アジカン Gotchら5名のアーティストがつくった「微生物に聞いてもらう音楽」のオリジナルアルバムと、その音楽を聴かせてつくったSake「土 -D-」。haccobaより5月24日発売。

5月22日に完成記念ライブ『D-composition』を神田スクエアホールで開催

株式会社haccoba(福島県南相馬市、代表取締役:佐藤太亮)が2021年2月に立ち上げた酒蔵「haccoba -Craft Sake Brewery-」(ハッコウバ クラフトサケブルワリー)から、オリジナルの音楽を聴かせてつくったお酒「土 -D-」が登場。坂本龍一、後藤正文(Gotch)を主宰として、震災(Disaster)から10年(Decade)という節目より、さまざまな「D」をテーマに過去と向き合い、未来を志向するためのムーブメント「D2021」とのコラボレーションです。

■haccobaの思い「酒づくりをもっと自由に」
かつて、日本では各家庭で多様な原料をつかった酒づくりを楽しんでいた時代がありました。ところが、明治時代に酒づくりが免許制となり、自由な酒づくりが難しくなってしまいました。
私たちhaccobaは、かつての自由な酒づくりこそが発酵文化の源流であると捉え、ジャンルを超えた酒づくりを追求することで、つくる楽しさを分かち合います。

haccobaの酒蔵(©︎Puddle Inc.)haccobaの酒蔵(©︎Puddle Inc.)

■「微生物に聴いてもらう音楽」をつくった背景
かねてより、酒づくりは「微生物との対話」により行われてきました。微生物たちとより深い対話をするために、今回5名のアーティストに「微生物に聴いてもらう音楽」をつくっていただき、微生物たちと一緒に音楽を聴きながらお酒を醸していきます。つくった音楽の音や振動、醸したお酒の味や香りが、社会にある複雑で大きな「問い」についてカジュアルに対話をするきっかけになることを願っています。

 

【オリジナル楽曲アルバム参加アーティスト(50音順)】
・Utena Kobayashi
・岡田拓郎
・Gotch
・SubtleControl
・Shuta Hiraki

D2021制作のオリジナル楽曲アルバム「土 -D-」D2021制作のオリジナル楽曲アルバム「土 -D-」

■お酒「土 -D-」商品概要
〜微生物たちのちからを存分に味わう〜
酒蔵のある南相馬市小高で、美しい田んぼをつくり続けている85歳の有機農家・根本洸一さん。その根本さんの美味しいお米を、微生物たちと音楽を聞きながらお酒にしました。

酒づくりでは、麹菌と酵母という微生物が必要不可欠です。今回は、音楽による微生物の変化をよりまっすぐに表現するため、「全麹」という製法でつくりました。普段の日本酒づくりでは、原料となるお米の20%を米麹にしますが、「全麹」は全てを米麹にして仕込むという珍しい製法です。酒づくりの要となる麹菌の個性を存分に表現することができます。更に、均一に米麹をつくるのではなく、4つのタイプにつくりわけ、それぞれの良さを活かせるように仕込んでいます。

甘み、酸味、渋み、苦味、旨みがバランスよく交わり、瑞々しくも深みのあるお酒です。お米と目に見えない小さな微生物たちは、音やその振動でどのような表情をみせるのか。ぜひその味わいを体感してください。

  • 販売予定価格:8,800円(税込)
  • 内容量:500ml/ 本(D2021制作のオリジナル楽曲アルバム「土 -D-」付き)
  • 発売日:2022年5月24日(火)
  • 販売期間:2022年5月〜売切次第終了
  • 販売チャネル
    • haccobaオンラインストア: https://haccoba.com
    • haccoba店頭販売:10時〜17時(月曜休み)
  • 商品詳細URL:※発売日に公開予定

 

haccobaのお酒「土 -D-」haccobaのお酒「土 -D-」

■5月22日(日)、完成記念ライブ『D-composition』開催
コラボレーションで生まれたお酒とアルバム「土 -D-」の完成を記念して、ライブイベント『D-composition』を開催します。本イベントは、お酒の醸造過程における分解(Decomposition)と、音楽と詩による表現(Composition)を取っ掛かりとして、震災から10年を経ていま福島に根付きつつある生活を言祝ぐことを目的としたものです。


当日は、D2021のメンバーであるGotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、Miru Shinoda(yahyel)、永井玲衣(哲学研究者)に、さらにhaccobaとのコラボレーションアルバムにも参加したSubtleControlが加わる一夜限りのパフォーマンスを予定しており、アンビエントやノイズを往還する即興演奏にのせ、この日のために特別に書き下ろされた詩の朗読が披露されます。
また、⻤の右腕やBlack Boboiとしても活躍するスティールパン奏者で、アルバム「土 -D-」にも参加したUtena Kobayashiと、幅広いアーティストのサポートとして参加する福島県浪江町生まれの佐藤優介は、それぞれスペシャルなバンドセットにて出演。さらに、ニューヨーク在住でチボマット創始者の一人、本田ゆかが、エレクトロニクスプロジェクトEucademixとして、約2年ぶりに来日し、ライブパフォーマンスを行います。そして、これらライブパフォーマンスの最後には、出演者による特別なセッションに加え、数多くの文藝賞を受賞し、昨夏に福島県を徒歩で踏破した、福島出身の作家・劇作家、古川日出男による朗読も行われる予定です。

  • 日時:2022年5月22日(日) 17:30-21:00(16:30-開場)
  • 会場:神田スクエアホール(東京都千代田区神田錦町2-2-1)
  • 前売りチケット価格:4,500円(税込)
  • 前売りチケット購入URL: https://peatix.com/event/3226797/

■D2021について

D2021は、坂本龍一、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が中心となり、震災(Disaster)から10年(Decade)という節目にスタートした、さまざまな「D」をテーマに過去と向き合い、未来を志向するためのムーブメントです。

・HP: https://d20xx.com/
・Instagram: https://www.instagram.com/d2021_official/
・Twitter: https://twitter.com/d2021_official
・YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCc_OCVpWXvRTqNw57QZ1yTQ
・Facebook: https://www.facebook.com/D2021official/
・Podcast: https://open.spotify.com/show/3pNTx6nwhsXLwTgzYG9GlE

■株式会社haccobaについて

2021年2月に福島の小高というまちで誕生した酒蔵。「酒づくりをもっと自由に」という思いのもと、ジャンルの垣根を超えた自由な酒づくりを行う。日本酒にクラフトビールの製法をかけ合わせたお酒をメインで展開。かつてのどぶろくづくりにも通ずる、クラフトビールの自由なカルチャーで日本酒を再編集することで、日本酒のフロンティアを切り拓いていく。

・会社名:株式会社haccoba(はっこうば)
・代表者:代表取締役 佐藤太亮
・所在地:福島県南相馬市小高区田町2-50-6
・各種リンク
 ・ホームページ・オンラインストア: https://haccoba.com
 ・Twitter: https://twitter.com/haccoba
 ・Facebook: https://www.facebook.com/haccoba
 ・Instagram: https://www.instagram.com/haccoba
 ・LINE: https://page.line.me/184glmhu
 ・note: https://note.com/haccoba

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. haccoba >
  3. アジカン Gotchら5名のアーティストがつくった「微生物に聞いてもらう音楽」のオリジナルアルバムと、その音楽を聴かせてつくったSake「土 -D-」。haccobaより5月24日発売。