャルショールーム&ネットショップ「3D MONO SHOP」を3月15日オープン!