ミドルシニア世代のキャリア自律(プロティアン)の推進に向けて、「人生100年80歳現役社会」創造フォーラムと業務提携契約を締結、提携記念セミナー開催

記念セミナー「ミドルシニア世代のキャリア自律を高めるために ~キャリアコンサルティングの現状と課題~」を開催

一般社団法人プロティアン・キャリア協会 (本社:東京都新宿区、代表理事:田中研之輔・有山徹、以下、「当協会」)は、年齢にとらわれない働き方を行い、イキイキと若々しい人が集まる、学びの場やネットワークできるプラットフォームを提供することをコンセプトに「人生100年80歳現役社会」創造フォーラムを運営する一般社団法人 才知修養学舎(本社:東京都豊島区、代表:須東朋広)と業務提携契約を締結し、5月6日(木)19時から提携記念セミナーを開催いたします。(お申込み:https://agelesslearning.peatix.com/

 

 
  • 提携に至った背景
4月1日の高年齢者雇用安定法の改正により、企業は70歳までの就業機会の確保についていずれかの措置を制度化する努力義務を負いました。更に日本型雇用制度の転換が加速しており、経営層の従業員キャリア自律への関心が高まっています。働く期間が長くなるなかで、「個人の自律的なキャリア開発」と「企業によるキャリア開発支援」を両輪で進めることは、従業員の活躍の場を広げ、その先の企業価値向上にも直結します。
当協会は、2020年3月の設立以来、現代版プロティアン・キャリア理論を軸にキャリア支援者をメンバーとした研究会や主体的キャリア開発支援のための資格制度(2021年から実施)などを展開しています。具体的には法人向け組織開発支援と個人向けキャリア開発支援の両輪で、組織と個人のより良き関係創出に向けて取り組んでいます。
一般社団法人 才知修養学舎が運営する「人生100年80歳現役社会」創造フォーラムは、個人の学び直しと生涯発達をテーマとして、学びの場やネットワーク構築ができるプラットフォームの提供を行っています。
この度、キャリア自律を促進し年齢に捉われないこれからの働き方の推進を加速していくために、両社団法人が提携することとなりました。
 
  • 提携記念セミナーのご案内
特にミドルシニア世代については、自らのキャリアを企業主体で構築してきた人が多いという特徴があります。企業内でミドルシニア世代の人数が多いこともあり、この層がキャリア自律の意識を持ち、それに伴う行動をすることで、年齢にかかわらず現役で活躍し続けることの重要性が高まっています。そこで今回、提携を記念し以下のテーマでのセミナー開催を致します。

■開催概要
・日時:2021年5月6日(木)19:00-20:30
・テーマ:ミドルシニア世代のキャリア自律を高めるために~キャリアコンサルティングの現状と課題~
・開催方法:オンライン開催 ※参加URLはお申込いただいた方に、メールでご案内致します。
・参加申込み:下記のイベントページよりお申込みください。
 URL:https://agelesslearning.peatix.com/
・共催:一般社団法人 才知修養学舎/一般社団法人 プロティアン・キャリア協会

プログラム概要
各登壇者からの事例を交えた講演
パネルディスカッション
・自らのキャリアについて考える機会が少なかったミドルシニア世代の課題は何か
・解決に向けてどのようにアプローチしていけばいいのか
・企業は自律した個人とどのような関係性を築いたらよいのか 

登壇者紹介
田中研之輔
法政大学 教授/一般社団法人プロティアン・キャリア協会 代表理事/ UC. Berkeley元客員研究員 University of Melbourne元客員研究員 日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学 /博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。
専門はキャリア論、組織論。社外取締役・社外顧問を24社歴任。著書25冊。『辞める研修 辞めない研修–新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。新刊『プロティアン―70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論』。最新刊に『ビジトレ−今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』 日経ビジネス 日経STYLE他メディア多数連載 プログラム開発・新規事業開発を得意とする。

