「コミュファ光」のコンタクトセンターにLINE上で有人チャット「HumanChat」を提供、中部テレコミュニケーションのLINE公式アカウント開設支援、オペレータチャット業務を受託

LINE 活用サービス/有人チャットサポート「HumanChat」

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤雅己、以下KDDIエボルバ)は、中部テレコミュニケーション株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:宮倉康彰)のLINE公式アカウントの開設を支援し、LINE上でお問合せ応対する有人チャット「HumanChat®」を、2019年7月より提供開始いたしました。

「コミュファ光」をご利用中のお客さまは、中部テレコミュニケーションのLINE公式アカウントの友だち登録をするだけで、慣れ親しんだ操作のしやすいLINE上からワンタップで、有人チャットにお問合せいただけます。LINE上のメニューからは、公式アプリや、Myコミュファ、各種お問合せチャネル、最新のキャンペーン情報に簡単にアクセスすることができます。

<ご利用イメージ>

このたび、中部テレコミュニケーションより、LINE公式アカウントの設計・設定、応答文作成の支援や、LINEのMessaging API※1とチャットシステムの接続、有人チャットの運用設計までをワンストップで素早く構築するKDDIエボルバのノウハウ、ナレッジが評価され、「HumanChat」と組合せた「LINE 活用サービス」を導入いただきました。

KDDIエボルバは、お問合せの真因を把握し、LINEならではのLINEスタンプやLINE絵文字を織り交ぜたテンポの良いご案内、ご提案をする「HumanChat」の提供により、お客さまの利便性とCX向上に寄与するものと考えております。

なお、2019年3月には、スマートフォンで各種チャネルをご案内するビジュアルIVRサービスにKDDIエボルバの「VisualMenu®」※2を導入いただいております。

KDDIエボルバは、今後も従来のコールセンターサービスに加え、CX(カスタマーエクスペリエンス)を高めるオムニチャネルソリューションの提案・提供により、企業とお客さまの次世代リレーションシップを実現してまいります。

中部テレコミュニケーション LINE公式アカウント

 

<ワイファイくん><ワイファイくん>

<LINE公式アカウント><LINE公式アカウント>

中部テレコミュニケーションのLINE公式アカウントは、コミュファ光のWebサイトや、LINEのホーム画面検索から、友だち登録いただけます。

また、コミュファ光の公式キャラクター「ワイファイくん」の可愛い表情を楽しめるLINEスタンプを配信中です。LINE公式アカウントや、ワイファイくんの部屋からダウンロードいただけます。

 

▼ワイファイくんの部屋
http://www.commufa.jp/others/wf_room/stamp.html 

CX向上を実現する「LINE 活用サービス」 について
豊富なコンタクトセンター運用ノウハウを基に、「LINE公式アカウント」「LINE Chat API」を活用したAIチャットボット・有人チャットによるカスタマーサポートサービスを提供します。
https://www.k-evolva.com/services/omnichannel/line/

  • LINEを活用したカスタマーサポートの豊富な実績で培ったノウハウを提供
  • 業務設計・導線設計やAIエンジン・チャットツールの設定、構築・運用までワンストップで提供
  • 残高照会など、クライアント企業様の顧客データベースと連携したパーソナライズなカスタマーサポートも実現可能


■お客さまが感動する有人チャットサポート「HumanChat」 について
オペレータが、WebやLINE上のチャットでテキストメッセージを用いてお客さまとコミュニケーションをとり、お客さまの素早い問題解決を実現するサービスです。auのお客さま3900万人超へのチャットサポートで培った実績・ノウハウを基に、カスタマーサポートや売上・CVR向上等の導入目的にあわせて、業務設計やツール選定、運用までワンストップでサービス提供します。
https://www.k-evolva.com/services/omnichannel/humanchat/

  • 大規模ユーザーへのチャットサポート、豊富な実績で培ったノウハウに基づくナレッジによる高品質サービス
  • カスタマーサポートや売上・CVR向上などの目的にあわせた、業務設計・デスク構築
  • オペレータによるチャットでwebサイト訪問者の問合せをリアルタイムに解決し、CS向上
  • AIチャットボット「AIChat」とのハイブリッドサポートによる利便性、効率化 


◎注釈
※1.「Messaging API」は、LINEアカウントを通じたユーザーとの双方向コミュニケーションを実現するAPI(Application Programming In terface)です。Messaging APIを活用することで、ユーザーへの一方的なメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。 さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや自社システムとLINEアカウントを連携させることで、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。(※LINE株式会社では、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。)

※2. 2019年3月1日「コミュファ光」コンタクトセンターに「ビジュアルIVR」を導入

https://www.k-evolva.com/news/detail20190301.html 

本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

◎動画で見る「HumanChat」
顧客満足度80%を実現したAIChatとHumanChatインタビュー事例

 




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. 「コミュファ光」のコンタクトセンターにLINE上で有人チャット「HumanChat」を提供、中部テレコミュニケーションのLINE公式アカウント開設支援、オペレータチャット業務を受託