ランキング1位はスズキのワゴンR サステナブルな廃車を実現するWEBサイトが軽自動車の買い取りランキングを発表!

買い取った軽自動車は海外で活躍することも―

廃車の買取りサイト『ハイシャル(https://haishall.jp)』を運営するユニオンエタニティ株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:安部哲史)は、2021年6月に軽自動車の問合せ相談件数が10万件を突破したことを受け、2016年5月のサービス開始から買い取った軽自動車の車種ランキングを発表します。1位がスズキのワゴンRとなりましたが、スズキの車種は7位にアルト、8位にアルトラパン、10位にエブリイがランクインし、軽自動車ではスズキの車種の買取り台数が上位を占める結果となりました。

軽自動車買取り台数ランキング_『ハイシャル』実績調べ軽自動車買取り台数ランキング_『ハイシャル』実績調べ

 

■買い取った軽自動車は次のオーナーの元へと循環する
『ハイシャル』で買い取る軽自動車は走行距離が長く年式も古いものが多く、買い取った後は国内で再販することが難しいものが多いです。そういった軽自動車は国内では解体され回収した鉄をリサイクルすることはもちろん、状態の良い軽自動車は日本を飛び出し海外で次のオーナーの元へと循環していくことが『ハイシャル』では分かっています。『ハイシャル』は国内で廃車となっても海外でニーズが高い軽自動車を輸出する専門業者や、鉄をリサイクルする専門業者との繋がりを全国に100ヶ所以上持っており、サービス開始の2016年当時から古い車や事故車のサステナブルな廃車を実現しています。

■10位 スズキのエブリイは海外で人気!
『ハイシャル』では、数年前からスズキのエブリイが海外での需要が高いことが分かっています。日本からエブリイが輸出されている主な国はアフリカやフィリピン、パキスタンです。そのまま車として使用されることはもちろん、改造して別のものに使われることもある為、部品の需要も高いといいます。エブリイにはワゴンRと同じF6AエンジンやK6Aエンジンが使用されていますが、ワゴンRよりもエブリイのほうが海外での需要が高いのは、エンジンの配置位置等の理由で汎用性がない為、輸出に向いていないことが今回のランキング調査で分かりました。同じエンジンの型式でいうとスズキのキャリイトラックは昔からフィリピンで根強い人気があり、今もなおフィリピンの町中で見かける事も多いそうです。

■廃車の買取りサイト『ハイシャル』(https://haishall.jp
廃車を処分したいユーザーと、廃車を輸出やリサイクル等適正に処理をする専門業者をインターネット上で繋げるWEBサイトです。廃車を処分する際には車を売りに出す際と同様に実車査定が行われることが多いですが、『ハイシャル』ではサービス開始当時より実車査定を行わず、非対面のまま廃車を完了することができます。ユーザーから廃車依頼のあった車は車検証の情報の聞き取りを詳細に行うことで、解体して部品をリサイクルするのか、海外でニーズのある車か等を判断し、提携している専門業者のニーズに合わせてマッチングを行っています。

『ハイシャル』サイトTOPページと非対面で廃車依頼を受ける様子『ハイシャル』サイトTOPページと非対面で廃車依頼を受ける様子

【ユニオンエタニティ株式会社 会社概要】
会社名:ユニオンエタニティ株式会社
所在地:〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-1-14 四ツ橋中埜ビル4F
代表者:代表取締役社長 安部哲史
設立:2016年5月
事業内容:WEBサービス事業(廃車買取事業、車輸送事業、中古車専門フリマサイト)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニオンエタニティ株式会社 >
  3. ランキング1位はスズキのワゴンR サステナブルな廃車を実現するWEBサイトが軽自動車の買い取りランキングを発表!