蒟蒻由来素材の血糖値や便秘改善機能についての共同研究を開始

龍谷大学と関西フードテックNinjaFoods

次世代食のフードテック企業株式会社シデカス(兵庫県加古川市、代表取締役:寄玉昌宏、以下「シデカス」)は、学校法人 龍谷大学(京都市、専務理事:入澤 崇、以下「龍谷大学」)との共同研究を開始しました。シデカス独自の蒟蒻由来食材NinjaPasteにおける生理的機能性、物性に関する研究を行い、血糖値の上昇抑制や便秘改善の機能などについて知見を深めます。
■共同研究概要

研究課題   :    蒟蒻由来食材NinjaPasteにおける生理的機能、物性に関する研究
研究従事者    :    龍谷大学農学部食品栄養学科 中村富予教授、山崎正幸教授、西澤果穂講師
研究期間   :    2023年3月31日まで
受入機関   :    龍谷大学食と農の総合研究所

龍谷大学のもつ豊富な食品研究の知見を元に、シデカス独自の蒟蒻由来食材NinjaPasteを活用した次世代の新たな食品開発に繋げます。


 

■NinjaFoodsとは

NinjaFoodsは、「あらゆる食を自由にする」ことを目指す、日本発の次世代フードテックブランドです。シデカス代表の寄玉の家系は糖尿病になりやすく、また自身の家族が糖尿病による食事制限を余儀なくされていた経験から、様々な制限を超えより自由に楽しむことができる食の開発を進めています。独自の植物性結着素材NinjaPasteをコア技術に、美味しく・正しく・おもしろく、様々な製品を開発しています。
 



コア技術「NinjaPaste」
日本古来の食材「蒟蒻」を応用した、次世代食材。
1、低カロリー・低糖質で食べ応えがある
2、不溶性・水溶性両方の食物繊維を多く含む
3、食経験的に、アレルギー反応が起きにくい
4、他の食材を結着、テクスチャコントロールができる
という主に4つの特徴を有します。NinjaFoodsと共に世の中を動かすような食品開発を目指しています。

株式会社Sydecas代表取締役:寄玉昌宏
大手企業で勤務後、全く異分野の農業スタートアップに参画。同時に慶應義塾大学大学院で日本の食文化保護についての研究を行う。蒟蒻の加工技術や物性研究に触れ、NinjaFoods事業を開始する。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ㈱シデカス >
  3. 蒟蒻由来素材の血糖値や便秘改善機能についての共同研究を開始