ネスレ日本が、新製品「ネスカフェ ブラック スティック セレクション」で、当社パッケージデザインAIを活用

-東京大学との共同研究、793万人の消費者データを学習したAIサービス-

パッケージデザイン開発とマーケティング・リサーチを行う株式会社プラグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亮)の『パッケージデザインAI』が、ネスレ日本株式会社の新製品『ネスカフェ ブラック スティック セレクション』(2021年9月1日発売)のパッケージデザイン開発に活用されました。

『パッケージデザインAI』は、793万人の消費者調査の結果を学習データに使い、東京大学と共同研究したシステムで、消費者がデザインをどのように評価するかをAIが予測します。

『ネスカフェ ブラック スティック セレクション』においては、AIが予測する好意度やイメージ、ヒートマップ結果を参考に、高級感や上質感を最大限に伝えるデザインを開発しました。


パッケージデザインAIとは
2015年から実施している7,928商品、793万人のパッケージデザイン調査結果を学習させた、パッケージデザイン評価サービスです。フルオンラインで、短時間に消費者のデザイン評価を得ることができる『パッケージデザインAI』は、コロナ禍で対面式の調査の実施が難しくなった2020年3月以降、多くのマーケターの関心を集め、普及・活用が進んでいます。

■東京大学との共同研究により、精度が向上(2020年6月人工知能学会発表)
■ビール、飲料、菓子、カップ麺、レギュラーコーヒー、インスタントコーヒー、医薬品など44カテゴリーが高い予測精度で評価できます。
■画像をアップロードするだけで、好意度スコアやイメージ、どの部分が好意度スコアと結びつくかを10秒で算出することが可能です。デザイン開発の時間やコストを大幅に削減できます。
■開発中のパッケージデザインを消費者に見せないので、情報漏えいのリスクがありません。
■1画像15,000円、もしくは、月額50万~70万円(契約月数で変動)でご利用いただけます。
■デザインを改良するたびに何度でも評価できるので、商品の売上を左右するパッケージの開発の効果検証が繰り返し可能になり、商品のヒット確率が向上します。

※サービスページURL : https://hp.package-ai.jp/


参考:2021年8月3日(金)発行 ネスレによる『ネスカフェ ブラック スティック セレクション』のプレスリリース:https://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/20210803_nescafe_2

【会社概要】 
株式会社プラグ 代表者:代表取締役社長 小川 亮 社員数75名
所在地:〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-3-5  
URL:http://www.plug-inc.jp/


事業内容:パッケージデザイン開発、マーケティング・リサーチ、商品開発支援
社内にマーケティング・リサーチ部とパッケージデザイン部があり、パッケージデザイン評価について、国内で有数の実績があります。
代表小川は、(公社)日本パッケージデザイン協会監事、(一社)日本マーケティング・リサーチ協会理事、早稲田大学 マーケティング・コミュニケーション研究所 招聘研究員、明治大学 グローバルビジネス研究科(MBA)講師 等を務めます。
著書に『売れるパッケージデザイン150の鉄則』(日経BP)等があります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラグ >
  3. ネスレ日本が、新製品「ネスカフェ ブラック スティック セレクション」で、当社パッケージデザインAIを活用