「蕎麦打ち修行」の定説「3年半」を1ヶ月に短縮できるのか?!開校2年で500人を超える話題の「飲食人大学」が、1ヵ月で卒業する新コース「蕎麦・うどんマイスター専科」を開設!!

海外移住や独立、セカンドキャリアに役立つ技術習得を短期間で実現!!

株式会社RETOWN HUMAN(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宇都 裕昭)が運営する、短期実践の調理スクール「飲食人大学」は平成29年3月より「そば・うどんマイスター専科」を大阪校にて開設する。寿司や焼鳥、パティシエなど短期で職人を育成してきたノウハウを生かし技術の継承に時間がかかると言われてきている日本の伝統食のひとつ、蕎麦・うどんの職人を育成する。
10年の期間と言われたが寿司修行を「3カ月でミシュラン掲載」した実績を誇る「飲食人大学」が、
今度は3年を1ヶ月の期間に短縮して「そば・うどん職人」を養成する。


●独立向き、海外でのビジネスチャンスも視野に!


コース開設は寿司や焼鳥のコースを学ぶ生徒からの声がキッカケでした。飲食人大学では卒業のキャリア形成を明確に持っている方が多く、又すでに国内外で活躍している方も多く、貴重な情報が寄せられます。
その方々が、「そば・うどんの技術を習得したい」と。
調べていくと、海外では寿司や焼鳥だけでなくブームがひと段落したラーメンに続き、ヘルシー麺且つ日本発の味覚である「旨味」を感じることができる「SOBA・UDON」も非常に人気が高くなってきているのです。
更には日本国内においてはオリジナリティを出したい個店では他店にない技術の習得をしたいオーナーや、最近では中高年の方のセカンドキャリア、「そば・うどん職人」が密かに増えつつあります。これらのチャンスに挑もうとされる方へ、失敗しない「しっかりした技術」を短期間で習得して頂くことが目的です。


●麺だけではなく「コース料理」まで実践できる能力を
「飲食人大学」の授業は、とにかく実践的!基本と反復の繰り返し、「教える=学ぶ」というものでは無く、とにかく「身につける」こと重視。5つのスッテプを設けて行います。


【第一ステップ】麺料理の歴史と食文化・麺料理の概略を掴み、蕎麦打ち(道具の説明・小麦粉と蕎麦粉の話・
 出汁の取り方、合わせ出汁・かえし・調味料)

【第二ステップ】麺料理の和食・五法(生・煮・焼・揚・蒸)として、うどん打ち・蕎麦打ち天麩羅・
 煮物(おでん)串カツ・炭火焼き・丼物(天丼・親子丼・牛丼・ちらし寿司など)

【第三ステップ】変わり蕎麦・うどん 蕎麦粉を使った料理まで、うどん打ち・蕎麦打ち出汁巻き玉子・茶碗蒸し

【第四ステップ】麺料理一汁三菜の定食~うどん打ち・蕎麦打ちコース料理

【第五ステップ】実践シュミレーションとして総仕上げ・試食会を開催、経営管理までも学びます。


●卒業後の出店サポートと就職サポートも万全

既に寿司、焼鳥のコースでは、多くの卒業生が、卒業後のサポートを得て、独立を果たし、現在も店舗経営をされています。実際に飲食店を経営している会社が母体であり、出店は直営店、プロデュース支援など含めると1,000店舗を超える実績とノウハウがあります。又、就職サポートも「飲食人キャリア」という就職支援事業を運営しており東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄に拠点を持って全国の就職先、そして海外へも就職をサポートできる「飲食人グローバル」の仕組みがあります。それだけなく、調理師免許や業界の資格取得を支援する「飲食人ライセンス」でキャリア形成もサポート。「飲食人のキャリアを創り続ける」ことをテーマに飲食人®サービスは充実しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社RETOWN >
  3. 「蕎麦打ち修行」の定説「3年半」を1ヶ月に短縮できるのか?!開校2年で500人を超える話題の「飲食人大学」が、1ヵ月で卒業する新コース「蕎麦・うどんマイスター専科」を開設!!