2018年度の新入社員は「ワークライフバランス」にコミット。ますます加速する会社と個人の明確な分離。彼らのモチベーションの源にある価値観を探る。

ヒップスターゲート、2018年度新入社員の就労意識調査結果を発表‼

人材教育・研修コンサルティング会社の株式会社ヒップスターゲート(代表取締役:渡邉良文、本社:東京都渋谷区)が、2018年度の新入社員1672名に対して、仕事への意識や価値観に対する調査を実施しました。これは、新人・若手社員を対象とする人材育成の質の向上を目的として、ヒップスターゲートが提供する新入社員研修の受講者に対して調査したものです。企業や各団体の人事・教育担当者の方々にご活用いただけますと幸いです。

 


▶調査概要
【調査名称】2018年度新入社員に関する意識調査
【調査方法】アンケート調査(選択式)
【設問内容】
1.会社に対して望むこと
2.上司に対して望むこと
3.昇格、出世について
4.働き方について
5.給与・賞与の使い方
6.社会人になって期待していること
【対象人数】1672名 ※ヒップスターゲートが提供する新入社員研修の受講者
【調査期間】2018年4月3日~5月15日

▶調査結果サマリー(2018年度新入社員の傾向)
・会社は、余暇・プライベートを充実させる手段として存在し、個人の生活とは明確に区別されている。
・会社や上司先輩には親しみやすさや丁寧な指導を求めていて、仕事自体のやりがいよりもその優先順位は高い。
・コミュニケーション力が高い一方で、思考の展開や深掘りを避ける傾向が強く、深淵な絆の構築は苦手である。

▶アンケート調査結果
設問1.「会社に対して望むこと」
1位:人間関係が良好<61.3%>
2位:希望の職種、勤務地(海外を含む)<20.8%>
3位:定期的な昇給・昇格<7.7%>
4位:残業が少ない、あるいは無い<5.0%>
5位:充実した教育、研修体系<3.7%>
6位:その他<1.5%>
会社に対して望むこととして、「人間関係が良好」と回答した新入社員が61.3%と過半数を占めた。「職種・勤務地」「定期昇給」といった実質的な“やりがい”、「就労時間」「教育体系」などの“業務そのもの” に関わる項目を、本人のメンタルにかかわる項目が大きく上回った。

設問2.「上司に対して望むこと」
1位:親しみやすさ<34.9%>
2位:丁寧な指導<23.8%>
3位:公平な評価、平等性<22.5%>
4位:部下の意見やアイデアを尊重<10.3%>
5位:リーダーシップ<7.8%>
6位:その他<0.7%>
「親しみやすさ」34.9%が1位。次いで「丁寧な指導」23.8%、「評価・平等性」22.5%といった結果となり、「意見の尊重」「リーダーシップ」といった主体性や厳しさが求められる項目には回答が集まらなかった。

設問3.「昇格、出世について」
1位:ある程度の出世はしたいが、とくにこだわりはない<51.9%>
2位:部長になり、部門戦略をたてマネジメントしたい<19.1%>
3位:役員・社長になり、企業経営に携わりたい<15.3%>
4位:課長になり、部下を指導・育成したい<10.5%>
5位:出世はしたくない<1.5%>
6位:その他<1.7%>
“出世”について聞く設問。「とくにこだわりはない」が51.9%と過半数。平社員でいたくはないが、出世をして組織に密接に関わっていくことには興味がないといった様子がわかる。現時点での正直な社会人意識の表れであり、組織での仕事を経験しない段階での限界ともいえる。

設問4.「働き方について」
1位:余暇やプライベートも充実させたい<50.3%>
2位:仕事に打ち込みキャリアアップを図りたい<18.8%>
3位:安定した環境でできるだけ長く勤めたい<12.5%>
4位:適性がないと感じたら無理せず、転職も考える<9.6%>
5位:副業、独立に興味関心がある<8.3%>
6位:その他<0.5%>
「余暇やプライベートも充実」が50.3%で約半数の回答となり、仕事への取組み姿勢を聞いた他の選択肢と大きく差が開いた。新入社員にとって、仕事をする意味は、より個人的であり、組織人の意識が醸成された受け入れ側との乖離が予想される。

設問5.「給与・賞与の使い方」
1位:趣味(旅行・レジャー・車・服飾など)<41.7%>
2位:生活費、貯蓄、返済(奨学金など)<41.3%>
3位:交際費<8.3%>
4位:投資、資産運用<4.5%>
5位:自己啓発(資格取得など)<3.8%>
6位:その他<0.4%>
給与・賞与の使い方を聞く設問。1位、2位が「趣味」「生活費」で、それぞれ41.7%、41.3%とほぼ同率。前設問で「余暇やプライベートを充実」と回答した、その内容がこれに当たるといってよい。新入社員が具体的に何を大切にしたいかがわかる。

