⽣産者の本気、料理⼈の本気を、もっと⾝近に。2つ星ミシュランシェフがコロナ禍で考えた渾身のプレミアムキャンプめしが登場。

料理人にとって当たり前の炭⽕を使った料理が、キャンプなら誰でも再現可能であることから着想

Wano株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:野田威一郎)は、料理人・高木一雄と共同で、2021年7月7日(水)より、プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』を発売いたします。こちらは、世界で活躍するミシュラン2つ星シェフで、⾃⾝もキャンプ好きである「京料理 たか木」の⾼⽊⽒が手がけたBBQグルメセットになります。

▼Makuake 先行予約販売ページ
https://www.makuake.com/project/sorawoaogu/
期間:2021/07/07 - 2021/08/08 18時

「もし⼀流のシェフがキャンプをしたら、どんな料理を振る舞うのだろう」。プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』は、そんなグルメな妄想をかたちにした、思わず空を仰いでしまうような味わいのBBQグルメセットです。⾃⾝もキャンプ好きである『ミシュランシェフ ⾼⽊⼀雄⽒』が、キャンプのための特別なメニューを⼿がけました。

「せっかく来たのなら、家では作れないような特別な料理を作って⾷べたい」と思いつつも、テントなどの設営に時間を取られて、料理がおろそかになってしまうことも多いキャンプシーンにて、下ごしらえされた⼀流の⾷材を焼くだけでお召し上がりいただけます。
 
  • 高木一雄シェフ プロフィール

2005年:「京料理 たか木」をオープン。
2010年:ミシュランガイド 2つ星獲得。
2012年:弁当専門店「日日」、鍋専門店「好日」をオープン。
2013年:鍋専門店「好日」 ミシュランガイド 1つ星獲得。
2015年:インターコンチネンタルホテルグループ(IHG)アジア、中東、アフリカ(AMEA)の和食アンバサダーシェフ就任。
2015年:フランス「La Liste」世界のベスト1000レストランで118位ランクイン。
2016年:国際連合食糧農業機関(FAO)が開催するシンポジウムに日本政府の指名により参加。
2016年:フランス「La Liste」世界のベスト1000レストランで62位ランクイン。
2019年:フォーミュラ1(F1)シンガポールにゲストシェフとして参加。
2019年:マンダリンオリエンタルホテルバンコクにおいて日本料理店Kinu by Takagiを監修。
 
  • 高木シェフが語る『そらをあおぐ』開発背景
コロナ禍によって飲⾷店や⾷品⽣産者、⽣産⼯場など⾷に関わる環境が⼤きく変化し、⼀⽣懸命に育てられた産地の⾷材や⾷のこだわりが⼈々に届けづらい状況です。料理⼈として「何かできないか?」という思いが頭の⽚隅に常にありました。

それと同時に、プライベートでは友人家族やその子供たちとBBQやキャンプに出かける機会が増えていました。ある⽇のBBQで、麹を使って仕込んだスペアリブと炊きたてのごはんをバクバク⾷べる⼦供たちの姿をみて、ハッとしたんです。

⾃分にとっては当たり前の炭⽕を使った料理が、普段の⽣活では特別なものなんだと。コロナ禍でもできるキャンプと炭⽕を使った料理は今の時代に合っていて、これは料理⼈が腕を振るえる新たなステージなのかもしれない。

そう思った瞬間から、炭⽕・麹・出汁をテーマにしたキャンプめしが具体化していきました。
 
  • 美味しさの秘訣は、炭⽕・麹・出汁
炭火:
⾁は炭⽕で焼くと全く味が変わります。網から無駄な脂が落ち、落ちた脂が炭で焼けて燻されることで、さらに美味しくなるからです。

麹:
⾷材を柔らかくするために、⼀般的にハチミツや⽟ねぎなども使われますが、いま世界中の料理⼈が⽇本の麹に注⽬しています。麹には⾁の繊維を切断し柔らかくする酵素が含まれており、麹を使って熟成させた⾁は、本当に柔らかくジューシーになります。

お出汁:
『京料理たか⽊』で使っている出汁は、かつお節で有名な⿅児島県枕崎の『⾦七商店』さんが、お店のためだけに作ってくれた“まぐろ節”によるもの。もちろん、プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』にも同じ出汁を使い、⾷材に出汁の旨味を込めました。
 
  • 絶品キャンプめし『そらをあおぐ』お品書き
⾼⽊シェフの⽬利きによる、すくすくと育った豚や⽜をはじめ、鮮度抜群の⿂介や農薬・化学肥料を極⼒使⽤しない野菜などを厳選し、麹や出汁によって⾷材の旨味を引き出した、プレミアムなキャンプめしセットです。

・国産豚の麹漬けスペアリブ 
・鳥取和牛のトマト麹マリネ
・さざえのクリームリゾット
・出汁の旨味焼き野菜
・出汁香るほうれん草のスープ

<商品詳細>
二人前:10,000円 (税・送料込)
四人前:18,000円(税・送料込)
2021年8月8日までの期間限定で、Makuakeの早割価格にてお求めいただけます。
8月中旬以降は公式サイトでの販売となる予定です。
 
  • 「そらをあおぐ」について
ミシュランシェフ⾼⽊⼀雄、⾷の⽣産からコンサルティングを⾏う株式会社然の天野⼤輔、クリエイターの夢の実現を⽀える独創的なプロダクトを創るWano株式会社の⽥村鷹正という3⼈が出会い、コロナ禍での飲⾷店や⽣産者の問題に「⾃分たちは今何ができるのか?」を考え続けた結果、生まれたブランドです。

独⾃の商品開発を⾏うとともに、地産地消をテーマとした、その⼟地で採れた⾷材をその⼟地のキャンプ場で⾷べるという取り組みなどを進めていきます。

▼公式サイト
https://sorawoaogu.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Wano株式会社 >
  3. ⽣産者の本気、料理⼈の本気を、もっと⾝近に。2つ星ミシュランシェフがコロナ禍で考えた渾身のプレミアムキャンプめしが登場。