浅川正健氏
浅川キャリア研究所長
1973年:伊藤忠商事入社 エネルギー本部配属から17年間営業経験(内、海外駐在英国豪州9年、組合本部役員2年を含む)
1990年:人事部に異動 その後退職まで人事関連業務を25年間経験(総括・研修・厚生チーム経験後、会社内会社人事総務チーム長として伊藤忠人事サービス出向)
2000年:CDA一期生(現在は国家資格キャリアコンサルタント、全米キャリア開発協会会員、日本キャリア開発協会会員)
2002年:キャリアカウンセリング室創設 初代室長就任
2015年:伊藤忠商事退職 浅川キャリア研究所創設 所長就任
・厚生労働省研究会委員を2004年より歴任
・ 各キャリアコンサルタント養成講座機関でセミナーや講演を2002年より
・高校大学での授業や講演も多数 夢は「企業内キャリアコンサルティング普及」
「企業内キャリアコンサルティング入門」 をダイヤモンド社から2019年10月出版

浅井公一氏
NTTコミュニケーションズ株式会社
ヒューマンリソース部 人材開発部門 キャリアデザイン室
キャリアコンサルティング・ディレクタ
1981年、高校卒業後、電電公社に入社。1999年、NTT再編時にNTTコミュニケーションズに配属。2006年から労働組合の幹部を歴任後、2013年、ヒューマンリソース部に異動し、ミドルシニア社員のキャリア開発に取り組む。たった一人で実施してきたキャリア面談は6年間で1,700人を超え、キャリアコンサル手法を指導したマネージャも600人を超えた。圧倒的な面談量をもとに自然に作り上げられていった面談スタイルがミドルシニア社員にシンクロ。結果、面談を受けた社員の上長の9割が、その社員の行動変容ぶりを認めた。著書に『ビジトレ~今日から始めるミドルシニアのキャリア開発~』(共著、金子書房)がある。国家資格キャリアコンサルタント。

須東朋広氏(ファシリテーター)
「人生100年80歳現役社会」創造フォーラム主宰
現在に到るまで、数々の人事コミュニティの立ち上げに関与。
2003年日本初の人事責任者向け団体「日本CHO協会」を立ち上げ、事務局長を8年半務める。 また日本CHRO協会を事務局長として立ち上げに参画、現在日経BP総研のHR事業や「Human Capital Committe」の立ち上げにも参画している。「CHO(Chief Human-resource Officer)」という概念の普及を中心に、人事部門、最高人事責任者の研究を行ってきており、様々なコンテンツ構築やネットワーク支援を行ってきた。 その結果、上場企業の人事責任者やその次世代候補者など1万人とつながり、日本最大級の人事ネットワークを有している。
2021年1月、そのためのプラットフォームで中高年齢者の学び直しコンソーシアム「人生100年80歳現役社会」創造フォーラムを立ち上げる。様々なメディアや雑誌に寄稿・出演し、講演なども多数行っている。 著書に「CHO~最高人事責任者が会社を変える(共著)」があり、「人材マネジメント革命」「キャリア・チェンジ」「人材育成ハンドブック」などにも寄稿している。

■中高年齢者の学び直しコンソーシアム「人生100年80歳現役社会」創造フォーラム
https://www.agelesslearning.org/

【協会概要】
正式名称:一般社団法人プロティアン・キャリア協会
所在地:東京都新宿区西新宿3-2-9新宿ワシントンホテルビル本館2F
事業概要:
プロティアン・キャリア理論に基づく個人の主体的なキャリア開発と
組織と個人のより良き関係創出の支援
代表理事:
田中 研之輔(法政大学キャリアデザイン学部 教授)
有山 徹 (4designs株式会社 代表取締役CEO)
設立年月:2020年3月
協会WEBサイト:https://protean-career.or.jp/
メディア「Protean」:https://protean-career.or.jp/column/
Facebook:https://www.facebook.com/protean.fb

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人プロティアン・キャリア協会
広報責任者:黄瀬真理
メールアドレス:kinose@protean-career.or.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人プロティアン・キャリア協会 >
  3. ミドルシニア世代のキャリア自律(プロティアン)の推進に向けて、「人生100年80歳現役社会」創造フォーラムと業務提携契約を締結、提携記念セミナー開催