IASが最新のアドベリフィケーション指標調査「メディアクオリティ レポート」を発表、日本のメディア品質は世界最低レベル

デジタル環境におけるアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティに関するグローバルなベンチマークを提供

IAS
インターネット広告の計測と効率化を実現するアドベリフィケーション・ソリューションのグローバルリーダー Integral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、以下 IAS)は、年2回発表しているアドベリフィケーション指標調査の最新版 「メディアクオリティ レポート 2020年下半期版」を公開しました。調査レポートでは、日本のデジタルメディアのパフォーマンスと品質を示すアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティの各指標を、端末(デスクトップ/モバイル/CTV)、環境(ウェブブラウザ/アプリ)、広告フォーマット(ディスプレイ/動画)別に、世界20カ国のデータとともにご確認いただけます。

 

 

​​『メディアクオリティ レポート2020年下半期』ダウンロード:http://integr.al/JP2H2020MQR

■ メディアクオリティ レポート 2020年下半期版のポイント:

1.アドフラウド:世界的なアドフラウドの低下傾向にも関わらず、日本のアドフラウド率は増加し世界最低レベルに

 2020年下半期、世界のアドフラウド率は全体的に改善し、アドフラウド対策を実施したインプレッションでは計測対象のすべての端末、環境と広告フォーマットでアドフラウド率が低下しました。この結果、すべてのフォーマットでのアドフラウドの平均率は1.0%以下となり、日本版レポートの公開を開始した2018年以降で最も低い水準でした。

 国別のデータでは、日本とオーストラリアだけがアドフラウド率の上昇を示しました。日本では特にデスクトップとモバイル端末のウェブ(ブラウザ)環境で、ディスプレイ広告の対策済みインプレッションのアドフラウドが増加しました。日本のデスクトップ ディスプレイでのアドフラウド率は前年同期の2.6%からさらに悪化し2.9%となり、世界ワースト1を記録しました。同期間にグローバル平均では0.3ポイントの改善が見られたのと対照的です。さらにモバイルウェブ ディスプレイでも2.7%(前年同期1.9%から0.8ポイント上昇)と世界で最も高いアドフラウド率でした。グローバル平均は0.7%(2019年下半期)から0.4%(2020年下半期)と改善しており、アドフラウド対策が世界的に進む中で日本が取り残され、標的とされていることがうかがえます。

 一方、対策を実施していないデスクトップ ディスプレイ広告では、アドフラウド率は8.6%に達しました。アドベリフィケーションツールが導入されていないデジタルキャンペーンは、対策が実施されているキャンペーンと比較して最大で11倍ものアドフラウドが発生する傾向があったことになります。


2.ブランドセーフティ:世界の中でもブランドリスクの上昇が目立った日本。デスクトップ ディスプレイとモバイルウェブ ディスプレイでは日本が最も高い増加率を記録


 日本はモバイルウェブ ディスプレイのブランドリスクが2019年下半期の7.6%から2.8ポイントも上昇し、2020年下半期は10.4%と、世界で最も高いブランドリスクの増加を記録しました。2020年下半期のグローバル平均値は5.8%で、前年同期比でわずか0.1ポイント上昇しただけでした。日本はデスクトップ ディスプレイでも2019年下半期の3.2%から2020年下半期は5.6%と大幅な上昇を示し、これはイギリスに次いで2番目に高いリスク値でした。同環境のグローバル平均は4.4%でした。

 2020年に発生した予測不可能な世界的パンデミックがデジタルエコシステムに与えた影響の一つが、動画広告におけるブランドリスクの世界的な上昇です。この傾向には、下半期を通して見られた動画インプレッション全体の増加と相関が見られました。つまり、パンデミックによって自宅で過ごす時間が増えたことで動画の視聴時間が伸びたことと、動画広告におけるブランドリスクの増加の間には相関関係が見られたのです。ブランドリスク増加の最大の要因はアダルトコンテンツで、ヘイトスピーチがこれに続きました。

3.    ビューアビリティとタイムインビュー:日本は前年同期に引き続き世界最低レベル

 日本の2020年下半期のビューアビリティは55.7%(デスクトップ ディスプレイにおいて)で、グローバル平均の68.8%を大きく下回りました。2019年下半期に日本数値の公開を開始して以来、初めて5割を超えたものの、2半期連続で下落しています。ビューアビリティが7割を超える国も多い中、日本の55.7%は圧倒的に低い水準にあります。

 モバイルウェブ ディスプレイでは日本の数値は43.5%(2019年下半期)から46.4%(2020年下半期)へと改善が見られましたが、グローバル平均の62.9%と比較すると大幅に低い水準にとどまっています。50%を下回ったのは日本のみで、デスクトップ、モバイルともに日本のビューアビリティの低さが際立つ結果となりました。

 日本のデスクトップ ディスプレイのタイムインビューは23.53秒で、前年同期の21.95秒から若干伸びました。モバイルウェブ ディスプレイは2019年下半期の16.6秒から14.72秒と、逆に短くなっています。デスクトップでもモバイルでウェブでも、日本のタイムインビューはグローバルの平均値とほぼ同程度です。

 
■ 山口武(Integral Ad Science Japan セールスディレクター)コメント:

国内のビューアビリティやアドフラウド、ブランドセーフティと言ったメディアクオリティ全体に、引き続き非常に危惧すべき傾向が見られます。日本のデジタル広告予算は世界的にもトップクラスの規模であり、広告予算の縮小が目立った2020年においても成長を続け、テレビや雑誌などの広告予算を大きく引き離す結果となりました。残念なことに成長し続ける広告予算はアドフラウドを行う不正業者にとっても魅力的なものになり、国内のフラウド率も増加傾向にあります。今年の4月にJICDAQが発足しましたが、これにより従来の手法や対策では実現できていない効果的なフラウドの除去や、効率的な安全かつ適切なインプレッションの配信に繋がる施策の導入が業界全体で加速することを期待しています。
 

