代替肉のネクストミーツ、約10億円の資金調達が完了。世界でのブランド展開を同時多発的に推進。【NEXT MEATS】

気候変動問題に対峙する、フードテックベンチャーのネクストミーツが約10億円の資金調達完了。

大手製薬会社、食品用生産設備設計会社などからの資金調達を行い、バイオテクノロジーとメカトロニクスの領域で研究開発を加速。日本発の代替肉ブランドを、世界で急速展開させる準備が整いました。

 
  • 代替肉の世界的プラットフォーマーを目指す

ネクストミーツ株式会社は、2021年4月末時点で約10億円の資金調達を完了しました。
大手製薬会社、食品用生産設備設計会社、海外向け物流ソリューションなど、シナジーが見込める複数の企業が参画することになりました。
今後、各社との連携によりネクストミーツの研究体制が強化され、代替肉の原料および製品のクオリティ向上はもちろん、生産効率やサプライチェーンの質を上げていけると考えています。
新潟県長岡市にある研究室「NEXT Lab」には、世界から各分野の博士が集まり、バイオテクノロジーの分野で微生物や遺伝子の研究、メカトロニクスの分野では植物性タンパク質の物性変化やファクトリーオートメーションの研究を進めています。


また、同時多発的に世界での展開を加速していくべく、現在10カ国においてスタッフが常駐し生産体制を固めています。新しいマーケットである代替肉市場で、世界的プラットフォーマーを目指します。

  • 最速で時価総額4,000億円を超えたユニコーン企業「ネクストミーツ株式会社」

2021年1月に、SPACスキームでアメリカの証券市場であるOTCBBに「NEXT MEATS HOLDINGS」が上場、時価総額が最高値で40億ドル(約4,400億円)を超えた。その97%の株式をネクストミーツ株式会社が保有しているため、創業から史上最速で時価総額約4,400億円を記録したユニコーン企業となった。


NEXT MEATS HOLDINGS 株価(ブルームバーグ)

https://www.bloomberg.co.jp/quote/NXMH:US
 

  • 日本発フードテックベンチャー 「ネクストミーツ」について

「地球を終わらせない」を理念とし、代替肉によって少しでも過剰な畜産を減らすことで気候変動問題の解決に貢献すべく、事業を行なう。
2017年から共同創業者2名が研究を始め、プロダクト完成の2020年6月に法人化。2021年1月には米国市場にSPACスキームでOTCBBに上場、現在は日本だけでなくアメリカ、シンガポール、台湾、ベトナムなど海外10カ国以上に進出している。
世界初の焼肉用フェイクミート「NEXT焼肉」シリーズ、100%植物性の牛丼「NEXT牛丼」や、鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン」などをこれまでに発売。昨年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を発表し、今年3月にはテスラやビヨンド・ミートも入る世界のVegTech企業21に、日本企業として唯一選出された。
自社のR&Dセンター「NEXT Lab」では世界から集まった研究メンバー(博士)が大豆に限らず幅広い代替タンパクの研究開発に着手しており、2050年までに世界中で全ての肉を代替することをミッションとしている。

 

  • 会社概要

ネクストミーツ株式会社(Next Meats Co., Ltd)

代表取締役:佐々木英之
所在地:東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビル2F
設立:2020年6月
事業内容:代替肉の研究開発、代替肉製品の企画・製造、通販事業、WEBメディアの運営
ホームページ:https://nextmeats.co.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCckDSZupzEhmcphT5hcy-Aw
Instagram:https://www.instagram.com/nextmeatsjapan/
Twitter:https://twitter.com/MeatsNext
Facebook:https://www.facebook.com/NextMeats
 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ネクストミーツ >
  3. 代替肉のネクストミーツ、約10億円の資金調達が完了。世界でのブランド展開を同時多発的に推進。【NEXT MEATS】