設問6.「社会人になって期待していること」
1位:自己成長ができる<31.8%>
2位:様々な人との出会い<27.5%>
3位:経済的に自立できる<19.3%>
4位:会社や人の役に立てる<18.5%>
5位:特に期待することはない<1.4%>
5位:その他<1.5%>
1位「自己成長」31.8%、2位「出会い」27.5%、「経済的な自立」19.3%、「社会や他者貢献」18.5%と続く。学生でなくなり、実質的にはじめて大人として扱われることへの“解放感”と“覚悟”が伝わる。

▶2018年度新入社員の強みと弱み(※講師報告書より集計・分析)
<強み>
1位  コミュニケーション力があり、協調性に富んでいる<18%>
2位  学習意欲や向上心が強く、改善力がある<13%>
3位  論理的に考え、物事を理解・分析することができる<12%>
3位  主体性・積極性があり、責任感が強い<12%>
5位  素直さ<11%>
6位  挑戦意欲、目標達成意欲が高いため、粘り強く行動できる<9%>
2018年度の新入社員の強みは、コミュニケーション力、協調性、学習意欲、論理的思考、主体性である。学習意欲が高く物事をよく理解するため、受講者は最適を推量する力が高い。よって研修中のチーム活動は円滑に進み、意見の対立が殆ど見られなかった。また、真面目な一面も見られ、目標達成に向けて粘り強く取り組むことができる。

<弱み>
1位  主体性や当事者意識が低く、積極的に発信ができない<17%>
2位  言動に幼さが残り、緊張感に欠ける<15%>
3位  アサーティブ思考、人間関係構築力が弱い<9%>
3位  思考の深堀りをせず、高みを求める努力をしない<9%>
3位  チャレンジ精神に欠け、貢献意欲に乏しい<9%>
6位  集中力、注意力が弱く、正確性に課題がある<8%>
2018年度の新入社員の弱みは、低い当事者意識、幼さで、アサーティブ思考、思考の深掘りと最上志向と続く。
受講態度は真面目だが、集中力、注意力に欠けるため、単純な共有情報が正しく伝わらない。また、意見を展開させて深掘りすることを避け、表面的な結論・結果で折り合いをつける様子がしばしば見られた。これらを総合的に判断した「弱み」として、主体性・当事者意識や人間関係構築力の低さが挙げられている。


 “ブラック企業”といわれる会社の存在が注目され、不名誉にも過労死が“karoshi”として英語圏でそのまま訳されるなど、私たちの働き方は見直しが迫られています。寝る間を惜しんで仕事をした旧時代の価値観は、2018年度の新入社員達には一切通用しません。いつの世の企業経営も、時代とともに変化する価値観との調和が要となります。激動の時代のなかでも「答えのない課題に恐れず挑戦できる人材」を創出するのが、私たちヒップスターゲートの使命と心得ます。最後に、当調査結果が皆様の人材育成の参考になれば幸いです。

▶ヒップスターゲートについて
2010年に代表取締役の渡邉良文が設立した人材教育・研修コンサルティング会社。主力商品である「Do★Do★Do」は、ゲーミフィケーション手法を取り入れた新しい研修メソッドで、「社員研修をもっと真面目に楽しむ」を提唱し、業界の注目を集めている。

名称 :株式会社ヒップスターゲート (英文名称:HIPSTERGATE INC.)
本社 :〒150‐0002東京都渋谷区渋谷2-9-11 インテリックス青山通ビル3F
役員 :代表取締役 渡邉良文
設立 :2010年5月28日
事業内容:
1.企業および官公庁・団体に対する人材教育・研修支援
2.ビジネスゲームのコンテンツ企画・開発
3.研修内製化を促進する教材・ツールの企画・開発
4.営業力強化および組織変革のコンサルティング
5.IT業界における新卒人材紹介
ホームページ:http://hipstergate.jp/
講師マニュアルと受講テキストの通販サイト:https://dododostore.com/

<本調査に関するお問合せ・資料請求先>
株式会社ヒップスターゲート (担当:山並)
TEL:03-5778-4014 FAX:03-5778-4024  
Email:info@hipstergate.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒップスターゲート >
  3. 2018年度の新入社員は「ワークライフバランス」にコミット。ますます加速する会社と個人の明確な分離。彼らのモチベーションの源にある価値観を探る。