フードテックベンチャーのネクストミーツ、CES2022の会場出展(対面参加)の中止を決定

会場出展に代わり、人気シェフ4名によるクッキングLIVEを現地時間7日(金)に開催

日本発のフードテックベンチャー・ネクストミーツは、アメリカ時間2022年1月5日(水)から7日(金)にラスベガスで開催される、世界最大級のテクノロジー見本市「CES 2022」において会場出展を予定しておりましたが、直近でのオミクロン株感染拡大を受け、チーム・家族・パートナー、そしてブースにお越しいただく皆様の健康と安全を第一に考えた結果、直前で会場出展中止の判断をいたしました。

代わりとして、アメリカでラーメンバーガーを開発して大成功した島本敬三シェフをはじめ、4名の人気シェフをお招きしてオンラインにてクッキングLIVEを現地時間7日(金)に開催いたします。


■オンラインクッキングLIVE 概要
・日時:2022年1月7日(金)11am PST/2pm EST
  (日本時間2022年1月8日(土)4時)
・内容:アメリカでラーメンバーガーを開発して大成功した島本敬三シェフを始め4名の人気シェフをお招きし、ネクストミーツの代替肉を使ったクッキングLIVEを特別に開催
・視聴方法:以下のzoomリンクにアクセスし、ご入室ください
      https://zoom.us/j/92280847935?pwd=SXZyYy9ITVZhUCt6anhWQ1BHaSttZz09
・Next Meats USAサイト:https://www.nextmeats.us/
※英語での開催となります、ご了承ください
 
  • 日本発のフードテックベンチャー「ネクストミーツ」について
「地球を終わらせない。」を企業理念として掲げ、気候変動問題に立ち向かうべく、フードテックの分野で事業活動を爆速で進める。
2017年から共同創業者2名が研究を始め、プロダクト完成の2020年6月に法人化、2021年1月にはSPACスキームで米国のOTCBBに上場を果たす。「気候変動問題は日本だけでは解決できない」との視点からアメリカ、シンガポール、ベトナム、台湾、香港など10を超える国・地域に進出している。
世界初の焼肉用代替肉「NEXT焼⾁」シリーズ、100%植物性の⽜丼「NEXT⽜丼」や、鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン」などをこれまでに販売。ユーグレナとのコラボ商品発売や吉本興業とのパートナー提携発表など異業種の企業とのコラボレーションも進めている。また2021年3月には、世界のVegTech企業21に日本企業として唯一選出された。
新潟県長岡市にあるR&Dセンター「NEXT Lab(ネクストラボ)」では、大豆に限らず幅広い代替タンパクの研究開発に取り組んでおり、代替肉製造専門の工場「NEXT Factory(ネクストファクトリー)」の着工を2022年春ごろに予定している。

ネクストミーツ株式会社(Next Meats Co., Ltd.)
代表取締役:佐々木英之
所在地:東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビル2F
設立:2020年6月
事業内容:代替肉の研究開発、代替肉製品の企画・製造、通販事業、WEBメディアの運営
ホームページ:https://nextmeats.co.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCckDSZupzEhmcphT5hcy-Aw
Instagram:https://www.instagram.com/nextmeatsjapan/
Twitter:https://twitter.com/MeatsNext
Facebook:https://www.facebook.com/NextMeats

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ネクストミーツ >
  3. フードテックベンチャーのネクストミーツ、CES2022の会場出展(対面参加)の中止を決定