EmotionTechがSalesforceとデータ連携。『EmotionTech Connector for Salesforce』の提供を開始。

行動・属性データ×感情データ*の連携で、より深い顧客理解に貢献

株式会社Emotion Techは、当社が提供する顧客体験マネジメントサービス「EmotionTech CX」において、株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出 伸一)が提供するクラウド型の営業支援・顧客管理ソフト「Salesforce Sales Cloud」とアンケートデータに関するデータ連携を行い、本日より連携アプリ「EmotionTech Connector for Salesforce」をSalesforce が提供するビジネスアプリケーションのマーケットプレイスAppExchange上で提供開始しました。

感情データ…人の感情に関するデータの総称。Emotion Techでは、主に調査対象者から収集したアンケート回答や、行動ログ・購買情報を基に、商品・サービスへのロイヤルティや満足感などを定量化したスコアを指す。感情データ…人の感情に関するデータの総称。Emotion Techでは、主に調査対象者から収集したアンケート回答や、行動ログ・購買情報を基に、商品・サービスへのロイヤルティや満足感などを定量化したスコアを指す。


今回の連携により「EmotionTech CX」による調査から得られた回答データ(感情データ)を「Salesforce Sales Cloud」上で確認できるようになります。Salesforceで蓄積している様々な行動・属性データと感情データを掛け合わせることで、1人ひとりの顧客に対するコンディション把握の精度が向上し、それぞれに最適なコミュニケーションを行うことができます。
 


例えば、見込み顧客(リード)として登録されたお客様のサービスに対する興味度合や、商談後に行ったアンケートの推奨度を定量的に確認したり、取引先責任者として登録されている契約中のお客様のサービスに対する満足度の遷移を確認するなど、より深く顧客を理解した事業運営の実現を支援します。

Emotion Techはこれまで、顧客の心の満足を明らかにするための調査・分析支援を、クラウドサービスとコンサルタント・アナリストによる統合的なサービスとして提供してまいりました。今後はこれらサービスの磨き上げに加え、BI、CDP、DWH、営業支援システム等、各社が日常的に利用されているサービスとの連携を強化し、当社のコアバリューである「感情データ」をお客様がより扱いやすくすることを目指します。

顧客体験向上を目指す皆さまにとってのより良い意思決定にお役立ていただければ幸いです。

今後もEmotion Techは、より多くの企業の顧客体験(CX)の向上を支援していくためのサービスを強化してまいります。


「EmotionTech CX」について
顧客体験向上マネジメントサービス「EmotionTech CX」は、顧客ロイヤルティを継続的に向上させることを目的としたサービスです。課題の可視化手法(特許技術)を用いた独自開発のクラウドシステムと知見あるスペシャリストたちによって、顧客の視点を大事にした企業活動をアシストします。

株式会社Emotion Techについて
感情データを収集し解析することで、CX(顧客体験)の向上をサポートする「EmotionTech CX」、EX(従業員体験)・エンゲージメントの向上をサポートする「EmotionTech EX」を提供。正確な顧客、従業員の感情データの取得及び、特許を取得している独自の解析技術により組織課題の可視化と改善実行を支援します。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Emotion Tech >
  3. EmotionTechがSalesforceとデータ連携。『EmotionTech Connector for Salesforce』の提供を開始。