「シニアの行動リノベ®」発売

~ 活躍を阻害する要因と解決 ~

ある程度以上の役職に就いていた管理者の
9割前後の方々が意図せず取っている行動。

相手のことは想像せず
「自分都合で目の前を処理・さばく」
ことが仕事の目的。
仕事の本来の目的
「相手の問題を解決する」思考は無い。

なぜ、こうなるのか?
応用行動分析学にもとづき分析を行った。
 


彼ら彼女達の行動を観察すると以下の特徴がある。
  • 目的が無くても作業を続けることができる
言われたことを“やる”が目的になっている。
やることの目的が無くても、気にならない。
「より良くするには?」を必要としない。
目の前のことに反応。1つ前と関係付けない。
目先の仕事を処理、さばくことが優先される。
「仕事を終えられた」が小さな達成感になる。
それが目の前を処理する、さばく動機になる。
したがって、工程・スケジュールが組めない。
他の人と関わり、成果を出すことができない。
  • 一見、わかっているような反応ができる
他をコピペ、それらしくみせることができる。
しかし、今の仕事の中身を理解していない。
意図や意味を読み解くことができていない。
事実を教えてもらうとスローガンが出てくる。
  • のらりくらりと問題解決を回避できる
「誰かがやってくれるはず」
「それは私の仕事ではない」
状況が悪くなると「〇〇が不足」
など実現不可能な理由を並べる。
悪気無く先延ばしにしてしまう。
問題がより複雑化、肥大していく。
そして、ムダに忙しくなっていく。
イライラ感が出はじめ周囲が避ける。
  • 自分のことを置いておくことができる
相手の事が想定できないため、
自分のことはおいておいて、
他の人には正論でフィードバックできる。
言っている事とやっていることが一致しない。
「あと〇〇も」と思い付きで他に依頼もできる。
状況が悪くなると、状況が良い人の意見を口にする。


人口増加の市場に対応するため
分業化された組織の中で、仕事を続けた結果
これらの行動と思考の習慣が身に付いている。

言われたことをやる」ことで評価されてきた。
言われたことをやることが目的化してしまう。
その結果、ある程度以上の役職を得ることができた。

不足している”根本”の習慣は
  1. 目的を考える
  2. 相手を想定する
  3. 相手から自分を想像する
  4. 物事を関係づける・流れで観る
いずれも思考する習慣。

この4つの思考が欠けてしまった原因は
本部の方針と指示をそのまま受け取り、
今まで身に付けたパターンを使い、
より速く、よりミスなく処理することが、
最も効率的で効果的に組織で生き残れた。
「相手を想像する」「目的を考える」は
いずれも目先の非効率を生むため削減した。

これらはベテラン社員に限ったことでは無いです。
組織の中で働く8割以上の社員に共通することです。

 


https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000068315.html

 

 

【会社概要】
社名:リクエスト株式会社
URL:https://requestgroup.jp


代表者:代表取締役 甲畑智康
URL:https://requestgroup.jp/profile

著書:「教える技術 外国人と働く編(かんき出版)」
「現場を上手にまとめる介護リーダーの8つの技術(中央法規出版)」など

【研究機関】
ABA(応用行動分析学)オペレーションズ研究センター
(ABA Operations Research®)
スマートクリエイティブマネジメント総合研究所
(smart creative management®)
公共行動研究室
(Behavior Based Public Policy)

【担当】:末光
e-mail: request@requestgroup.jp
問合フォーム: https://requestgroup.jp/request

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000068315.html
 
  1. プレスリリース >
  2. 需要創造の科学® smart creative management®︎ >
  3. 「シニアの行動リノベ®」発売