LINE公式アカウント岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポートを活用した感染拡大防止に向けたサービス「もしサポ岩手」をソーシャルデータバンクがシステム構築支援

SDB
ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤俊輝)は、岩手県が導入したLINE公式アカウント「岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポート」を活用した「もしサポ岩手」においてLinyの提供と開発⽀援を⾏いました。
現在「もしサポ岩手」には、県内の413施設・イベント等が登録しています。(2020年7月16日時点)
  • 「もしサポ岩手」概要
「もしサポ岩手」は、岩手県内で感染者が発生した場合に備え、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことを目的として、県内の施設・イベント会場の利用者等の把握と、感染拡大防止にあたり必要な人に必要な情報を速やかに伝達するため、岩手県LINE公式アカウント「岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポート」に追加されたサービスです。利用した施設等に設置されたQRコードを読み取ることで、同日・同施設等を利用した方の中から感染者が発生した際、濃厚接触の疑いがある人にLINEでその旨が通知されます。健康状態に応じて「県の相談窓口への相談」や「医療機関の受診」等の行動につなげていただくことで、感染拡大の一助になればと考えております。

※新型コロナウイルスの感染者が同日・同施設等を利用しており、県が不特定の方への感染の恐れがあると判断した場合にLINE通知がされますが、濃厚接触の有無はわからないため、お知らせを受けた利用者に感染の疑いがあるとは限りません。
※LINEアカウント以外の個人情報を取得するものではありません。
 
  • 利用方法について
(1) LINE公式アカウント「岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポート」をお友だち登録してください。

(2) 利用等された施設等に掲示されているQRコードをLINEアプリで読取り、施設登録をしてください。
(利用日をもとにメッセージ送信するため、前回利用等された日とは別日に利用等された際は、再度施設登録をお願いします。)

(3) 感染者が施設等を利用したと思われる日に施設登録した利用者へのメッセージを送信します。

(4) メッセージを受信した利用者は、各自の健康状態等に応じて、「県の相談窓口への相談」や「医療機関の受診」など感染拡大防止に向けた行動をお願いします。
(メッセージを受信しても、新型コロナウイルスに感染しているとは限りません。)
 
  • ソーシャルデータバンク株式会社について
LINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を中心に、ビジネスでのLINE活用のご提案やサポートを行っている企業です。 リリースからわずか2年で導入企業数2500社を突破したLinyの活用や運用ノウハウを提供し、企業の集客や販促施策に貢献し、マーケティング関係の展示会へも出展しています。 またLINE株式会社が定めている「Technology Partner」や「LINE公式アカウント認定パートナー」としても認定され、ツールの改善やLINEの活用法について積極的にアドバイスを行っています。

ソーシャルデータバンク株式会社 概要
会社名 :ソーシャルデータバンク株式会社
所在地 : 〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目3-6 3F
代表者 :代表取締役 伊藤 俊輝(いとう としき)
事業内容:マーケティングツールの開発と運用
URL   : https://line-sm.com/

■【マンガ】3分でわかるLiny!
URL: https://line-sm.com/blog/manga/

■Liny活⽤ブログ
URL : https://line-sm.com/blog/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDB >
  3. LINE公式アカウント岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポートを活用した感染拡大防止に向けたサービス「もしサポ岩手」をソーシャルデータバンクがシステム構築支援