ITツールで働き方改革!チャットボットによる自動化で、社内の業務を効率化!~チャットサービスのウェブ対応開始~

西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、2019年4月24日より、西菱電機が提供する業務アプリケーションプラットフォーム「Seiryo Business Platform」のチャットサービスのウェブ対応を開始いたしました。チャット機能と、予め登録した単語や文章を返す自動応答機能(チャットボット)により、社内の業務効率化をサポートいたします。

サービスイメージサービスイメージ

 

■背景
業務効率化やスピードが求められる現在、社内のコミュニケーションをチャットで行う企業が増加しています。その中でも、セキュリティ対策がされたビジネス用のチャットはニーズが高くなっており、数年以内に市場は2倍以上になるとも言われています。ビジネスに適した機能を持ち、セキュリティ対策がされたビジネスチャットは、これからの社内のコミュニケーションにおいて、必要不可欠です。

ビジネスに適した3つの機能
・チャット機能(個人間のチャット、グループ間のチャット)
・自動応答機能(辞書登録によるチャットボット)
・管理者機能(利用端末の登録・制限)

■企業も安心の3つのセキュリティ対策
  1. パソコンからの利用の場合、IPアドレスで制御することで、社内からのアクセスに限定し、不正アクセスや情報漏洩を防ぎます。
  2. 携帯端末からの利用の場合、端末の情報をシステムに登録することで、アクセスできる端末を限定し、不正にアクセスや情報漏洩を防ぎます。
  3. 一定期間アクセスしなかった場合、強制ログアウトすることで、紛失や盗難など予期せぬ事態の際のセキュリティを高めます。

■利用例
・チャットボット機能を活用し、社内から情報システム部門や総務部門への問合せ対応
・チャットの手軽さを利用し、部署内でのスピード感あるコミュニケーション
・管理者機能により、紛失時に利用の停止もできるので、会社で安心のコミュニケーションツール

■ビジネスチャットのメリット
・使い慣れたUIなので、誰にとっても使いやすいシステムとなります
・プライベートとは切り離せるので、従業員のプライベートを守れます
・思い付いた時に用件だけ短文で連絡できるので、業務がどんどん進みます

■「Seiryo Business Platform(SBP)」とは
「Seiryo Business Platform(SBP)」では、「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」をサービスコンセプトとして、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供しています。例えば、産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、業務報告ツール「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスなどを提供しています。

■西菱電機株式会社
IoTサービスを中心とする「IoT事業」、携帯情報通信端末の販売及び修理再生などを手がける「情報通信端末事業」、情報通信機器及びシステムの開発、販売、保守、運用を手がける「情報通信システム事業」を展開する ICT ソリューション企業です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 西菱電機株式会社 >
  3. ITツールで働き方改革!チャットボットによる自動化で、社内の業務を効率化!~チャットサービスのウェブ対応開始~