■ メディア品質指標について:
 ビューアビリティ、アドフラウド、ブランドセーフティ、タイムインビューは広告が掲載されるメディア環境の品質を示すアドベリフィケーションの基本指標です。

アドフラウド 実在する人間に対し、ふさわしいタイミングと場所で広告が適切に配信されることを故意に妨害する活動に由来するインプレッションで、特定の取引における広告主やパブリッシャーの金銭的または機会の損失につながるものを指します。
ブランドセーフティと適合性 ブランド価値毀損につながる可能性のあるコンテンツに広告が表示されるのを防ぐことを、ブランドセーフティと言います。
ブランド適合性とは、ブランド価値やコンテキストにマッチしたコンテンツ環境をターゲティングして広告を配信することを指します。
ブランドリスク ブランドイメージ低下やブランド毀損に繋がるページコンテンツで発生するインプレッション。リスクレベルは8つのカテゴリ(アダルト、アルコール、ギャンブル、ヘイトスピーチ、違法ダウンロード、違法薬物、不快な表現、暴力)に基づきます。
IASが世界中で計測した広告インプレッションのうち、リスクレベルが“中”以上と判定されたページがインプレッション全体に占める割合を示します。
ビューアビリティ
 
MRCが定義する「広告の50%以上の面積がブラウザ画面上に1秒以上表示された状態(ディスプレイ広告の場合)」を指します。動画広告の場合では、広告再生時に50%以上のピクセルが画面上に2秒間以上表示された場合、と定義されています。ビューアブルなインプレッションが全体に占める割合で表示されます。

※ MRC:Media Ratings Council、メディア調査会社の監査や認定審査を行なうアメリカの業界団体
タイムインビュー ビューアブルなインプレッションが閲覧された時間の平均値です。Media Ratings Council(MRC)の定義によりビューアブルと見なされないインプレッションは含みません。
Quality Impressions™ IASが提唱する、質の高いインプレッションのこと。1)視認可能な環境で、2)本物の人に配信され、3)ブランド棄損リスクがなくブランドのコンテキストに適合した配信面で、かつ、4)配信地域がジオターゲティングに即していることをすべて満たしたインプレッショを指します。

 IASでは、ビューアビリティ、アドフラウド、ブランドセーフティにジオターゲティング(地域ターゲティング)を加えた4つの指標がすべて基準を満たす高品質なインプレッションを特に Quality Impressions™(クオリティ・インプレッション)として総合指標と位置づけ、データを提供しています。安心、安全で結果につながる広告インプレッションを特定することでデジタルキャンペーンを最適化し、ビジネスゴール達成をサポートします。


■   メディアクオリティ レポートとは:
 メディアクオリティ レポートはIASが年2回発表している定期レポートで、毎日1兆以上のメディア指標測定から得られるリアルタイムのメディア品質動向を分析したものです。IASは過去10年以上に渡り、世界中のデバイス、フォーマット、広告チャンネルにまたがる膨大なデータを活用し、ビューアビリティ、ブランドリスク、アドフラウドをはじめとするアドベリフィケーション指標を発表してきました。メディアクオリティ レポートは、アドベリフィケーションの基準指標として業界関係者に幅広くご活用いただいています。

調査期間 2020年下半期(7月~12月)
対象国
 
アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランド、日本、シンガポール、インド、インドネシア、メキシコ、アルゼンチン*、ポーランド*、ブラジル*、ベルギー*、ベトナム*

※ 全20か国、*は2020年下期から新たに追加
調査対象 メディア品質指標(全4指標):
ビューアビリティ、ブランドセーフティ、アドフラウド、タイムインビュー

対象デバイスとフォーマット(全6種):
デスクトップ ディスプレイ、デスクトップ 動画、モバイルウェブ ディスプレイ、モバイルウェブ 動画、モバイルアプリ ディスプレイ、コネクテッドTV(CTV)

※ コネクテッドTVはグローバル平均値、ビューアビリティのみ

 


【IASについて】 www.integralads.com/jp/
Integral Ad Science, Inc.
Integral Ad Science (IAS) は、デジタル広告が本物の人間によって、安全で適切な状況で見られる環境を実現する、デジタル・アドベリフィケーションのグローバルリーダーです。IASのミッションは、データドリブンなテクノロジーとアクショナブルなリアルタイムの分析データを通じ、デジタルメディア品質における信頼性と透明性のグローバルなベンチマークを世界中の一流ブランド、パブリッシャー、そしてプラットフォームに提供することです。2009年に設立され、ニューヨークに本社を置くIASは、世界中の何千もの一流広告主やプレミアムパブリッシャーと連携しています。IASは、Vista Equity Partners が出資する優れたソフトウエア企業のリストに名を連ねています。詳しくは公式サイト inegralads.com をご覧ください。


代表者               :リサ・アッツシュナイダーCEO
所在地               :95 Morton Street, 8th floor, New York, NY 10014
日本オフィス          :〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12F
事業内容            :デジタル広告の検証・不正対策・最適化のためのデータとソリューションの開発と提供
 

【参考】これまでのIAS調査レポート


 

  1. プレスリリース >
  2. IAS >
  3. IASが最新のアドベリフィケーション指標調査「メディアクオリティ レポート」を発表、日本のメディア品質は世界最低レベル